大日本プロレスで鈴木秀樹選手。

急遽独りで訪れた後楽園、この日の座席は前後左右をズラリと女性に囲まれた(しかも揃って綺麗どころ)、過去に覚えのない良席だった。いわゆるプロレス女子たちは、鈴木秀樹選手の紫タイツに「わあ、珍しい色!」と可愛らしい反応。いずれビル・ロビンソンを知るくらいまでプロレスを見続けてくれたら本当に嬉しい。

170211-001.jpg
↑手四つ…いや、それ以前に立っているだけで怖い鈴木選手。変なところに触れたら何をされるかわからない、そんな緊張感が漂う。鍛練と技術、そして自信に裏付けされた佇まいも美しく、個人的にはファンが憧れるにふさわしいプロレスラーだと思っている。

170211-002.jpg
↑ダブルアームスープレックス一発で、逆転フォール勝ち。一撃必殺の必殺技が失われつつある昨今、このクラシカルな投げ技が存在感を示すことは奇跡に等しい。

とにかく素晴らしいメインイベントだった。誤解を恐れず言えば、大日本プロレスのリングでこのような試合を堪能する機会に恵まれるとは思わなかった。フィニッシュは、説得力抜群だったなあ。鈴木選手の存在は、現在のプロレスに対する内なるアンチテーゼのように思える。だからスリルがあるんだ。いや、もう最高だった。

下手をすれば現状が元も子もなくなる…そんな強力なエイリアンを、我らがBJWがどのように迎え撃つのか。そんな展開に期待している俺は、3月の関本戦は絶対に見逃さないつもりだ。試合内容は異質なくらいでいい。「こんな試合もあるのか」という感慨が欲しい。

170211-003.jpg
↑当方デザインの「血みどろブラザースTシャツ」は、この日から会場販売開始。満場の「アナル」コールが発生する品行方正な試合でのお披露目を、大変光栄に思っております。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用