UWFと有刺鉄線。

お若い方には「何のこっちゃ」という話だろうが、その昔UWFには「ロープに飛ばない」という頑なこだわりがあった。新日本の選手がハンマースルーの体勢に入ると、UWFの選手はトップロープを脇に抱え込んでロープワークを拒否する。その攻防自体が既にプロレスのフォーマットに従っている訳だが、我々はそれを単なる行為ではなく思想の発露だと捉えていた。

そんなUWFが、有刺鉄線デスマッチのリングに上がるという。大日本やフリーダムズのキチガイデスマッチと比較すれば、FMWのノーロープ有刺鉄線は間違いなく過激度が低い。それだけに思想的な味付けは必須だろう。多くの選手が純プロレスラー化したとはいえ、Uの看板を背負ってリングに上がる以上、彼らはイデオロギー闘争を期待される運命にある。

160621-001.jpg
↑試合中盤に有刺鉄線バットを手にして、観客に期待を抱かせた船木選手だったが…。

さて実際に試合を観た感想だが…Uの選手が有刺鉄線に触れないのは、これはロープワークを拒否することと同義だったのだろうか。なーんか、そうは見えなかったんだよな。相手の土俵に入らないことで対立概念を無効化する、といった構造になっていたとは思えない。やっぱり多少は痛い目に遭って欲しかったなあ。有刺鉄線にぶつかっても、リアクション次第でUWFの理念は生かせたと思うのだが。期待のし過ぎだったかなあ。

まあ、その辺は電流爆破までお預けということか。決着戦では大仁田選手にザ・シーク仕込みのキャメルクラッチを期待したい。その技に弱いじゃない、敵の親分は。

160621-002.jpg
↑時の流れは、FMWサイドにもしみじみと感じられる。「お前ら、このリングに入る勇気があるか!?」と大仁田選手自ら危険性を訴えていた有刺鉄線のリングに、今やにこやかな子供たちの姿が。これもまた、イデオロギーの移り変わりというものだろうか。


[プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用