☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

瀧川鯉昇一門Tシャツ。

7月6日(土)上野広小路亭で開催される瀧川鯉昇一門会「鯉の放し飼い」より、約5年振りとなる鯉昇一門Tシャツが新発売となります。ええ、ワタクシが描かせて頂きました。

鯉昇一門 Tシャツ
↑価格は2500円。ドージョーアッパレでも別バージョン(色違い)を販売予定です。

何しろこの人数ですから(在京の一門では、弟子の数が最多とのこと)、そりゃもう描き甲斐がありました。真打ち、二つ目は、それぞれの得意ネタに由来する道具を手にしています。よく見ると刺さっている方もいますが。

というわけで一門会もかなりのボリュームで、なんと二部構成になっております。とにかく個性派揃い、「え、落語って、こんなに自由だったの?」と驚かれること請け合いですので、皆様も是非演芸場へ足をお運び下さい。義理など全く無関係にお勧めです。詳細は、下記イベントページにてご確認下さい。

『 鯉昇一門会~鯉の放し飼い~』
https://www.facebook.com/events/511961605526346/


[落語][Tシャツ][イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

昨日の出来事。

ちょいとした用件があり、昨日は夕刻前に仕事の手を止めて自宅を出た。目的地は松永光弘さん経営のステーキ店「ミスターデンジャー」。このところ音楽活動に熱心な松永さんだが、開店前のカウンターには見たこともないような楽器がズラリと並んでおり、その入れ込みっぷりはこちらにもビンビン伝わってくる。

松永光弘 ミスターデンジャー
↑「こんなのもあるんだけどさ…」と、オーストラリアの先住民族アボリジニの管楽器を吹き鳴らすデンジャー氏。かなりの肺活量が要求されそうだが、その音は何処か機械的或は金属的で、巨大な工場から響いてきてもおかしくないような音色だった。

ミュージシャンとして独特な方向へ向かっている松永さんと諸々の相談事を済ませた後、スカイツリーを横目に一路両国へ。こちらは完全に趣味の世界だが、息子にねだられてのWWEジャパンツアー観戦である。JRの車中から両国駅周辺、勿論会場前まで、目に入る人たちの殆どがオフィシャルTシャツを身に着けているのには圧倒される(ちなみに俺はアクラム・ペールワンTシャツ着用という天の邪鬼っぷり)。

「流石はWWE、グッズ収入だけで日本の団体を買収出来そうだなあ」とやや不謹慎なことを思いながら会場へ。超満員というわけではないが、客席は程よく埋まっている。試合開始となれば観客の盛り上がりも素晴らしくて、誤解を恐れず言えば、リング上よりも会場の雰囲気に煽られる感じだった。

休憩時間にトイレへ立ち、放水作業を終えて席へ戻ろうとすると、通路前の席によく見た顔…というか、かなり見過ぎた顔が。「あ、葛西さん!」…というわけで、葛西純選手御一家と偶然の出会い。葛西選手の息子さんもWWEファンとのことで、「親はキ×ガイ、子供はメジャー指向」という組み合わせに、妙にシンパシーを覚えるのだった。

130704-03.jpg
↑掲載の許可を頂戴しましたので有り難くアップさせて頂きますが、奥様も息子さんも実に素敵な笑顔であります。葛西選手のブログでもお馴染みの美し過ぎる御子息、「どちらかといえば父親似」ということで家庭内の結論は出ている模様。その件については、画像をじっくり眺めて各自検討のこと。

メインエベントはジョン・シナvsライバックのWWE王座戦。テーブルマッチということで大雑把な攻防が予想されたが、両雄の持ち味がぶつかり合う重厚且つ小気味のいい試合だったと思う。「これで世界中を回ってるんだもんなあ」という説得力にも感服。

130704-04.jpg
↑実は去年の横浜アリーナ公演にも行っているのだが、今回の方が試合内容含めて楽しめたような気がする。ここ最近は国技館といえばもっぱら相撲観戦だが、力士たちの残像と比較してもWWEスーパースターズたちはデカくてゴツい。スタイルはショーマンシップ全開でも、選手それぞれに強さが感じられるのは、流石は世界最大のプロレス団体というところだろう。

130704-05.jpg
↑両国駅前の海鮮居酒屋「はなの舞」(チムニー株式会社)店頭に設置された撮影用パネル、実は数年前に俺が描いたものである。記念イベントで配られる湯呑み用のデザインだったが、それにしても大胆に拡大したものだ。こうして自らを撮ってみると、まあ、パンダやアメどんに入るのと大差ないという気がしますな。

というわけで、プロレスもプロレスラーも、そのスタイルは改めて多種多様である。とにかく昨日は、終止唸りっぱなしの一日であった。うーーーん!


[プロレス、格闘技][イベント][イラスト、デザイン][日常]

ビックリハウス in ビックリハウス。

伝説の投稿雑誌『ビックリハウス』の元編集者さんが主催する宴席に参加してきた。こちらは年齢的にはギリギリ間に合わなかった世代だが、どうしてこんなことになっているのか…まあ、長くなるので割愛。

あらゆる職種の皆さんが集まった南阿佐ヶ谷の会場は、どう見ても普通の一軒家。玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて二階へ上がると、シャンデリアとカラオケセットが妙に目立つ広間に突き当たる。看板には音楽スタジオと書かれていたが、実際は多目的で空き部屋を貸し出すシステムのようだ(台所も使えるので、飲食物は基本的に持ち込み)。

ino.jpg
↑寧ろ会場自体がビックリハウス。料金体系など、新参者の俺にはまだ謎が多い。

参加者で最も若いのは30歳の女性で、次が俺。こういった環境の宴席は近頃珍しいが、頭上を飛び交う会話の殆どが自分が生まれる前の出来事なので、かなり興味深いものがある。「昭和」がテーマの集まりだったようだが、俺はその時代は17年くらいしか過ごしてないんだよね。まだまだ若輩者ですよ。

hige.jpg
↑主催者さんが持ち込んだ、昭和43年頃の少女漫画誌『マーガレット』。なるほど「成人男性→とりあえずヒゲ」という時代が、確かにあった気がする。一冊の雑誌で、これだけのヒゲですから。

dojin.jpg
↑昭和30年代(?)の児童誌より。今見ると、流石に衝撃的。まあ、大らかであるのは良いことで、ある種の潔癖性は、その一方で罪を大量に生み出すということでもある。

お土産のお菓子と野菜、ありがとうございました。フィリックスガムを噛んだら、歯の詰め物が取れかけました。


[日常]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用