☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

「プロレス女子」…?

マサ斎藤 イラスト

近頃、出先でよく「プロレス女子」という言葉を聞く。勿論ネットでも目にするのだが、要するに女性のプロレスファンが多少増えたというだけのことだろう? 新しい人種が超新星的に出現したという訳ではないだろうし、殊更社会現象的にカテゴライズするのも如何なものかと思うが…如何ですか?

勿論、ファン層が広がるのは良いことである。そもそもプロレスは大変間口の広いジャンルだ。例えばライブのチケットを複数枚持っていたとして、音楽の趣味が合致する人でないと同行を願うことが出来ない。しかしそれがプロレスの場合、誘う相手が初心者であるほどスタイルへのこだわりは少なくなる(あんまりショボいレスリングを見せて「こんなもんか」と思われるのは困るけれど)。闘争本能は多かれ少なかれ誰にでも備わっているものだから、「何だかよく分からないけど、ガンガンやってる」ということで暇つぶし程度にはなるものだ。

ところが「プロレス女子」の出現を、社会現象的に無理矢理解明しようとすると「暴力的で怖いという先入観を払拭するように努めた」とか「強さ云々ではなく、女性にも分かりやすい娯楽性を追求した」みたいな、やや頓珍漢な言説が目立つようになってくる。アピールする方向やスタイルの幅に変革はあったとしても、レスリングの本質的な部分を、少なくともそのような理由で切り落とすということは絶対にないと思う。それはつまり「客に媚びたから、上手くいった」ということでしょう? だとしたら、それはプロレスも女性も、双方をバカにした分析になりますよ。「プロレス、楽しいよねー」「飯伏、カッコいいよねー」というハッピーな気分を共有することで、現状は十分なんじゃないかと思うんですけどね。

「プロレス女子」という言葉が出てくる前から、俺は女性を会場へよく連れて行ったけれど(まあ、女の子が好きだから)、楽しみ方や捉え方は人それぞれなんですな。例えば「ドラゲーは闘っているように見えないから、楽しみ方が分からない」なんていう女性もいる訳ですよ。当然のことながら、我々の観念だけでは予測出来ないものがある。「見た目にカッコいい」から入って「その人たちが何をやっているのか」という部分まで考えている人たちは少なくないですよ。

まあ、可能であれば、マサ斎藤の魅力に至るまで、ひとつ…。


[イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]
スポンサーサイト

『小佐野景浩・志生野温夫・山本雅俊 “深すぎる三者三様”  開催!!』…のお知らせ。

何かとお世話になっております山本 "ヤマモ" 雅俊さん主催の、あまりにも濃過ぎるトークショーが今月18日に開催されます。

osano150208.jpg

山本さん主催のイベントにつきましては、とにかく「実際に行かなければ分からない」。物凄く分かりやすく表現しますと、他所では他言出来ない秘話が目白押しなのです。それも夜の街で聞き齧った噂話ではなく、現場体験者の皆さんによる鉄板クラスの証言ばかり。プロレスとは何処まで追っても虚実の入り交じる一種独特な世界ですが、どんな角度から眺めたって最終的には絶対に面白い。これほどタフなジャンルは、他にはあり得ないのではないか…そんなことを再確認出来るイベントかもしれません。



【2・18に】天龍源一郎引退表明のこのタイミングで小佐野さんのトークイベント!!【神風が吹いた】

“ミスター・プロレス”天龍さんが、衝撃の引退表明!

このあまりにも偶然なタイミングで全日本→SWS→WAR→そして現在と 天龍源一郎に密着し そのプロレス人生を常に追いかけて来た、元・週刊ゴング編集長 小佐野景浩さんのトークイベントが2月18日に開催されます。

しかも今回は、スポーツアナウンサーのパイオニアとしてあの力道山を報じ 全日本女子プロレスの実況アナウンサーとして 同じくプロレス黄金時代を大衆に熱く報じて来た志生野温夫さんとの夢のコラボが実現!

天龍源一郎が遂に引退表明!! 小佐野さんだからこそ語れる天龍さんの秘話・感動のエピソードとは?

長与千種・新団体「マーヴェラス」について志生野さんは何を語るのか?

二人の業界レジェンドによる正に興味津々、そして超貴重なスペシャル・トークLIVEがいよいよ開催です!!


『小佐野景浩・志生野温夫・山本雅俊 “深すぎる三者三様”  開催!!』

・天龍引退に関して、小佐野さんの秘話と 風雲登り龍への尽きせぬ想いが爆発!!

・今ではとても想像がつかない力道山の人気と権力。そして若き志生野さんの隣に、なんとその力道山本人が!

・馬場全日本と猪木新日本が仁義なき潰し合い!その渦中で小佐野記者は!?

・昭和では 日本TV、TBS、フジテレビ、NET、東京12チャンネル。つまり民放地上波の全てがプロレス中継を行ったのだ

・女子プロレスはその昔お色気ショーとして日陰の存在だった

・ゴングが「週刊」だった時代 元編集長・小佐野さんが語るあれやこれやとライバル誌との関係

・ヤマモが小佐野さんに是非聞きたいプロレスマスコミ人間模様

・昔のプロレスラーと今のプロレスラー どこがどう違うのか?

地上波でも衛星波でも絶対に聞けない秘話が満載
皆様是非お集まり下さい!!

※イベント名物・秘蔵映像コーナー有。


【イベント開催要項】
2015年 2月18日(水) 18:30開場 19:20開始
※18時50分頃より「第0トーク」(内容は当日まで非公開)
出演
志生野温夫 小佐野景浩 山本雅俊 
会場
『スタジオGP』 
JR山手線・新大久保駅から徒歩7分
(新宿区大久保1-14-14フロンティアビル2F)
チケット
前売り2,500円 当日3,000円
※チケット購入はメールで
miyabitti2002@kud.biglobe.ne.jp (VERY SMART) 御名前、枚数、携帯番号を必ず明記して下さい。


会場・スタジオGPのアクセス詳細
◆新大久保駅(JR山手線)より徒歩7分
改札を出たらスグ右手へ(明治通り方面へ)そのまま直進
→1軒目の「オムニ食堂」、100円ショップ「キャンドゥ」を通り過ぎ更に直進
→2軒目の「オムニ食堂」と「ほほえみ薬局」の間を右折
→右折してスグ左手に1Fに黄色看板「駒忠」居酒屋があるビルの2F


[プロレス、格闘技][イベント]

ペンタトニックス、グラミー受賞。

俺と…いやいや、俺がデザインしたパンダと、PVで共演したことで知られるペンタトニックスさんが、グラミー受賞の偉業を達成した(最優秀アレンジメント・インストゥルメンタルorアカペラ部門、受賞曲は「Duft Punk」)。

150210penta.jpg
↑「Rather Be」のPVをアメ横で撮影して、彼らもドーンと箔が付いたんだろうナ…なんてことは絶ッ対あり得ないのだが、ご縁があった年の功績が讃えられたということで大変嬉しく思っております。

曲のアレンジ、歌唱力は勿論素晴らしい彼らだが、メンバーそれぞれが極めて個性的という点も実にユニーク。髪や肌の色、衣装にしても全く統一されているものがない(帰属意識にこだわる日本では、ちょっと考えられないスタイルではある)。性別だって三種類くらいあるでしょ、このグループは。

昨年夏の撮影は、いよいよ忘れられない思い出になりました。ペンタトニックスさん、これからも聴き続けます。


[イラスト、デザイン][着ぐるみ][音楽]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用