☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

ちゃらんぽらん。

アメ横カナリヤ化粧品の玉山社長率いる軟式野球チーム、ちゃらんぽらんが、今年に入って謎の快進撃。引き分け時のじゃんけんに尽く勝利する強運も手伝って、公式大会の決勝戦にまでコマを進めてしまった。ユニフォームのデザインを手掛けてから7年…まさかの展開にじっとしてはおられず、寝不足の目を擦りながら決勝の地、台東リバーサイドスポーツセンター野球場まで足を運んできた。


ちゃらんぽらん
↑晴天の空にスカイツリーが映える、実に素晴らしいロケーション。ちゃらんぽらんのメンバーは飲食店の経営者、従業員が多いようで、夜行性の皆さんにとっては絶好の虫干しの機会。

ちゃらんぽらん
↑のびのびとした好投を見せた我等がエース。僅かでもスタミナが切れると、ベンチに戻って缶酎ハイを補給。球場内での飲酒、喫煙は当たり前のちゃらんぽらん…名が体を表し過ぎである。

ちゃらんぽらん
↑「カキーンという快音と共に、白球は青空に飲み込まれて…」といった表現をしたいのは山々だが、この画像の場合、白球は既にキャッチャーミットに飲み込まれた状態。

ちゃらんぽらん
↑ルール上時間制限があり、6回で試合は終了。チャンスをモノにし、ピンチを脱した結果、気が付けば2-1でちゃらんぽらんの勝利。ここには書かれていないが、最終回裏には相手チームが1点を奪取。その展開がまたスリリングで素晴らしかった。しかしチーム名だけ見たら、こっちが負け役だよなあ。

ちゃらんぽらん
↑「おいおい、勝っちゃったよ」「マジかよ」と他人事のように騒いでから、マウンドまで移動して歓喜の胴上げ。尋常じゃない高さまで跳ね上がった玉山監督の胸中に、去来したものは何か。

「打ち上げ、何処でやろうかな?」

ちゃらんぽらん
↑「優勝、ちゃらんぽらんチーム!」…偉い人からチーム名が読み上げられる度、球場内に苦爆笑が響き渡る。表彰を終えた偉い人、こちらへ振り向いて一言「整列はしっかりしていて、ちゃらんぽらんではないね」。台東区、面白いなあ。

ちゃらんぽらん
↑優勝の喜びと安堵、そして打ち上げへの狂おしい期待感が複雑に絡み、結果清々しい表情となったメンバーたち。今後の更なる飛躍が望まれるが、来年も飲み屋でのミーティング以外、殆ど練習はしない模様。

ちゃらんぽらん
↑勝利の宴は、御徒町の中華料理店にて。コーヒーではなく「コーヒ無料サービス」。コーヒ…公費? 横領事件、発生か? まあまあ、冗談ですよ、「谷記」さん。ラーメンが、非常に好みの味でした。

ちゃらんぽらん
↑優勝を確認してからユニフォームを着込み、チームの主砲である中村隼人さんと記念の1枚。ファイターズ、ジャイアンツで活躍された中村さんは、現在湯島にてサパークラブを経営されている。精悍過ぎる表情は、ご覧の通り今も健在である。


というわけで、ちゃらんぽらん優勝ですよ。チーム名は勿論、ユニフォームのデザインといい、メンバーの風貌、態度といい、一種独特のものがありつつ、ちゃっかり実力を見せつける格好となった。ベンチの応援団は、医者、教師、絵描き、そしてキャバクラ嬢…みんな仲良し、とにかくそれがいい。いやあ、よく飲んだなあ。いい一日だったなあ。


[イベント][日常][イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

浅草演芸ホール「もうちょっぴりちがう寄席」告知。

新宿末広亭9月下席夜の部「ちょっぴりちがう寄席」に続く、瀧川鯉朝師匠プロデュース企画はこちら↓であります。

瀧川鯉朝師匠
↑浅草演芸ホール12月下席夜の部「もうちょっぴりちがう寄席」…12月21日(土)より27日(金)まで。

今回もフライヤーの製作をご依頼頂き、このような季節感丸出しのデザインが出来上がった。予想通りというか、鯉朝師匠にサンタの装束は、よくお似合いでありまして。我ながら、ハマりましたな。

上方からの出演、入場時間によるお得な料金設定等”ちょっぴりちがう”試みが満載、寄席初心者から通の皆さんまで楽しめること請け合いかと思います。師走の喧噪からちょっぴり離れて、腹の底から大笑いされては如何でしょうか。

瀧川鯉朝ブログ「鯉朝のすいぞくかん」
http://ameblo.jp/watashinorabasan/


浅草演芸ホール
http://www.asakusaengei.com/



[落語][イラスト、デザイン]

マスカラス兄弟、東京愚連隊興行に飛来。

『月刊ゴング』が煽りまくった幻想の時代には間に合わず、物心付いた頃(小学校入学時)のミル・マスカラスは、「スカイハイ」に乗って颯爽…いや、観客にもみくちゃにされながら登場するブラウン管のヒーローのひとりだった。

初代タイガーマスク登場の前後から明らかに失速し始めたマスカラスの全盛期は、自分にとっては決して長い期間ではない。プロレスに強さやシリアスさが求められた時代、身軽できらびやかなマスカラスには子供心にも何となく軟弱なイメージがあって、実際のところ俺はファンクスに大きく肩入れしていた。

ところが、ここ10年くらいになって突如マスカラスが妙に懐かしく愛おしく思えてきて、それが満更ギャグ的な感覚でもなく、「昭和の、あのムーブメントは”ミル・マスカラス”という文化だったのではないか?」と真剣に考察するまでに至った。今思えば、仮面貴族はそれだけのインパクト、存在感を誇っていたのである。

そんなマスカラス兄弟が、揃って後楽園ホールに飛来するという。俺は誰にも声を掛けず、前売りチケットを一枚だけ購入した。今回ばかりは、それが相応しいと思ったのである。


131203-002.jpg
↑6時20分頃に会場へ入ると、既に第0試合(?)が行われていた。メキシカン同士のようだったが、これがまた筆舌に尽くし難い内容で…。北側ステージ脇で、爆笑や失笑を繰り返す日本人レスラーたちの姿が印象深い、何とも脱力系の一戦だった。

131203-003.jpg
↑第一試合は、藤原組長vs望月成晃の異色対決。組長の細くなった手足や緩んだ肉体は、老練な技術と相まって、却って凄みを伴った不気味さを感じさせた。三角蹴りを捕らえられてからの足首固めで望月選手の敗北という結果は、UWFルールという前提があったとしても、ちょっとした衝撃である。

131203-004.jpg
↑個人的にも注目だったパンテーラ親子対決。父親の目の前で息子が飛んだり跳ねたりする様子は、まさにネコ科の動物の教育現場のようだった。「こういう場合は親が感極まるよね」と思っていたら、息子の方が試合後いつまでも抱きついているので、それはそれで目頭が熱くなるような気分にさせられた。

131203-005.jpg
↑ご覧の豪華トリオが実現。対戦チームがコミック系ということで、肩の力が抜けた楽しい攻防に終止。エストレージャの中央でみのる選手がゴッチ式パイルドライバーを決めるという、ある意味日本プロレス史を鼻で笑うようなフィニッシュで試合終了。何だかんだいって面白かったです。

131203-006.jpg
↑セミ前もバラエティ系の試合。バラモン兄弟の「ボーリング」をケンスキーがやると、こんなド迫力になってしまう。ここまでくると、まあ、痛いはず。

hentai07.jpg
↑殺到する観客たちをゆっくりと擦り抜けながら、堂々とリング上に登場したマスカラス兄弟(セミが終了するや、花道にダッシュするオールド・ファンたち…そんな懐かしくも熱い光景に感動)。70歳を過ぎたマスカラスの、伸びきった背筋と浮かし気味の踵にご注目頂きたい。

131203-008.jpg
↑先発はドスどす(舞妓さん風)。この日が日本ラストマッチということで、序盤から気合い充実の様子。試合前はネクタイ姿で売店に立っていたドスだが、そんな正装とマスクとのコーディネイトがダンディに決まってしまうのが、メキシコのエストレージャというもの。カッコよかったなあ。

131203-009.jpg
↑いよいよ登場のマスカラス、先ずは絵作りに欠かせぬサーフボードを披露。立ち位置や姿勢が貴族っぽいというか、地味ながらマスカラスには似合う技である。

131203-015.jpg
↑ハッスルしまくっていたドスは、両手を大きく広げてアピールするや、豪快なトペ・スイシーダを敢行。客席からは万雷の「ドスカラス」コールが巻き起こった。「おいおい、飛んじゃうの?」といった和田京平レフェリーの表情も味わい深い。

131203-014.jpg
↑これまたマスカラスの得意技、メキシカン・ストレッチ。現在の語感では陽気な準備運動のようだが、昭和の子供向けプロレス本では”全身の骨が砕けるまで締め上げる恐怖の殺人技”というような解説がしばしば見られたものだ。まあ、マスカラスならではの様式美というものであって、この技をハラハラしながら見た記憶は全くないのだが。

131203-010.jpg
↑兄弟そろい踏みとなれば、やはりこのコンビネーションを見たい。息の合った見事な編隊飛行で、観客を熱狂させてくれたマスカラス兄弟に感謝。この技を形よく見せるのは案外難しいようで、その証拠にこれだという後継者が見当たらない。華麗さに品格が伴わないと、どうしても間抜けに見えるからねえ。

131203-011.jpg
↑年齢を感じさせぬ豪快なボディスラムで、NOSAWA選手をマットに叩き付けたマスカラスは、躊躇することなくロープ最上段へ。「待ってました!」という高揚感が、一瞬にして聖地を支配する。さあ、飛んでくれ、マスカラス!

131203-012.jpg
↑誰もが試合前から分かっていたフィニッシュかもしれないが、そんなことは関係無しに感無量。大袈裟でなく後光がさして見えるような、本当に有り難い飛翔だった。ありがとう、ミル・マスカラス。

131203-013.jpg
↑試合終了後に思い出せば、この一戦はタイトルマッチであった。超ベテランタッグチームの手に渡ったベルトの運命や、如何に(ドスカラスに至っては引退表明をしているのだが)。


かつてブラウン管の向こうで活躍していた強豪外国人レスラーたちは、ハリウッドスターに劣らぬ輝きと存在感を放っていた。この辺りが最近のプロレスファンには伝わりにくいところのようで、飲み屋でそんな昔話をすると「過剰に神格化したり強さを求めたりして、それがレスラーのプレッシャーになって衰退に繋がったんじゃないですか? そんな価値観には、私たち全然興味ないですから」といった調子で何故か説教されたりする極端な例もあるのだが(…何でだよ?)、観る側も年齢と共に意識のフェードアウトを余儀なくされるものなのだろうか。

仮面貴族は、仮面貴族のままだった。往事と変わらぬたたずまい、身のこなしから眩いばかりのプライドが感じられた。会場に「スカイハイ」が響き渡った瞬間、何があっても土曜の5時半には帰宅してテレビの前に駆けつけた、懐かしい小学生時代の記憶が甦った。子供の頃、とにかく後楽園ホールへ行ってみたかったんだよなあ。40歳を過ぎて、その憧れの地でマスカラス兄弟を観るとは、夢にも思わなかったよ。

行って良かったですね、本当に。


[プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用