ドン・中矢・ニールセン。

1986年10月9日(木)、中学3年生だった俺は授業を休んで、隣市の中学校で開催された理科の研究発表会に出席していた。出番を待つ間、この日行われる前田日明vsドン・中矢・ニールセンのことで頭の中はいっぱいだった。いざ壇上に上がって、開口一番自分はこう言った。「今日は、こんなところに来ている場合じゃないんです」。

前田日明の相手にしては線が細かったけれど、ニールセンは子供の目にも「未知の刺客」と映った。決戦へ向けて「週プロ」が毎週のように煽るから、俺たちは日々興奮を高めて、まさにロマンの真っ只中にいた。どのくらいヒートしていたかというと、試合の前週に発売された「週プロ」の読者投稿欄に、俺が描いたニールセンの似顔絵が載っているくらいなのだ。待ちきれなかったんだ、本当に。

大人になってから振り返って、ニールセンは存在自体がユニークというか、「未知の刺客」というよりも「エイリアン」に近い人物になっていた。マット界に突如現れた、この日系人キックボクサーは日本で一体何を見て、何をしてきたのか。昨日三軒茶屋で買ったムック本に彼のインタビューが載っていて、そこには割にとんでもない発言が並んでいた。「ニールセンしか知らないことがあるのではないか」程度の個人的な勘ぐりは、現実(としておこう)の前ではあまりにもスケールが小さかった。31年前の俺にこの顛末を説明して且つ納得させるには、やはり31年の時間が必要になる。

170818-01.jpg
↑ニールセンがいう「リアル・ファイト」「リアル・ビジネス・ファイト」の定義について、例えば「シャムロック戦のディティールは?」とより詳しいところを聞きたくなるが、それにしても興味深いインタビューである。

そんな記事に衝撃を受けた翌日に、ニールセンの訃報を聞くとは…これは必然なのか? いや、人の暮らしなんて結局、偶然の連続でしかないと思う。ああ、ドン・中矢・ニールセン…。


[プロレス、格闘技]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用