「伊達直人」さん、後楽園ホールに登場。

本物の「伊達直人」さんは、実に雄弁な人物だった。初めてリングに上がって、あれほど堂々と喋れる人はそうはいない。「どうしても言いたいことがあった」ということなのだろう。

161208-01.jpg
↑「金曜夜8時」の熱狂を取り戻すことを目指すリアルジャパンプロレスだが、「伊達直人」コールの発生には個人的に昭和ファンの気質を感じた。

南側最上段の立ち見スペースは、「伊達直人」さん目当てのマスコミ各社に占拠されていた。こんな時こそ、プロレスに馴染みのない人たちが引くくらいのカタい試合をやって欲しいといつも思う。ファンなりに古い人間なので「ナメられたら悔しい」という気持ちがある。大相撲を廃業した琴天山(ジョン・テンタ)が視察に来ていることを知って、顔面攻撃も辞さずガンガンやった昭和の新日本プロレスが、俺は好きだったんだ。

161208-02.jpg
↑太公望が集まる防波堤のような光景だが、「伊達直人」さんの発言を一言一句逃すまいとする周到な準備であることは言うまでもない。

メインエベントは、クノウ選手のスワンダイブ(?)失敗をきっかけに、恐ろしい程の緊張感が張り詰めた試合に。「流石は大谷選手だ」と会場の誰もが感動したはずだが、一般マスコミは「伊達直人」さんがリングを下りるのと同時にとっくに退散していた。

161208-03.jpg
↑皆さん目的があって来ていることも、お忙しいことも重々承知しているが…いやあ、観て欲しかったなあ。


[プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用