FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩渕真也vsアル・リベラ。

昨日の今日で皆さん結果はご存知かと思うが、東洋太平洋王座三度目の挑戦となった岩渕真也選手は、今回も勝利することが出来なかった。対戦相手のアル・リベラ選手(フィリピン)も、岩渕選手と同じくサウスポー。KO率は両雄共に70%を超える。これだけのデータで「似た者同士」と決めつけるのは乱暴だが、呑気な立場の我々からすれば「KO必至」の闘いということになる。

160211-01.jpg

実際、リベラ選手は強かった。彼の強打がヒットする度に、グローブに仕込んだ火薬が爆発したかのような衝撃が客席まで伝わった。そんなリベラ選手の強烈な左ストレートがクリーンヒット、レフェリーが飛び込んで試合を止めたが、7Rまでに蓄積された岩渕選手のダメージは相当のものがあるように思えた。鏡の中の相手に倒されたのかもしれない…という素人の感想は、勝手が過ぎるだろうか。

競技者は誰でも、多かれ少なかれ「負ける可能性」を持ち合わせている。運やタイミングに左右されることもあるだろうが、最初から神頼みしかしない選手はいない。彼らはひたすら勝利だけを目標に、心身の苛酷な試練に耐え続ける。そんな闘いをビール片手に楽しもうというのだから、観客と競技者の意識にはそもそも大きな壁が存在するのだが、少々…まあ、結構酩酊しようとも、格闘家へのリスペクトは観戦に向かう最大のモチベーションである。

選手が目前の勝利を目指して血と汗を流していることは重々承知しているが、我々にとっては勝敗だけが全てではない。何と表現するべきか分からないが、その場にいなければ知り得ないものは確実にある。この余韻は、当分心に残るものと思っている。あれだけの闘いを観たのだから、それは当然だ。


[プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。