今更ながら振り返る大日本プロレス「両極譚」。

タイトル通りタイムリーさに欠ける報告になるが、大日本プロレス両国国技館大会「両極譚」へお邪魔してきた。詳細な試合レポートなどは書かないが、なーんとなく楽しげな雰囲気が伝われば幸いである。


170723-001.jpg
↑試合開始は15時、しかし両国駅での集合時間は12時。ズバリ、我々のお目当は亀戸餃子であった。店外に並ぶことなく絶妙なタイミングでテーブル席を確保、昼間っからビールを煽って実にいい気分。散々飲み食いして店を出る時に「あ、今日はプロレスを観に来たんだった」って本気で我が身を振り返ったもんな。

170723-002.jpg
↑食欲を満たした後は旧安田庭園、東京都慰霊堂、復興記念館を観光。雑誌仕事の取材で最後に訪れたのが7、8年前で、思いがけず新鮮な気分を味わうことができた。近世において東京が幾度か火の海に包まれたという事実は、時に振り返っておくべきことだろう。

170723-003.jpg
↑2階席にどっしり腰を下ろして試合観戦。国技館では蛍光灯やガラスといった飛散する凶器、アイテムを使用できないので(お相撲さんたちは裸足ですから)、デスマッチは会場の大きさに応じた立体的な形式になる傾向がある。コーナーに設置された鉄檻は、対戦相手を閉じ込めたり、叩きつけて凶器にしたり、ダイブの足場にしたりと使い道が多様で、試合のゲーム性を高めるのに有効なアイテム。

170723-004.jpg
↑デスマッチで使用されるブロックを、リング上に綺麗に並べていく選手、スタッフの皆さん。見事な流れ作業っぷりに客席から拍手が上がるほどだった。

170723-005.jpg
↑そんなブロックの上で投げ技を繰り出す、あらゆる感覚が狂った面々。比較的頑丈な選手たちが選ばれていたように思うが、それにしても攻防の全てが痛々しかった。観戦前は「蛍光灯や有刺鉄線に比較して痛みが伝わりにくいかも?」と思われたが、これでなかなかヒヤヒヤする試合形式だった。

170723-007.jpg
↑メインエベントは血みどろブラザースによる兄弟対決。大量の画鋲が貼り付けられたボードに植木選手を叩きつけたのは、デスマッチ王者である高橋選手。信頼関係に裏付けされた過激な攻防の末に勝利を得た高橋選手は、兄貴分としての面目とチャンピオンベルトを見事に守りきった。

170723-010.jpg
↑観戦をご一緒した麗しい面々。女性ばかりだが内2名は格闘技を学んでおり、ガールフレンドというよりはボディーガードといった存在。休憩時間に当方デザインの大会記念Tシャツをこっそりご購入頂き、本当に嬉しい限り。いやあ、感動したなあ。

170723-011.jpg
↑呑気に試合を観た後は、これまた呑気に飲酒。血みどろブラザーススポーツタオルの有効な使い道を発見、このような記念写真を撮影してみた。おねえちゃんたち、いい血みどろっぷり(&シャウトっぷり)じゃねえか。

170723-012.jpg

170723-013.jpg
↑今大会にて販売された大会記念Tシャツ、血みどろブラザース両国大会記念Tシャツ(双方とも当方デザイン)。昨年、一昨年と会場で完売してしまった大会記念Tシャツは、例年よりも枚数をかなり増やして生産。通販でも購入可能ですので、興味を持たれた方は大日本プロレスさんのWEBショップを覗いてみてください。

BJ-SHOP
http://bjw.shop-pro.jp/



両国大会は今年で3年目、夏の定例行事として完全に定着した様子だった。大日本プロレスの会場ではあまり見かけない向きも含めて、この日の国技館ではかなりの数の友人、知人と遭遇した。こういった触れ合いもまた、ビッグマッチの醍醐味である。プロレスには一家言ある面々がいかにも楽しそうにしていて、無理に評論家ぶったりするタイプよりもずっと幸せそうに見えた(もちろん批評精神は大切だけれど、ライブは極力楽しんだ方がいいよ)。血と暴力がハッピーな空間を作るという現象は、そこに文化があることの証明。我々は、なかなか高尚なものを目にしているのである。来年の国技館大会についてはまだ発表がないけれど、何かしらの大仕掛けには期待しておきたい。毎年、楽しいもんねえ。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用