☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

ミスター・ポーゴ選手。

俺、本当にミスター・ポーゴの大ファンなんだよな…。仕事机の側に有刺鉄線バットが置かれているのも、花見で火を吹くのも(幾つかのオイルを試して練習したよなあ)、大学の卒業論文のタイトルが「今昔物語集の妖怪と俺様」なのも、全てミスター・ポーゴの影響だ。本当に怖くて強くて、間違いなく世界最高のヒールだった。FMW旗揚げ一周年記念の駒沢でホセ・ゴンザレスTシャツを誇示して入場するポーゴ選手、目眩がするくらいカッコよかったよなあ。

そして初めてのプロレス仕事で描いたレスラーも、ポーゴ選手である。今見ると本当に下手くそで笑っちゃうが、この仕事の数年後にポーゴ選手とお会いする機会があり、折角だからサインを入れて頂こうと差し出したパンフを「この絵、カッコいいな…俺にくれない?」と優しく強奪されてしまったことを思い出す。サインなんかどうでもよくて、涙が出そうになるくらい嬉しかった(思わず笑っちゃったけど)。

170624-01.jpg
↑パンフは数冊持っていたので、自分の分はしっかりキープしてある。まあ、上手くはないねえ。

偶然とはいえパンクテイストなリングネーム、おかっぱ風の髪型、真似てみると描くのが意外に難しい独特なメイク(青色も新鮮だった)、土産物テイストのTシャツ(BAD BOY以前)、迷彩パンツにウェスタンブーツ、そして火炎放射に鎖鎌…コーディネイトのバランスがとっ散らかっているのも最高に魅力的だった。やられっぷりが評価されるデスマッチの世界において、ポーゴ選手が「責める側」として存在感を残したのは、それだけむちゃくちゃやったということだろう。頭から灯油をかけられた松永光弘さんが、ポーゴ選手のビッグファイヤーで燃やされた時、間違いなく俺の人生は変わった。あの場面がなかったら、今の自分は別人だったと断言できる。

訃報は松永さんから頂いたメールで知った。その前日に電話でポーゴ選手の話をしたばかりで、一瞬何が何だか分からなかった。ポーゴ選手と松永さんが公私ともに仲良くなったり険悪になったりということは周知の事実だが、どんな状況でも松永さんはポーゴ選手のことを心の奥底で慕っていたと思う。ミスターデンジャーの心中を思うと、本当に切なくなる。

170624-02.jpg
↑両雄の奇天烈バトルには、本当に影響を受けた。Tシャツをデザインさせて頂いたことを、死ぬまで誇りにしたいと思う。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用