『格闘演芸道場WRE』vol.4、無事終了致しました。

当方主催イベント『格闘演芸道場WRE』(6/25お江戸両国亭)ですが、お陰さまをもちまして無事に終了と相成りました。お足元のよろしくない中、多数のご来場を頂きまして誠にありがとうございました。

wre0625.jpg
↑特別ゲストの石川晋也選手(大日本プロレス)は、歌謡漫談にコントと大活躍。出番前は極度の緊張に包まれていたチャンピオンでしたが、打ち上げの席ではご覧のように安堵の表情を見せてくれました。

一週間後のご報告になりましたが、イベントの簡単な内容を公式ブログに記しております。よろしければ、そちらもご覧になってください。

◎格闘演芸道場WRE公式ブログ
「6・25『WRE』第4弾、何とかなりました!」
http://ameblo.jp/wre-staff/entry-11887591932.html

実は今回から第2クール突入だった「WRE」、これからも各業界に汚点を残さぬ程度に精進して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


[イラスト、デザイン][落語][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

恐怖のブレーンバスター。

プロレスファンなら誰もが知るブレーンバスターは、Brainbuster…つまり脳を破壊するという意味を持つ恐ろしい技である。かつてはジョニー・バレンタインが得意とする脳天へのエルボーパッドをそのように呼んでいたそうだが、キラー・カール・コックスによって本邦初公開されたそれは、相手の頭部を垂直にマットへ叩き付ける、一撃必殺の危険な投げ技であった。

近年は安全性を重視されて、背中から相手を落とす”繋ぎ技” に格下げされたブレーンバスターだが、昨日開催されたリアルジャパンプロレス後楽園ホール大会にて、我々は「これぞ元祖!?」と目を見張る、強烈なBrainbusterを目の当たりにしたのだった。

140702-01.jpg
↑「力道山三世」こと力選手による、あまりにも危険なブレーンバスター。

百戦錬磨のベテランでなければ、この危険な角度を凌ぐことは出来なかっただろう。リアルジャパンの「リアル」を担うのは、力選手に他ならない。



…いやあ、心臓が止まるかと思ったよ。冷や冷やしながら観るプロレスってのは、ちょっとなあ。こちらのブレーンバスターは所謂垂直落下式ではなく、スタミナ切れかタイミングの問題で上手く反り切れなかった、恐らくミステイクに近い一発だったと思われる。頭から落とされた浜田選手はフラつきながらも無事立ち上がり、直後にチョップ合戦に応じたりしていたが…熟達したプロレスラーの皆さんの試合は、緊張感を保ちつつも安心して観ていられるということが改めてよく分かった。逆説的に、納得。


[プロレス、格闘技]

白いB×Bハルク。

お世話になっているドラゴンゲート社の後楽園大会に足を運んだ。開催二週間前には指定席が完売していたとのことだが、超満員札止めの観衆のお目当ては、白バージョンは3年ぶり、ダンスは4年ぶりの披露となったB×Bハルク選手。懐かしのあの曲が流れ始めた瞬間の、会場の爆発ぶりは異常としかいいようがないものだった。

140703-01.jpg
↑プロレスラーのダンスがこれほど歓迎される日が来るとは思わなかったが、試合同様に洗練された動きに華があるし、何しろお客さんの盛り上がりも凄まじいので、とても冷やかした気分で観ることが出来ない。

意外に思われるかもしれないが、俺、ハルク選手大好きなんですよね。いそうで絶対にいないでしょ、ああいったタイプの選手は。甘いルックスと卓越した身体能力を持ちながら、攻めはサディスティックで、受けは極めて自虐的。そういった部分にも、大変色気を感じると申しましょうか。

もう10年近くも前になるが…初めてドラゴンゲート社の打ち合わせに出向いた時、「近いうちにB×Bハルクというのがデビューしますんで(Tシャツをデザインしてください)」と聞かされた俺は、当時大阪プロレス離脱の噂があったビッグボスMA-G-MA選手が名前を変えて参戦するのだとばかり思い込んでいた(「ビックボス=B×B」という判断)。ところが実際に登場したのはネーミングからは意外過ぎる美青年で、大変驚いたことを憶えている(MA-G-MA選手はマグニチュード岸和田として、後に参戦)。

久々となるハルク選手のダンスを観て、涙を流している女性ファンが周囲に何人かいた。随分と待たされただけあって、心底嬉しかったのは確かであった。


[プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用