☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

水木しげる氏。

プロレスファン歴と水木ファン歴は、大体同じくらいだと思う。小学校低学年の頃「妖怪なんでも入門」を初めて手にして、アニメの「鬼太郎」(最初に観たのはモノクロだったはず)とはまるで異なる画風に驚きつつ「これはどうやって描いているのだろう」とグイグイ引き込まれた。すなわち水木氏の原体験は「絵が凄い」ということだった。点描に象徴される背景は、つまり線ではなく面の表現ということになるが、子供にはそれが理解出来ないし、そのようなスタイルの漫画家も他には見当たらなかった(少なくとも「コロコロコミック」にはいないだろう)。「大人になったら、こんな絵が描けるようになるのだろうか」と想像したが…40過ぎても、やっぱり無理だったよ(まあ、大して努力もしていないのだが)。あの点描は、使い古して毛先が割れた筆を使って描くそうだが、幾ら真似したってそれだけを延々やらなければ身に付かない技術だと思う。水木プロのアシスタントはみんな腱鞘炎になる、という都市伝説(?)が出回るのも当然の話だ。

151201-1.jpg

実は「鬼太郎」は全部読んだことがなくて(←それはダメだろ)、もっぱら「ガロ」時代やその後の短編ばかりを集めてきたのだが、自伝によれば若い頃には相当苦労されていて、「漫画家は餓死する」という言葉に度々戦慄したりもした。「突撃!悪魔くん」という名作誕生秘話(初出が「月刊ジャンプ」!)は、何度読んでも胸に沁みるものがある。原稿料を叩かれたり果ては逃げられたり、全く他人事ではない。そんな怨念が生んだ「悪魔くん」で水木氏がブレイクすることはなかったが、講談社漫画賞を取って有名になるのが43歳になってからなんだよね。勿論そこに至るまでの苦労や努力があってのことだが、「俺もちゃんとやらなきゃなあ」と思うんだよな。いや、本当に。

自伝に見られる水木少年のマイペースぷりを見て「誰かに似ている」と思ったら、自分の息子だった。関心のないことは完全無視、時間の概念がない、反省をしない、怒らない…「お前は少年時代の水木しげるみたいだな」と畏れ多いことを常々口にしてきたが、ある日彼の持ち物から「ほんまにオレはアホやろか」という水木氏の文庫本が出てきた。「買おうとは思っていたが、俺の物ではないな?」と尋ねたら、小学生だった息子が読書感想文を書く為に購入したものだという。なるほど、血は争えないというか。

そんな息子の17歳の誕生日に、水木しげるが93歳で亡くなるというのは、我が家だけの勝手な奇跡である。

読みながら泣いたことがある漫画は、この世に三冊だけ。その内の一冊は「のんのんばあとオレ」。訃報を伝えるニュース番組で、生前の水木氏が付けペンで見事な線を描いている映像を見て「うわあ」と声を出したら、少し涙が出た。やっぱり絵なんだと思った。

大学時代の恩師に水木しげると、今年は「僕の好きな先生」が立て続けに亡くなったが、生前それなりのことをすれば作品と記憶は永遠のものとなる(時代はデジタルだから、尚のことで)。そんなに説教くさいことを言わない、傍目にも気持ちの楽な先生たちだったから、そういった都合のいいところを見習って、適度に何かを残せるように生きようと思う。来年の年賀状には、妖怪を描きますよ。


[日常]
スポンサーサイト

ウルトラセブン選手のトークイベント、2016年1月11日開催!

チームフルスイングさん主催「スーパーレジェンドシリーズ」第4弾、「ウルトラセブン 復刻マスク&Tシャツ発売記念 イベント」の開催が発表されたので、こちらでもご報告。第二部は早くも定員に達しており、現在は第一部(12:00〜)のみの受付けになっているが、参加を検討される御貴兄には一刻も早い決断をお願いしたい。

151209-01.jpg
↑前回のデビル・ムラサキ氏に続いて、国際系マスクマンが登場(まあ、実際闘っていたのは全日本のリングだが)。現在開発中と思われる、復刻マスクのデザインも気になるところである。

151209-02.jpg
↑当方デザインのウルトラセブンTシャツ。イベントに参加頂きますと、自動的にこちらが進呈される仕組み。

ウルトラセブン選手といえば、昭和期に子供たちの間で「入場してくるセブンのマスクを客が掴んだらアイスラッガー部分が取れてしまい、それに気付かなかった選手本人は丸い頭で闘っていた」という伝説(?)が出回っていたことを思い出す。そんなものは「巡業先の体育館裏で、馬場とブッチャーが仲良くキャッチボールをしていた」レベルのホラ話でしかないのだが、何しろ昭和の片田舎だけに頑に信じるものが後を絶たず、同級生の白木君など(←本名を書くなよ)「絶対に本当だって! アイスラッガー取れたんだって!」と涙を流さんばかりの表情で訴えていたものである。プロレスが子供たちの娯楽であった時代の、ちょっとしたいい話というものであろう。

以下、主催者発表の告知です。

★満員御礼に付き、追加開催決定!★

下記イベントを告知、参加募集しましたところ、

早々に定員に達してしまいました。

ご要望にお応えしまして、12時からの回の開催決定しました。

第二部、飲み会も若干名お受け出来ます。

皆様の御参加を心からお待ちしています!

《スーパーレジェンドシリーズ 第4弾》
ウルトラセブン『復刻マスク&Tシャツ発売記念』イベント
♪湘南平塚がふるさとだ 高杉正彦の名を借りて ウルトラセブンファイターセブン新年会
■日時 1月11日(祝・月)  
【第一部】12:00~14:00
【第二部】14:30~16:30
【飲み会】16:45~18:45
■場所 月曜酒場とん八(恵比寿)
渋谷区恵比寿西1-13-7 3F Estrela Cafe Bar内
■価格 5000円(Tシャツ付、ワンドリンク付)
■その他 ・TシャツはM、L、XLからサイズ指定出来ます。
・KONDOU製オフィシャルマスク販売
・サイン(お一人様1点。グッズ購入者は別途購入点数分OK!)
・ツーショット撮影
・特製色紙(1000円、写真付き・手形入りの2種)も御用意しています。
■飲み会 3500円(残り若干名様)
■お申込み
チームフルスイング teamfullswing@yahoo.co.jp


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]

大日本プロレス「BIG JAPAN DEATH VEGAS」Tシャツ。

12月20日横浜文化体育館にて開催の大日本プロレス「BIG JAPAN DEATH VEGAS」の大会記念Tシャツをデザインさせて頂きました。

151218vegas_sample.jpg
↑大会名に極めて忠実なデザインとなっておりますが、なかなか斬新なところもあるのではないかと自負しております。カジノで流血している人は、まあ、そうはいないでしょうな。

旗揚げ20周年記念興行に関わらせて頂き、大変光栄に思っております。ご観戦の折りには、こちらのTシャツもひとつよろしくお願い申し上げます。


※こちらの商品は「ドージョーアッパレ」では、お取り扱いしておりませんのでご注意下さい。


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用