☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

アメ横ウェルカムモールにて新グッズ発売です。

2011年春に衝撃のデビューを果たした、アメ横ウェルカムモールのイメージキャラクター、ウェルモパンダ(当方デザイン)ですが、実はこれまで販売用のキャラクターグッズがひとつも作られていなかったんですな。アームリング(ダッコちゃんタイプ)やシールといったものは、販促品及びイベントのプレゼントとして利用されておりまして。まあ、アメ横さんも太っ腹といいましょうか。

というわけで「ありそうでなかった」ウェルモパンダの販売用オリジナルグッズ第一弾が、この度ドカンと登場しました。

ウェルモパンダ ピンバッヂ
↑どや、キュートやろ?

こちらのピンバッヂ、サイズは横幅が約2.5センチ、価格は525円(税込)となっております。デザイナーの当方としても、大変満足な出来映えです。ウェルカムモール内の取扱店にて絶賛発売中ですので、皆様ひとつ臾艢塒齲お願い申し上げます。

デスマッチから、パンダちゃんまで…ピーンッ。(←背筋を伸ばした際の独特のサウンド)

※11/23、24、25の三日間『アメ横ウェルカムモール大感謝祭』が開催されます。詳細はこちら↓のページで御確認ください。
http://www.ameyoko-welcome-mall.jp/


[イラスト、デザイン][着ぐるみ]
スポンサーサイト

岩渕真也選手、二度目のタイトル防衛に成功。

メディアへの露出も増えて、このところ人気上昇中の日本スーパーライト級王者、岩渕真也選手の二度目の防衛戦が去る11月3日に後楽園ホールで行われた。果たしてベルトの行方や、如何に…って、ブログのタイトルで軽くバラしておりましたな。まあ、能書きはいいや。


岩渕真也
↑威勢のいいデザインながら、実に殊勝な文言が並ぶストイックな横断幕。

岩渕真也
↑お馴染みのガウンと王者の風格を纏いながら、堂々とリングインした岩渕選手。まあ、見てくださいよ、この鍛え込まれた豪腕を。想像しうる範囲で最も厄介な使い道といったら…そりゃまあ、人を殴ることでしょうな。

岩渕真也
↑初防衛戦では立ち上がりに慎重さが伺えたものの、今回はいい意味での余裕が感じられたチャンピオン。ギラつくような視線の挑戦者とは対照的な表情だ。ちなみに対戦相手の長瀬選手は、こちらも実は「シンヤ(慎弥)」さん。この試合はベルトだけではなく、真の「シンヤ」の名を掛けた"シンヤ・コントラ・シンヤ"として行われたのだった。ウソだけど。

岩渕真也
↑この勢いで迫られるんだから、いやあ、堪らんよなあ(思いっきり素で)。で、これをかわして打ち返したりするのだから、プロの拳闘とは本当に凄まじい。

岩渕真也
↑静止画像でも重さが伝わるメガトン・パンチ。挑戦者の頭髪は、さながら爆発コントのオチ状態に。

岩渕真也
↑まあ、実際このくらいの迫力はあった。
※画像はアメコミ合成です。

岩渕真也
↑ヘッドロックに取られたチャンピオン、挑戦者をロープに振って…って、そんな訳がない。目まぐるしい攻防の中で、偶然こんな体勢になることもあるのだ。

岩渕真也
↑中盤戦を過ぎても、落ち着いた表情を維持していた岩渕選手。誤解を恐れずいえば、観る者に不安を与えるような必死さが、試合中に全く感じられなかった。対戦相手にしたら、これは不気味だろう。

岩渕真也
↑7Rに爆発した相手コーナーでの猛ラッシュ。チャンスを掴んだ際の畳み込みと勝負強さは、岩渕選手の最大の武器ではないだろうか。この状態からダウンを奪われた挑戦者は、10カウントを数えられるまでもなくKOを宣告された。

岩渕真也
↑見事V2を果たしたチャンピオン岩渕選手。きっちりKOで決着を付けて、打ち上げの時間確保にも大いに貢献した。ちなみに隣りの東京ドームでは日本シリーズが行われており、仮に判定までもつれ込めば5万人の群衆と帰路が「バッティング」するところだった。まあ、野球とボクシングだけに。


岩渕選手が勝利したメインは大変な盛り上がりだったが、その前に組まれた酒井選手とシャムガル選手の一戦も手に汗握る激闘だった。互いに顔面を腫らしながら、何かに取り付かれたかのようにフルラウンドを打ち合った両雄に、我々観客は惜しみのない拍手を送った。

見応えのあるセミファイナルの攻防を格闘技ファンとして十二分に堪能したが、こういった好勝負を岩渕選手に求める向きは我々の周辺には皆無だろう。(多少間接的であっても)身近な立場で応援している選手には、極力早い回でスカッとKO勝利してもらいたい。

それを考えると、セミファイナルの死闘に拍手を送っている我々の客観性は、もしかしたら物凄く残酷なものかもしれない。しかし、そこに格闘技の奥行きや色気の存在があるはずで、ボクシングでも俺はなるべく第一試合から観るようにしている。

まあ、しかしボクサーってのもニクいですな。ありゃまあ、モテるだろー。他人から「カッコいい」と思われる機会が、俺なんか人生にひとつもないですからな。ああ、ニクい…もう応援するの止めようかなあ。なんつってな。


※岩渕真也Tシャツ、こちらでのお取り扱いは残り僅かです。お求めはお早めに!
岩渕真也 Tシャツ
http://appare-kikaku.com/index.cgi?011#head


[Tシャツ][プロレス、格闘技][イベント]

メリケンサック秘話。

今から18年前の1994年…FMWの後楽園大会を観戦後、「近くでレスラーを見たい」という友人を連れてホールの駐車場へ向かった。丁度そこに試合を終えた松永光弘さんがやってきて、群がるファンに「これ、持っていって」と鉄板のようなものを配り始めた。受け取ったそれは、異常にゴツいメリケンサックだった。大ファンである選手からの頂き物ということで、非常に興奮して帰路に付いたことを憶えている。

で、昨日、松永さんご本人に「これ、記憶にあります?」と件の凶器を見せたところ「ああ、後楽園の地下(駐車場)で配ったヤツだ」という明快な回答。

松永光弘 メリケンサック
↑現役を退いた今も、こんな物騒な凶器が似合ってしまうのだから「流石はミスター・デンジャー」と唸る他ない。

松永さんの拳にぴったりとはまる巨大なメリケンサックは、知人の鉄工所社長が作ったものだそうだ。商品化を前提に量産したのだが、「販売した凶器で事件が発生した場合、売り手にも責任が生じる恐れがある」と分かり、慌てて企画を撤回。結局はファンに配るしかなくなり、偶然この俺の手にも渡ったということである(売られていたら当然購入したはずだが)。

そんな秘話と18年越しのサインをデンジャー氏から頂戴して、当時の気分を思い出しながら帰路に付いた。まあ、長年見ていると、こういう面白いこともあるんですよ。

※ミスターデンジャー公認Tシャツ、流石に残りが少なくなって参りました。
ミスターデンジャー Tシャツ
http://appare-kikaku.com/index.cgi?001#012


[プロレス、格闘技][日常]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用