☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

レッスルコン2016Tシャツ。

毎年レッスルマニアの時期に合せて開催されるレッスルコン(4/1〜4/3、テキサス州ダラス)の記念Tシャツをデザインさせて頂いた。レジェンドを含む多数のスターレスラーたちが、サイン会やトークショーを行うことで知られるレッスルコンだが、今年はグレート・ムタ選手も参加予定とのことで、日本のプロレスファンからも注目のイベントである(ちなみにCZWを舞台にした葛西vsMASADA戦を主催したのも、こちらのレッスルコンとのこと)。

160401-01.jpg
↑ボディのブラックとは別に9色(版)使用可能という実に太っ腹なご依頼、日本人がテキサスを描くという冒険も含めて、大変貴重な経験をさせて頂いた。まあ、アメリカ人が大阪を描くよりは、ずっとイージーだとは思うが。

レッスルマニア開催で世界中のレスリングオタ…いやファンが集結するダラス、皆さんが心行くまでプロレスを堪能することを願わずにはいられない。一度は行ってみたいねえ、レッスルマニアもレッスルコンも。絵だけダラスへ行きやがってなあ、ちょっと嫉妬しちゃうよなあ。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

まだ見ぬ強豪シリーズ…スパイダー・ブードロウ選手(Spidar Boodrow)のTシャツ。

我々日本人にとっては未知の強豪にも程があるが、IWAディープサウス等のリングで活躍するスパイダー・ブードロウ選手のTシャツをデザインさせて頂いた。

スパイダー・ブードロウ
↑腕にブスリとカッターが刺さっているが、彼が得意とする(?)saw deathmatchという試合形式がありまして。実際にカッターで腕を…まあ、その辺りは自己責任で検索、閲覧して頂ければと。ちなみにスパイダーのスペリングは、これで正しいとのこと(蜘蛛を意味するスパイダーであれば、AではなくEになる)。


↑得意技「スパイダードライバー」を、様々な角度からご確認頂きたい。デスマッチトーナメント「Carnage Cup」の常連であるブードロウ選手、このくらいのことをしなければ勝ち残れないということであろう。しかしまあ、よくやるわー。

Facebookで垣間みられるプライベートでは、かなり「いい人」ではないかと思われるブードロウ選手、あまりにも刹那的な自虐ファイトを是非本邦でも拝んでみたいものである。

※こちらの商品は「ドージョーアッパレ」では、現在のところお取り扱いしておりませんのでご注意下さい。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]

俺はプリンスが大好きなんだ。

武道館のアリーナ六列目から目撃したプリンスは、まるで天使そのものだった。ギターを抱えて飛び跳ねる姿を見て、心臓が口から飛び出すのではないかと思うくらい興奮した。ライブには三度しか足を運ぶことが出来なかったが、「自分は今、とんでもないモノを目撃しているんだ」という感慨は毎回同じだった。あんなに美しい生き物は、他に見たことがない。

プリンス ラズベリーベレー

真夜中に「大変だ!」と息子に叩き起こされて、プリンスの訃報を知った。インフルエンザで倒れたという数日前の報道を真っ先に思い出したが、あの絶頂を体感する機会が永遠に失われたことを知って、布団の上で大いに落胆した。俺はさ、まだ次があるものだと信じていたんだよな。

一番好きな曲は「ラズベリーベレー」。PVも12インチのジャケも、とにかく全てがどストライク。あの青空柄のスーツ、死ぬまでに絶対一度は着てみたい。

プリンスと同じ時代に生きたことを、我々は誇っていいはずだ。「俺、モーツァルトのライブへ行ったんだ」ってヤツがいたら、とんでもなくニクいじゃない。プリンスは間違いなく、そんな存在だと思う。

でも、流石に早過ぎるよ、殿下。悔しいよな。


[音楽][イラスト、デザイン]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用