☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

記憶力トレーニングシリーズ 一ヶ月半前の西伊豆釣行 その1。

長らく放置されていた当ブログだが、決してネタがなかった訳ではなく「早い内に書いておかなきゃ」という思いが却ってプレッシャーとなり、ナイーヴな当方の筆を遅らせるという現象が…まあ、言い訳はともかく、一ヶ月半前の伊豆釣行の思い出がいよいよボケ始めてきたので、脳の活性化を兼ねて振り返ってみることにした。さて、どんなもんだったかな。


151101-01.jpg
↑9月15日の朝8時、アメ横成嶋君の運転で都内を出発、昼頃には修善寺にある春風亭傳枝師匠の実家に到着。納屋から年代物の釣り具を取り出し、使えそうなものをピックアップ。腐りかけたリールの中には、自分も持っていた懐かしいモデルも。竿とセットで数百円程度の商品だったのだろうが、よくこんなので釣ってたよな。

151101-02.jpg
↑傳枝師匠の人格形成に一役買ったと思われる例の案内板。観光中のカップルなどが訪れては、声に出して読み上げてニヤニヤしつつ去っていく。今でも浅草辺りにいるらしいよな、「おしゃぶり婆さん」。

151101-03.jpg
↑修善寺のメインストリートを守る、猫型ロボットアルビノバージョン。隣りの舶来モノに色を吸い取られたようにも見える。

151101-04.jpg
↑屋台というか掘建て小屋というか、一種独特の外観から印象的な蕎麦の名店「さくだ」。本当に塩でしか味付けしていない塩蕎麦が添えられた「大盛り」がお勧め。確か700円だったかな、お特感ありますよ。

151101-05.jpg
↑長い前振りに続いて、やっと釣り場に到着。釣りキチ三平ばりのスピードで仕掛けを投入した成嶋君だが、アタリはあるものの、なかなか上手く掛からない。まあ、久々の釣りだけに、潮の香りを感じるだけでも有り難いものである。

151101-06.jpg
↑食料として今年も狙っていたウツボが、成嶋君の置き竿にヒット。竿先の鈴がリンリン鳴り出して戦闘開始、パワフルにたぐり寄せてタモ網へ誘い込むことに成功した。大変なのはここからで、鋭い歯に注意しながら全身に巻き付いた糸を切り、慎重に針を外さなければならない。まあ、とりあえず今夜の夕飯は押さえたな。

151101-07.jpg
↑とか何とか言っているうちに、当方の竿にもウツボが食らいついてきた。「小沢さん、竿立てて、竿立てて!」と、聞き様によっては男の自身を損なうような声援を受けて、どうにかブッコ抜きに成功。この日の為に購入した中古の船竿&ベイトリールが、早くも日の目を見た瞬間であった(で、その後悲劇に見舞われるのだが)。

151101-08.jpg
↑前述したように釣り上げてからが大変なウツボだが、大暴れを繰り返した末にワイヤー製のハリスを引きちぎってしまった。身体を掴めば分かるが、何しろ全身筋肉みたいな構造であるからして…いやあ、驚いたなあ。

151101-09.jpg
↑いきなり端折って、唐突に夕食の準備。何しろヌメリを取らなければ始まらないので、大量の塩をまぶして亀の子タワシでせっせと擦らなければならない。何度か水で流していくうちに手触りがキュッキュッとなれば、いよいよ解体。血抜きは既に施してあるので出血は然程ではないが、皮が滑る上に肉厚で骨が硬いため、バラバラにするのは割と難作業である。小骨はとにかく多いし…これで不味かったら、とても耐えられないよ。

151101-010.jpg
↑釣れたのはウツボばかりではないので、イワシでもサバでもアジでもカワハギでもメジナでも、とにかく何でもかんでも唐揚げにしてしまった。まあ、それが一番間違いがないというか。何故かビールがあまり飲めなくなっていた時期だっだのだが(夏場なのに勿体ない…)、この夜ばかりは景気よくガバガバといかせて頂いた。環境とテンションは、明らかに酒量に影響しますな。


という訳で、釣りについて殆ど触れていないレポートになってしまったが、これにて釣行初日は終了。温泉に入ってテントで寝て、じっくりと翌日への鋭気を養った。明け方は少々涼しげだったが、寝袋の効果もあって実に快適な睡眠を取ることが出来た。さて、明日は何を釣りましょうぞ。

次回に続く。


[日常][飲食][落語]
スポンサーサイト

記憶力トレーニングシリーズ 一ヶ月半前の西伊豆釣行 その2。

…いやあ、よく寝た(一ヶ月半前に)。という訳で前回に引き続き、西伊豆釣行の模様を脳を刺激しつつ振り返ってみたい。一週間前には大雨に見舞われた伊豆地方だったが、この日は朝から見事な快晴っぷり。とにかく食える魚を狙おうと、同い年三匹でガツガツと健闘を誓い合った。


151101-011.jpg
↑前夜のうちに仕掛けておいたカゴ網には、カニに混じってご覧のような巻貝がビッシリ。10匹以上は貼り付いていたはずだが、こいつらは一体何者なんだろうか。タニシを大きくしたような容姿だが、果たして食えるのかどうか…勿論試さなかったけれど、今も気になって仕方がない。

151101-012.jpg
↑一ヶ月半前は、まだ陽射しがジリジリ熱かったんだよなあ。去年はサバの群れが常に回遊していたが、今年はイワシとメジナが間を置いてやってくるような状態だった。タイミングを見てサビキを投入すれば、そこそこの数は釣れるので、まあ、食料には困らない。俺はウキ釣りにチャレンジ、そちらには20センチほどのサバが幾度かヒットした。ビール片手に海を眺めて、何とも呑気なものである。

151101-013.jpg
↑そんな穏やかな空気に水を差す、思わぬ事件が発生。海面を見つめていた傳枝師匠が「うわあ」と声を挙げるや、成嶋君が「お祭り!?」と腰を上げた。しかし、どうも様子がおかしい。「ここにあった竿、小沢さんの? 今さ、海に落ちちゃったんだよ」「…え?」。彼らはお祭り、つまり仕掛け同士が絡んで引っ張られたのかと思ったそうだが、それぞれの糸はただ水面に伸びているだけだった。二人は口を揃えて「小沢さんの竿、先から真っ直ぐに海に突っ込んでいったんだよ」…ちょっと目を離した隙に、ウツボか何かによって一気に引き込まれたらしい。昨日釣り上げた連中の怨念が、仲間を弔いに駆り立てたのだろうか。中古とはいえ購入したばかりの竿とリール、確か3000円くらいだったかな…って、そんなもんじゃねえか。金額はともかく、一ヶ月半経ってから思い出しても悔しいものがある。油断したなあ。

151101-014.jpg
↑釣り上げた小魚を器用に捌いて、網で干し始めた傳枝師匠。流石は伊豆の生まれだけのことはある。個人的な感想を述べると、やはりアジとカワハギは美味しかった。メジナは、ちょっとクセがあったかな。いずれも旨味が出て、干した甲斐があったというものである。

151101-015.jpg
↑食材も揃ってきたので、いよいよお食事タイム。こちらの刺身は、近くで竿を出していたお兄さんが釣ったクロダイ。「持って帰れないから」とのことで有り難く頂戴したが、身がコリコリして大変美味しかった。自分たちで釣っていたら、更に三倍美味だったはず。

151101-017.jpg
↑カゴ網に掛かったタイワンガザミ&ジャノメガザミは、迷わず味噌汁の具材に。ただでさえ暑いのに熱湯に放り込んだりして、本当にごめんな。お湯が熱くなるに従って赤みを増すカニたちが…とにかく美味そう。勿論、味噌汁のお味は最高。「来年はもっとカニを獲ろう」と、当然そんな話になった。

151101-016.jpg
↑海側から照りつける陽射しをクルマで遮断して、呑気に飲酒。「あー、3000円、3000円…海底に3000円」←もういいっつーの。

151101-019.jpg
↑土産用の魚をそこそこ釣って、そろそろ帰宅の時間。さもそういった儀式があるかのように、余った塩を海に還す中年二名。撮影していた成嶋君によると、妙にシンクロする両者の動きがおかしくて仕方なかったそうである。

151101-018.jpg
↑三人組で彫刻のようなポーズを取り、明後日の方向を見つめる…これぞましくルチャリブレ式記念撮影法。伊豆の夕陽をバックに、トリオでシブくキメてみたが如何だろうか(って言われてもな)。さて、もうひとっ風呂浴びて、ダラダラ帰るか。


相変わらず釣りをしている様子の写真が殆ど無い、実に臨場感に欠けるレポートであったが、なーんとなく楽しそうだということはご理解頂けたであろう。我々の目的はとにかく釣って食うということなので、釣りの難易度や魚種に関わらず、美味しい思いが出来れば万事OKなのである(まあ、多摩川ナマズのような悲劇も経験しているが)。また来年の夏も楽しみだが、冬の魚も身が締まって美味しいんだよなあ。

とりあえず、何とか記憶が甦ってホッとした。これからはマメに更新します…と、ちょっと殊勝なことも言ってみたりしち。


[日常][飲食][落語]

「アメ横ウェルカムモール大感謝祭」は11月22、23日開催です!

いよいよ告知解禁となりましたが、毎年恒例「アメ横ウェルカムモール大感謝祭」は、11月22日(日)23日(月・休)の開催となります。今年の目玉は「オネエ芸人、謎のアメ横襲来!」。アメ横ウェルカムモールではイベントを控えて毎年9月の半ばくらいから会議が開かれるんですが、「ゲストはオカマちゃんでいこう」という某社長の提案で、今年は速攻で方向性が決まりまして。俺がデザインしたポスターも、ほぼ一発でOKが出ましたからね。アメ横商人の皆さんは総じて根性が座っているのか、単に大雑把なのか…商店街のイベントにオネエって、聞いたことないよなあ。ヤバいだろ、ウチのパンダ。

アメ横ウェルカムモール大感謝祭
↑注目のゲスト陣は、ラジークイーンさん、広海・深海さん、ユーマさんといった、見るからによりどりみどりの面々。今まさに、アメ横は新境地を迎えようとしているのか。

今週末11月8日(日)は、ウェルモパンダを連れてアメ横でチラシを配る予定ですので、お近くに来られるようでしたら是非覗きにいらしてください。ウェルモパンダのシールか金太郎飴をお付けして配布すると思います。

そしてイベント当日は、異常な当選率を誇る福引き、ウェルモパンダグッズのプレゼント(期間中発行のレシートと引き換え)といった好評企画で、皆様を文字通りウェルカムさせて頂きます。今年もガンガンいきますので、そこんとこ餘櫓嘴惧お願い申し上げます。

ちなみに俺、台東区在住じゃないからね。よく間違えられるんだけれど。


[イラスト、デザイン][着ぐるみ][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用