FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーダムズ観戦。

7月4日は久々のフリーダムズ観戦だった。夕方に自宅を出て後楽園ホールへ行っただけで、物凄く沢山の人たちと会って話をした。日本人ばかりでなく、メキシコ人にオーストラリア人、フランス人も。観戦後の飲み会は二ヶ所に参加したし、引き篭もる日々が続くと反動的に賑やかな時間がやってくることがある。この十数年くらいの人間関係を振り返るようだったが、その辺りはここにきて好調で、古い友人を含めて会いたい人には会えるようになったし、新たな出会いはことごとく有意義に感じられる。そして正直有り難くない存在たちは、向こうから消えていく。とにかく生きることも含めて、何でも可能な限り続けていく必要はあるということか。


180707-002.jpg
↑ご存知、デスマッチのカリスマ葛西純選手。入場時からコールが巻き起こる、今時珍しい存在である。こんな人物が東京のど真ん中で血だるまになっている事実を、もっと多くの方々に知って欲しい。

180707-001.jpg
↑リングアナ氏も思わずびっくりしてしまう、竹田誠志選手の破天荒な攻撃。アメリカGCWへの再登場が発表された日本最狂のデスマッチ王者は、この日も対戦相手を嫌という程痛めつけ、自らも気前よく大量出血していた。

180707-004.jpg 180707-05.jpg
↑休憩時間にトイレから出てきたところで声をかけてくださった、フランス人デスマッチファンと。懐かしの「葛西純デビュー13周年記念」Tシャツを着てくれているのが嬉しい。当方はこれも自らがデザインしたミエド・エクストレモ、シクロぺ両選手のタッグチーム「ロス・マシゾス」Tシャツを着用。購入ご希望の方は、フリーダムズの試合会場にてメキシカンの売店をお探しください。

180707-003.jpg
↑試合後のリングサイドは、ご覧の有様。同行した友人たちは、この血だまりを数秒間無言で眺め続けていた。その気持ちはよく分かる。


デスマッチの魅力を言葉にするのは難しい。まあ、あらゆる破壊衝動と、ある種の創造性が同居しているのは間違いない。例えばTシャツを描きたくなることも、その証明になるのだろう。デスマッチによって自分が救われているという気持ちは、年々確信的になっている気がする。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。