☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

2013-2014(年末年始)その1。

毎年恒例の年末年始、これまた毎年恒例の手法で記録させて頂く。では、とっとと行きましょう。

◎12月31日

何かとお世話になっている松井大二郎さんと、IGF両国国技館大会を観戦。「大晦日は、意外とみんな暇」を証明するかのような、実に堂々たる観客動員。肝心の試合はといえば、第一試合からの「両リン」にいきなり不穏な予感が漂うも、その後の進行は妙に淡々としたもの。観客に媚びないプロレスにも程があるが、無駄にダラダラした長時間興行に比べれば、個人的にはずっとこちらの方が有り難い。

メインイベントは異例中の異例と思われる、MMAルールによるプロレスのタイトルマッチ。IGFならいつかはやると思っていた形式だが、特に大きな見せ場もないまま石井選手の勝利で幕。残念ながら記憶に残る一番とはならなかったが、個人的にはそういった無茶も含めてIGFが好きなので、これからも色々仕掛けて欲しいと思っている。

観戦後は、都内数カ所を飲み歩きつつ松井選手と年越し。そういえば松井さんの年賀状はワタクシが描いたのですが、お手元に届いた方はお気付きになりましたでしょうか?

131231-01.jpg 131231-02.jpg

◎1月1日

14時開始のゼロワン後楽園大会を総勢8名で観戦。その内の女性2名はプロレス初観戦とのことで、チョップや受け身の音に終始興奮しまくっていた。こういった観戦初心者と同行すると、本来プロレスに求められているものが何であるか、物凄くハッキリと分かる。鍛え込まれた巨漢がぶつかり合い、華麗なハイフライも飛び出すゼロワンの闘いは、そういった向きにはうってつけなのではないだろうか。

観戦後は、当然のことながら新年会。女性が多かったこともあり解散が早く、独り残された俺は、次の宴席を求めて街中をブラブラ。そんな折、ふと前方から……えっ、ウソ?

こんな時に「ミーハーみたいになるのは、ちょっと…」なんて言っていられない。何しろ、この邂逅自体が「60億分の1」なのだから。

写真撮影後、丁重にお礼をして一行を見送り、駅の階段を上がろうとしたら足が震えてもつれそうになった。そのくらい確実に興奮していたということである。いやあ、たまげたなあ。

しかし、どんな元旦だ。今年こそ、何かあるかねえ…?

140101-01.jpg 140101-02.jpg

◎1月2日

年賀状のコメント書きが全く進まない状態で、18時半からの大日本プロレス後楽園大会へ。当日券は残り僅かという大盛況で、団体への支持の高さを改めて思い知らされた。

お正月ということで、蛍光灯製の巨大羽子板をリング上に設置した、実に珍妙なデスマッチが実現。コーナーに選手が接触すると、羽子板が落下して粉々になるという趣向だが、設計を誤ったのか派手に破裂することがなく、場内には落胆の声も。だからこそ燃えるのがプロということか、エンジンの入った選手たちは熱の入った流血戦を展開。葛西選手のカリスマ性、ダニー・ハボック選手の思い切りの良さは、やはり印象に残るものがある。

そしてこの日も、試合後は新年会。MASADAさんと二人で某居酒屋に入ったら、観戦帰りのファンたちが「あ、MASADAだ!」と一斉に声を上げた。中には目を丸くして、口を抑えたまま動けなくなっている女性もいる。文字通り血と汗で勝ち取った彼の名声を改めて感じて、思わず胸が熱くなった。誰が強くてヤバいのか、ファンはしっかり分かっているということであろう。

140102-01.jpg 140102-02.jpg

というわけで、年末年始の前編は終了。明日以降に続きを書きますが…それより先に、年賀状に手を付けないといけないんだよねえ。さて、どうなることやら。


[日常][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

2013-2014(年末年始)その2。

正月も10日を過ぎてしまったので、駆け足で参りましょう。

◎1月3日

ツアーの日程を考慮して、強気の枚数を準備したMASADA選手のTシャツだったが、前日の後楽園ホール大会でほぼ完売という有り難い状況。勿論デザインは頑張ったが、やはり選手の人気、支持率の高さがあっての売り上げであることは間違いない。そんな感謝の気持ちもあり、この日はアメ横にガイジン一行をお呼びして新年会と洒落込むことに。集まる時間が遅かったのでウェルモパンダは既に眠りに入っていたが、MASADA選手はとりあえず天井の看板と記念撮影。それにしても、よく届くものである。

140103-01.jpg 140103-02.jpg

◎1月4日

一般のプロレスファン的には「1・4」ということになるが、もう10年くらい当方のイッテンヨンは自宅待機日。やっと年賀状のコメント書きに本腰を入れ始めるが、先に頂いたものを眺めているだけで時間が過ぎていく。毎年衝撃を受けるのは、いつの間にか入籍を済ませていた女友達の結婚報告。新郎新婦の写真入りで届くケースが多いが、個人的にはやっぱり恥ずかしいというか照れを感じないこともない。妻が美人というのは、どんな気持ちなんだろうねえ。 

画像は、某プロレスラー氏から届いた年賀状。昨年に比べると字の落ち着き、ハガキの選択等に幾らかの進歩が見られる。それにしても、流石といえよう。

140104.jpg

◎1月5日

ちょいと遠出をして、大日本プロレス横浜赤レンガ大会。第一部は「CZW ARENA in JAPAN」と銘打たれていたが、異国情緒溢れる港町横浜には相応しい大会名である。試合以外の部分でも高揚感があると、何とも特をした気分になるものだ。

それぞれシングルマッチで出場のクリスト・ブラザーズは、揃って運動神経抜群の仲良し兄弟。この日も芸達者ぶりで、会場をガンガン沸かせていた。兄のデイブ選手(萩原流行顔)は非常に芸術家肌のところがあって、レスリングに関して独自の感覚を持っている。今後も来日が続けば、そういったパーソナリティも明らかになっていくだろう。実に楽しみだ。

MASADA選手は、相変わらずの暴力三昧。若手選手が相手ということで、膝の故障が全くハンディになっていない。今年に入ってから得意の竹串攻撃にアレンジが加わり、先ず相手の頭部をやたらめったら突きまくり、大量出血を確認してから束ごとブスリと差し込むという格好になった。発想もえげつないが、攻撃に全く躊躇が無いのはもっと酷い。彼とはビジネスパートナー、友人といった関係にあって本当によかったと思う。

メインの蛍光灯デスマッチで伊東選手と対戦したダニー・ハボック選手とは、実は2007年にウェストバージニアで会っている。当地で行われたデスマッチトーナメントのTシャツに似顔絵を描く為に資料を求めたところ、彼が送ってきた写真はどれも大流血状態で、人相がサッパリ分からないものばかりだった。「いやいや、ちゃんと描けてたよ。俺、あのシャツ好きだよ。でもさ、イラストでは俺だけ凶器を持ってなかったんだよな」…そういうところ、ちゃんと憶えてるものなんですな。7年前のダニー選手はまだ細身で少年の面影すら感じられたが、当時のデスマッチファイターたちは声を揃えて「一番有望なのはダニーだよ。あいつは恐れというものを知らない」と高く評価していた。この日の堂々たるメインエベンターっぷりを目の当たりにして、「流石にプロの目は確かなものだ」と大いに納得した次第である。

140105-03.jpg 140105-01.jpg 140105-02.jpg

例年同様プロレス漬けの正月ではあったが、まあ、楽しく景気付け出来たのは有り難かった。昨年(2013年)は近年になく割といい一年だったので、今年も引き続き色々あればいいと思っている。皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。


[日常][プロレス、格闘技][イベント]

ダニエルと「リベラ」。

先ずハッキリさせておくべきは、目黒の有名店「リベラ」のステーキは美味であるということである。「今日はステーキなんてものを食べたいな」といった時に真っ先に想像されて、且つ口にした時の充足感が高いのは、まさにこういった肉なのではないだろうか。

140113-01.jpg
↑「これぞ、ステーキ!」と唸りたくなる豪快な逸品。こちらは640グラムの重量を誇る「曙ステーキ」。なんぼ美味とはいえ、当方の手にはとても負えない特大サイズである。

年末年始になると、季節外れの台風のようにオーストラリアから北上してくるダニエル・バーモント(元レフェリー)は、恐らく世界一「リベラ」を愛する人間の一人だ。この店について語り始めると、とても一飲食店に関する話題とは思えぬほど彼は熱心になる。

前述した通り「リベラ」のステーキは大変美味しいのだが、自分の周辺の外国人に関していえば、「ミスター・デンジャー」への同行を頼まれるケースの方が明らかに多い(まあ、デスマッチ系の選手が殆どなもので)。改めて言うまでもなく「デンジャー」も大変素晴らしいお店で、更にあのスタイルのステーキは、恐らく日本にしか存在しないもの。「ジャパンに来たら、食っておかないとな!」と思わせる独自性が、「デンジャーステーキ」に見受けられるのは間違いないところだ。

しかし、ダニエルは飽くまでも「リベラ」派なのである。こういったオーソドックスなステーキであれば、自分の国で大量に安く食べられるだろうと思うのだが、彼にそういった発想は全く無い(らしい)。先日もダニエルと「リベラ」へ行ったが「今回はこれで何度目なの?」と尋ねたところ、彼はやや照れくさそうに(且つ少々誇らしげに)「フォータイムス」と指を四本立ててみせるのだった。

140113-02.jpg
↑我々が海外渡航した先で、現地の寿司屋に週二回ペースで足を運び、その度に嬉々として賞賛しまくるという可能性が、果たしてあり得るだろうか。恐るべきは「リベラ」、そしてダニエル・バーモントである。

ご承知の方も多いと思うが、「リベラ」は外国人レスラー御用達の店で、店内の至る所に来店したスター選手たちの写真が飾られている。そして店員さんが認めた選手、関係者には世界的にも著名なリベラ・ジャケットが進呈される。ダニエルは当初、恐らくそれが欲しくて足繁く目黒まで通ったのだと思われるが、実際に手に入れてからも「リベラ詣り」の頻度はより上がっている。

そして今回のツアーでも、彼は金色のリベラ・ジャケットをバッグに忍ばせていた。「また新しいのを貰ったの?」と尋ねると、これまた彼は照れくさそうに(且つ少々誇らしげに)「水道橋のプロレスショップで買ったんだ」と微笑むのだった。

「リベラ」さん、彼の為に是非オーストラリアに支店を出してください。

先日、最も印象に残った日本人同士の会話。「ここのステーキって、何処の肉使ってるの?」「流石に国産じゃないだろうから…アメリカ?」「ううん、違うよ。オージービーフみたいだよ」「オージーってつまり…ダニエル、尚のこと、あんたは!」。


[プロレス、格闘技][飲食][日常]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用