☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

2014-2015(年末年始)その1。

また一年経っちゃいましたね。それでは例年通り、淡々とこの数日を振り返っておきたい。

◎12月29日

毎年恒例、パンクロッカー家富さん(RAISE A FLAG)主催の忘年会に参加。会うのは久しぶりでも気心の知れたメンバーだけに、宴席は大変な盛り上がり。ちゃんとバカ騒ぎをする宴会というのは、ここ数年ですっかり減ってしまった気がする。我々も、いい歳だしね。まあ、やる時はやるけどな。

150105-002.jpg

150105-001.jpg

◎12月30日

やり残した業務はあるのだが、何となく気力が沸かずダラダラとした一日。ウェルモパンダに頼まれてペンタトニックスのイラストをツイッターにアップしたところ、概ね好意的な反応を頂けたとのことで何より。2014年も多くの方々にお会いし、その都度大変お世話になったが、ペンタトニックスとの邂逅は際立って異色の出来事だったように思う。今でもMTVを観る度に、夢を見ているような不思議な気分になる。

ペンタトニックス Pentatonix

◎12月31日

昨年に引き続き、松井大二郎さんとIGF両国国技館大会を観戦。「大晦日は意外と暇」ということなのか、満員といって差し支えない堂々たる観客動員。そんな観客たちを突き放すような試合の数々は、この時代にあっては新鮮であり貴重だといえる。全ての試合が一定の満足度を満たすということが、あるはずがない。「さあさあ、大サーヴィスでござい!」と甘味料たっぷりの試合を4、5時間見せられるより、個人的にはずっといい。

かつて拳を交えたヴァンダレイ・シウバ選手に会いたいという松井さんに付いて、バックステージを訪問。まさに破顔一笑といった表情で「Oh, Matsui!」と大興奮のヴァンダレイ選手。イエローVerの「松井Tシャツ」をプレゼントされて大変ご機嫌な様子だった(デザイン担当者としても光栄です)。「シウバはナイスガイですよ。パーティではノーサイドで…試合した者同士にしか分からない、友情みたいなものがあるんですよ」…年越しの宴席で伺った松井さんの言葉が、脳裏に甦る。

150105-004.jpg

150105-005.jpg

年明け前に前半が終わってしまったが、元旦以降については次回エントリーで。そこんとこ臾櫓汜齲。


[日常][プロレス、格闘技][イベント] [イラスト、デザイン][Tシャツ]

スポンサーサイト

2014-2015(年末年始)その2。

それでは後半も淡々と参りましょう。

◎1月1日

「正月くらい自宅でのんびりしたい」という声をよく聞くが、俺は年中自宅で悶々としているもので、正月くらい外出しないと腐る一方になってしまう。というわけで出会いを求めて、ゼロワン後楽園ホール大会へ。大仁田軍団出場、シングル5vs5勝ち抜き戦といった豪華ラインナップ、そして全席一律3000円というお年玉価格が功を奏したか、会場は満員御礼の入り。元旦から景気のいい光景を目にして、有り難い限りだ。客席には国内外の友人、知人たちがチラホラ。「昨夜(大晦日)飲み過ぎたので会場へ行けない」というメッセージが携帯に届くのも、正月ならではといえる。

試合終了後は、皆さんプロレスのハシゴだの色々と用事があるそうで、一人寂しく神保町で飲食。今年もお世話になりますよ、サイゼリヤちゃん。

150106-001.jpg

150106-002.jpg

◎1月2日

夕刻まで特に予定もなく、朝からダラダラ。何となくTVを眺めていたら、来月開催のKISS日本公演のゲストが紹介されていて今更ながらビックリ。こういうのって…棲み分け出来ないもんなの? 「歓迎しないと文化度の低い人に思われる」という空気を作ったのは、ビジネス的に上手いことやったと思うけど。どうして国内のロックバンドに、「KISSの前座」というチャンスを与えないのか大いに疑問。「アイドルに匹敵する存在がいないから」…って? それではプライドが無さ過ぎるよ。

都内某所で、松井大二郎さんとサシの新年会。飲み屋の床が油で異常に滑るため、トイレへ行く度に腰を落として慎重に歩行。プロ格闘家の安定感は流石だと、妙な感心をさせられた。酒も会話も実に密度の濃い席で、新年の良い思い出になった。

150106-003.jpg

◎1月3日

デジカメを購入すべく新宿西口へ。ネットで情報を仕入れて臨んだものの、目当ての商品が見つからない。街中を右往左往していたところ、某専門店の「福袋」にターゲットを発見。付属品と延長保証を計算、お買い得と判断して即購入。ネットと足を両方使えば、タイミング次第でいい買い物は出来るのだが…まあ、これには手間というものが掛かりますからね。稀にヒマ人が得することもあるというか。

伝説のサブカル誌「ビックリハウス」の製作スタッフ、イノリンさん主催の新年会に出席。世代的にギリギリ間に合わなかった雑誌だが、成人してから関係諸氏とお知り合いになる機会が大変多く、各業界への影響力をその都度思い知らされる。この席で俺は最年少だが、こういった機会は珍しいし、勿論勉強にもなる。若い頃に背伸びをしても知り得なかった情報が、目の前で明かされるのは嬉しいものだ。生きられるだけ長く生きたいと、こんな時にしみじみ思いますね。

150106-004.jpg

当方へ年賀状をお送り頂いた皆様、ありがとうございます。ここで告白をしておきますが、当方昨年内に葉書を用意することが出来ませんで…寒中見舞いを、後ほどお送りさせて頂きます。申し訳ございません。いきなり頭を下げておりますが、そのついでに今年もよろしくお願い申し上げます。


[日常][プロレス、格闘技][イベント]

キム・ドク氏トークイベント「あのコト、話そうか?」のご案内。

専門誌のインタビュー等でビッグマウスを炸裂させている、あのキム・ドク氏のトークショーが開催されます。当方、記念Tシャツのデザインを担当させて頂きました。

150108-01.jpg
↑こちらは主催のチームフルスイングさん製作のフライヤー。

こういったグッズをデザインするようになって幾らか経ちますが、「Tシャツ付き」のイベントにご協力させて頂くのは初めての経験です。主役は勿論キム・ドクさんですが、それなりに責任というものを感じます。どう考えても面白いトークショーになるでしょうから、好事家の皆様には是非とも参加をお勧め致します。

キム・ドク Tシャツ
↑世界を股に掛けて暴れ回った「野生の虎」キム・ドク氏、腰に光るのは栄光のUNヘビー級チャンピオンベルト!
※こちらのTシャツは「ドージョーアッパレTシャツ販売所」にてお取り扱いしております。

イベントの詳細は下記になります。それにしても、何ともワタクシ好みの企画でして…。


☆キム・ドク『Tシャツ発売記念』トークイベント
「あのコト、話そうか?」


■日時 1月12日(月・祝) 15~17時
■場所 月曜酒場とん八(恵比寿)
■価格 5000円(Tシャツ付、ワンドリンク付)
■人数 20名様限定
■その他 ・サイン(お一人様1点)
・ツーショット撮影
・特製色紙(1000円、写真付き・手形入りの2種)も御用意しています。
※TシャツはM、L、XLからサイズ指定出来ます。

■新年会
トークイベント終了後、ドクさんを囲んで新年会を開催します(17ー19時)。
飲み放題&料理8品付きで、 会費は3500円です。
(新年会のみの御参加は5000円となります)
こちらも20名様限定で、イベント参加者・事前予約者優先となります。


[Tシャツ][プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用