☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

『輝きたいの』。

久しぶりの更新になるが…TBSチャンネルで放映された女子プロレスドラマ『輝きたいの』(1984)全4話を視聴した。素材としてのプロレスに、真剣に向かい合った脚本が素晴らしい。「八百長、ショー」という表現が随所で使われるのは、当時の風潮からすると大胆でありつつ避けられないところだろう。コーチ役の菅原文太が訴えるプロレス論は、その時代の熱心なファンたちの「理論武装」を切実に代弁したものである。「プロレスに理屈付けて観てもつまんない。面白けりゃ何やってもいいじゃん」というのは、少なくとも1990年代後半以降に生まれてきた感覚であることを、ロケ地の光景から「あ、大宮スケートセンター?」と咄嗟に察知するギリギリ最後の世代として申し上げておきたい。

役者さんたちの熱演も涙を誘う。右前のロックアップ、自分の首に相手の腕を回すスラム、背中から入って両腕でトップロープを掴むロープワーク等、彼女たちの動きは、ぎこちないものの完全に全女流。専門外ながら受け身もバンバン取っているが、それなりに叩き込まれたであろうことは、彼女たちの手足に見られるアザにも証明されている。これが芸能人魂というものだろうか。

それにしても今井美樹のドロップキックには仰天したよ。ドラマデビューでプロレスに開眼したかと思われた彼女が、この十数年後に「PRIDE」へ転向してしまったのは返す返すも残念だったが(←ボケるにも程がある)。

今井美樹 輝きたいの

ちなみに、いじめられっこの怪力娘を演じた女優さんは今も現役。新人王に輝く空手少女を演じた女優さんは、現在全く異なる業種でご活躍のようである。
http://www.the-season.net/fujisawa/intervew/oguri.html

まあ、「バックボーンのある新人が優勝する」という設定も、真摯といえばそういうものだよな。


[日常][プロレス、格闘技][イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

アメどん&ウェルモパンダ、『monoマガジン』に登場。

一寸のゆるキャラにも五分の魂、奇跡の表紙強奪! というわけで、当方デザインのアメ横イメージキャラクター、アメどんとウェルモパンダが、現在発売中の『monoマガジン』No.686(株式会社ワールド・フォト・プレス)にドカンと登場した。

monoマガジン アメどん ウェルモパンダ
↑中央の麗しき女性は、アイドルグループBiS所属の”優等生担当”テラシマユフ嬢。両脇をバケモノに挟まれたことで、愛らしい小顔がより引き立っている。

タイガー・ジェット・シンばりに「カバー、カバー!」と騒いだわけではないが、いざ発売となったら堂々と表紙を飾っていたので関係者一同ビックリ。アメどんの足が妙に長いのが気になるが、これも気合いの表れとご理解頂きたい。

20ページにも及ぶアメ横特集の中で、アイドルちゃんと珍獣二匹は丸々1ページを占拠。詳細は誌面をご覧頂くとして、とりあえず衝撃的だったのは、オリジナリティ溢れるゆるキャラたちの語り口調。ツイッター等とはやや異なる味わいをお楽しみ頂ければ幸いである(まあ、文字数の関係もあったのであろう)。

こういった有り難い露出をきっかけに、二匹の珍獣が大きく羽ばたくことを、生みの親として心より願うところであります。


『monoマガジン』公式ページ
http://www.monoshop.co.jp/shop/

ウェルモパンダ公式ページ
http://welmopanda.jimdo.com/

ウェルモパンダ(ツイッター)
https://twitter.com/welmopanda

ウェルモパンダ(FACE BOOKページ)
https://www.facebook.com/welcomemall


[イラスト、デザイン][着ぐるみ]

岩渕真也選手、三度目の防衛に成功。

「おーい、ブッ倒しちまえ、この野郎!」という酔っ払いの怒号が飛び交う後楽園ホールの情景は、あまりにも爽やかだ。KOが決まればそれっきり、誰にも文句を言わせない。まあ、そこは好き嫌いなんだが、俺は格闘技の「元も子もない」在り方に感情移入をしやすい。

岩渕真也

徹底したストイシズムを漂わせる格闘家の身体は、人間を破壊する為に鍛えられたものだ。彼らは、明らかに我々より神に近い位置にいる(俺は無神論者ですが)。強い者を強いと認めれば、世の中絶対に平和になると思うのだが、そこんとこどうだい?

試合終了のゴングを聞く岩渕選手の「勝って当然」という表情が、個人的に好きだ。実際の心情は極めて謙虚なのかもしれないが(まあ、いい人なんで)、あの不敵な面構えはどんなマイクアピールよりも雄弁である。

ちなみに、岩渕選手の似顔絵は、案外と描きにくい。何故か? リングに上がった瞬間から、人相が全く別人になってしまうからだ。

我々は、とんでもないものを観ているんですよ。


※岩渕真也Tシャツ、こちらでのお取り扱いは残り僅かです。お求めはお早めに!
岩渕真也 Tシャツ
http://appare-kikaku.com/index.cgi?011#head


[Tシャツ][プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用