珍しく、いい話。

今を去ること6年前の2010年、IGFに参戦したネクロブッチャーさんに誘われて、大会後のパーティへ参加したことがあった。関係者やスポンサーばかりの会場で大人しくしていたら、その夜ウルティモ・ドラゴン選手と闘ったTJ選手が、やはり所在無さげにしているのが目に入った。「大物相手に、いい試合でしたね」「ありがとう! レジェンドと闘えて嬉しかった。勉強になったよ!」。当時25歳と若い彼は、試合を振り返り興奮を隠しきれない様子だった。

「お酒は飲まないの?」「うん、飲まない」「飲めないのかな?」「何故かダメなんだ」「健康にはその方がいいよ」と、そんな立ち話を続けていたら、おもむろにTJ選手が「ちょっとお願いがあるんだ…」と切り出した。「僕のヒーローは、1stタイガーマスク(初代タイガー)なんだ。彼と写真を撮れないかなあ?」と可愛いことを言う。「分かった、頼んでみよう」と一緒に佐山聡氏を探して記念撮影をお願いすると「ええ、勿論どうぞ」との有り難いお返事。「お互いのカメラで交代で撮ろう!」と喜ぶTJ選手は、幾らかの緊張も相まってまるで少年ファンのようだった。

「僕の目標は1stタイガーマスクだよ。小学生の頃、VHSで彼のファイトを観た。とても興奮したよ。いずれは彼のようなレスラーになりたいんだ」と目を輝かせていたTJ選手が、このほどWWEクルーザー級クラシックトーナメントで飯伏選手、ドラダ選手を倒して見事優勝したTJパーキンス選手と同一人物だと知ってビックリ仰天した(皆さん既にご承知だったでしょうが、こちらは最近のプロレスに疎いもので…)。いやあ、みんな立派になるものだなあ。目標は高い方がいいというが、これは本当のことかもしれない。

160916-01.jpg

「ネクロのTシャツは凄くクールだよ! 将来は僕もデザインをお願いしたいね!」…流石にこちらのことは憶えていないだろうが、彼の優勝は何とも嬉しく、そして懐かしい気分になるニュースだった。


[プロレス、格闘技]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用