☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

新年一発目…

で、いきなり何ですが、元旦に届いたこちらの年賀状、ご覧の通り差出人のデータが全く見当たりません。

2013nenga1.jpg  2013nenga2.jpg

毎年このような現象が、ひとつやふたつは発生するのですが…「お互いがんばりましょう」と言われても、そちら様が誰だか分からないので、がんばりようがないんですわ。えーと…どちら様でございましょうか。

手がかりゼロ、指紋を採るくらいしか手段がありませんな。

ちなみにお断りしておきますと、当方からの年賀状はまだ一枚も投函しておりません。昨年中に印刷は済ませてありますが、気が付いたら年が明けておりました。まあ、特に景気のいい抱負等あるわけじゃないので、ご挨拶は追々淡々とさせて頂きます。

では、股。


[日常]
スポンサーサイト

2012-2013(年末年始)その1。

毎年恒例の年末年始が、望んでもいないのに今年もやってきた。「ちょっと今、そういうテンションじゃないんだよね」とボヤいたところで、行く年も七福神も決して待ってはくれない。まあ、来ちゃったものは仕方ないし、とりあえず記録だけはしておこう。

◎12月26日

とあるプロレス関係者の方のお招きで、極めてプライベートな忘年会に出席。参加者は5人程度で、やはり会話の密度はかなり濃い。というわけでメンバーも内容も、ここではとても紹介出来ない。いきなり何のこっちゃ。

◎12月27日


忘年会等の予定が全く入っていなかった、空白の一日。実はまだ仕事が納まっていなかったので、朝から晩まで作業に没頭…のはずが微妙に集中力が高まらず、このような↓落描きなどを挟みながら、のらくらと一日を過ごす。近頃またよく見るじゃない、このマーク。鳥羽一郎(大漁のロブスター付き)、畑正憲(謎の小動物付き)、タケちゃんマン、クリスタルキングのご両人…五人もいれば、かなり分厚いサウンドが奏でられるはず。

BOOWY

◎12月28日

ネクロ・ブッチャーさんがビールを30杯飲んだことで知られる高円寺の「Ann」が、常連さんたちに惜しまれつつ閉店。この日が最後ということで、居ても立ってもいられず駆けつけてきた。これまで絵描きとして応援して頂いてきたので、記念に店主と調理長の似顔絵を色紙に描いて持参したのだが、実際に本人たちを目の前にすると「…これ、似てねえんじゃねえか?」という疑念で頭がいっぱいに。意を決して「はい、コレ…」と差し出したのは、入店から5時間を経過した頃だった。まあ、程よく気持ちよく酔っぱらったということであろう。ありがとう、そしてさようなら、「Ann」。

高円寺 ann

◎12月29日

RAISE A FLAGのヴォーカリスト、家富さん主催の忘年会に出席。気心知れたメンバーが揃って、とことんリラックスした飲酒を楽しんだ。それにしても、今更ながら力士のパワーは凄まじい。体重50キロ足らずの俺なんか、片手で吊り上げて振り回しちゃうんだから。軽自動車なら余裕でひっくり返せる人たちだけに、そんな程度は朝飯前といったところだろう。

121230.jpg

◎12月30日

2012年最後のプロレス観戦となる、大日本後楽園大会に足を運ぶ。アブドーラ小林プロとMASADAさんの「日米デスマッチ王対決」は、期待に違わぬ暴力と壮絶な受けの連続で観る者を圧倒。MASADAさんに「いい試合をしよう」という意識が多少あったようにも見受けられたが、やはりやっていることはムチャクチャなのであった。試合後は朝までじっくり飲酒。プロレスラーほど自分の商売について語れる職業人を、俺は他に知らない。

MASADA  MASADA

◎12月31日

IGF両国を観戦のつもりが、ひょんなことから「DREAM.18 GLORY4 ~大晦日 SPECIAL 2012」にあっさり浮気。総合と立ち技の二本立てということで、トータル8時間にも及ぶ長丁場となったが、ダレた試合は特になく、振り返ってみれば内容的には充実していたように思う。グローリーの「対戦者同士が同時に入場」「2分2R終了時に、1ポイントでも差があれば試合終了」という設定は、西洋的な合理主義に基づいて実に秀逸。選手のことを思えば残酷ではあるが、観客がアグレッシブな試合を期待するのは当然のことである。で、リング上にどういった効果が見られたかというと、やっぱり優勝はセーム・シュルトなのであった。「打倒シュルト」は全人類共通の目標となった感さえある。彼だけは膝立ちで闘うなんてルールは…あまりにも合理的過ぎるか。

セーム・シュルト

次回は、2013年の元旦からの数日間を記述の予定。まあ、ちょこちょこ思い出します。


[日常][プロレス、格闘技][イベント] [イラスト、デザイン]

2012-2013(年末年始)その2。

というわけで、こちらではやっと年が明けまして。先ずは三が日の様子を…。

◎1月1日

前夜の格闘技観戦から日付を跨いで一人で帰京。2013年最初の食事は、ジョナサンのチキンステーキだった。忘年会続きで胃腸の調子が悪く、帰宅後は缶ビール一本だけ飲んで明け方に就寝。

一眠りしてからゼロワン後楽園の元旦興行へ。遅刻をしたので慌てて客席へ向かうと、背後から「Hey, Sei!」の声。振り向けば、ニコニコと手を振るMASADAさんやケリー・スケーター選手らの姿が。ここ数年、年末年始の日本は、実はちょっとしたガイジン天国である。まあ、「Happy new year」なんて洒落た挨拶、今までの人生では試したことすらなかったな。

ZERO-ONE

午後6時半からは場所を新宿に移して、地下プロレスEXITを初観戦。2005年以来の友人であるオーストラリア人レフェリー、ダニエル・バーモントが、現役最後のリングに臨むのである。年が明ける前、上野の居酒屋で酒席を共にしたダニエルに「どうして引退を選んだのか?」と質問した。彼は無言で俺の右手を取り、それを自身の肩に導いた。その状態で彼が首を動かすと、不自然に動く軟骨のようなものが指先に触れる。今、レフェリーを辞めれば、今後の日常生活に支障はないという。まだ三十代、長い人生を考えたら賢明な選択ではある。

ダニエル最後のレフェリングは、高岩竜一選手vs冨宅飛駈選手のトーナメント決勝戦。巨体の背筋をピンと伸ばしながら、彼はいつも通り紳士的な佇まいで試合を裁いた。全試合終了後には、引退セレモニーと10カウントゴングという主催者からの粋な計らい。レスリングを愛し愛された、ダニエル・バーモントの12年間のキャリアに、改めて敬意を表したい。

ダニエル・バーモント

◎1月2日

この時期は毎年のことだが、連日の後楽園ホールということで大日本プロレス観戦。我々だけでも7名いたのだが、他にも結構な数の知り合いが来場していたので、方々で年始の挨拶を交わすことに。リング上では「新年一発目、ガツンとやってやるか」的な気合いが選手たちから感じられて、メインを極めつけにおとそ気分を吹き飛ばすような試合が続出。欲を言えば、葛西選手とCZW勢との絡みは、もっと「上」でも見てみたい組み合わせだ。

試合終了後の宴会で飲み足りなかった為、帰路の下北沢で途中下車して、WREスタッフのさっちゃんと明け方まで二次会。何とか無理をしてでも、今年も面白いイベントをご提供していきたいと思う。

MASADA 葛西純  アブドーラ小林

◎1月3日

とある友人から「飲みに行こう」と誘われていたものの、先方からの連絡が昼過ぎから途絶えて結局オジャン(死語)に。まあ、終日仕事に当てられたし、飲酒疲れを取るには好都合だったと納得しておこう。

深夜になって、IGF両国を地上波テレビ観戦。問題のメインについては深読みの楽しさが多少はあったものの(例えば、何故藤田選手だけがグローブの下にバンテージを巻いていたのか、等)、とりあえずは何かを匂わせることに終始した印象。総合格闘技が何試合か組まれた興行でのメインである以上、「ああせざるを得ないのかも」というのが正直な感想だ(猪木イズムというものがもし存在するなら、それは競技性や格闘性ではなく、個人的には喧嘩のメンタリティだと思っている)。とにかく、難し過ぎるシチュエーションだったことは間違いない。とはいえ、橋本vs小川をオマージュとするのは、ちょいとサービス過剰(?)だったかな。試合自体が面白かったかといえば、そりゃ、まあ、言うまでもないというか。

もっとも俺もそろそろ古い方なので、プロレスに一回毎のハッピーエンドやノーサイドの感動なんて、正直これっぽっちも求めていない。全国が浮かれている大晦日に堂々と謎掛けを披露して、古希直前のアントニオ猪木が客にキレまくるという、そんな破廉恥さは、ある意味プロレスに独特な展開。薬物問題でクビになった若麒麟を、こともあろうか大麻が一部合法のオランダで修行させるセンスもいいし、髷にまわし姿、グローブ着用でミルコとシュートというシチュエーションは、個人的にはメイン以上にスキャンダラスだった。人を引きつけるものには、往々にして毒気と不謹慎さ(時にエロティシズム)が伴うものである。

お金を払って観たわけではないので無責任なことは言えないが、俺はやっぱりIGF好きだなあ。まあ、混乱の中で強行された「ダーッ」の際の、ミルコのニヤニヤ顔がどうしても記憶に残ってしまうのだが。

鈴川真一

年末年始の記録は、あともう一回だけ掲載予定。日記らしい日記ってのも、何だか新鮮だ。


[日常][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技] [イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用