☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

菊永淳一(菊リン)さんのTシャツ。

…なめとんのか、コラア。このシャバ僧があ! というわけで、今回は過去に例を見ない方面のデザイン仕事を、堂々ご紹介させて頂きたいと思います。

菊永淳一さん 菊リン
↑解説不要、問答無用のこの迫力。(画像提供:菊永淳一様)

えー、まさかの「ビー・バップ」ですな。中学生の頃から制服ひとつ弄ったことのない、実に真面目な(しかし腹黒い)少年時代を送ってきたワタクシが、まさかこのようなデザインを承る日が来るとは…25年くらい前の自分が知ったら驚くだろうなあ。

とはいえ、世代的には漫画も映画も当時の勢いを憶えていますし、現在に続く菊永淳一さんのご活躍も存じておりまして。吐いた唾だけは絶対に飲むまいと、シャバいなりに頑張ったのが、こちらの作品でございます。ちなみに「Don't FU*K with me!」というのは「ナメんなよ!」という意味です。往生せいや、コラア。

菊永淳一さん 菊リン
↑ドレスアップされた高級車が集うイベント「ジャンクションプロデュース杯」の会場でも大好評だったとのことで誠に光栄であります(ちなみに俺は原付免許すら持っておりませんが)。現在品薄状態とのことですが、菊永さんのブログで販売が再開される可能性もありますので、購入ご希望の方は下記リンクを随時ご確認頂ければ幸いです。そこんとこ臾艢塒齲。

「菊りんビーバップ・ハイテイション」
http://ameblo.jp/kikurin-jpb/


菊永さん出場のイベント/9月14日(金)新木場1stリング
『どきッ!女だらけのキャットファイト祭2012 フライデーナイトフィーバー』(主催:CPE)
http://www.catpanic.com/E9.htm



[Tシャツ][イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

富士山散歩。

いつもながら速報性が皆無で恐縮だが、先週あの有名な富士山で散歩をしてきた。努力や苦労、目標への挑戦、その方法論としてのスポーツ、そういったものとは一切無縁に暮らしている俺にとって、これは単なる散歩に過ぎない。かなり苦しい思いもしたが、善良な皆さんからみたら「これまでサボって生きてきたツケ」と苦笑いされる程度であろう。いやあ、しかしエラい所へ行っちゃったよ。


アナグマ
↑5合目へ向かう山間の車道に動物の死体。行く末にいきなり暗雲の予感が…。「タヌキか?」とクルマから降りて確認したところ、どうやらこれはアナグマ。ミュージシャンの山口君が「このまま放置したら、また轢かれてしまう」と、いきなり素手で路肩まで亡骸を運んだのには驚いた。いいヤツだな、君は。

富士山
↑5合目に1時間程滞在、薄い酸素に身体を慣らしていざ出発。この時点で早くも頭痛を覚えて「ヤバいなあ…」とヘッドライトを外したら、ウソみたいにスッキリ。キツ過ぎたベルトを緩めて再装着。孫悟空かよ。

富士山
↑流石に標高2千メートルを越えれば、我等がウェルモパンダもパンパンにパンプアップ(パンばっかり)。この環境にあって表情も顔色も変わらないのは、やはり下町育ちの意地というものであろう。

富士山
↑6合目にて御来光(日の出)。気温10度以下、立ち止まれば震える程の寒さだったのに、太陽の光が差し込むや突然ストーブに当たっているかのような暖かさ。遮るものが全くないので、直射日光にも程がある。

富士山
↑すっかり明るくなってから散歩再開。疲れる前に随時休憩を取らないと、確実にスタミナ切れしてしまう。大小の岩がゴロゴロした足場は、見た目以上に歩行が困難。それなりのシューズと杖がなければ、自分のような初心者の手(足?)には先ず負えない。

富士山
↑山の天気は変わりやすい。雲の中に入ればサッと曇ってしまうし、そうかと思うといきなりカンカン照りになったりする。気温の変化に合わせてこまめに服装を変えないと、汗が冷えて体温が低下する恐れがある。いざ山に入ってしまうと、何かと脅されてばかりですわ。

富士山
↑9合目に辿り着いた時点で「よし、これは行ける!」と気合いが入ったのだが、実はここからが辛かった。ズバリ、高山病になっちゃったんですよ。真っ青な空と赤い火山岩とのサイケな風景の中で、突然の目眩と吐き気、そして息苦しさ。まるで海中に沈められたかのような感覚に襲われる。頭上に目的地が見えているのに、幾ら進んでも近付くことがない(例えは古いが『スペースハリアー』の背景のようだ)。腹式呼吸が乱れた頃には「これって、限界なのかなあ…」と思わず呟いてしまったが、険しい登山道を逆に降りる方が余程危ない。後から思えば、身体的な苦痛を、ある種の恐怖が上回っていたのだろう。横になるにもスペースがないし、本当に参ったわ。

富士山
↑「この野郎…」と意地を張って、どうにか10合目(山頂)まで到達。経験豊富な成嶋君(上野屋シャツ店)の指導がなければ、とてもここまでは辿り着けなかったはず。日本一疲れた人たちが集まるエリアは、ほどほどの静けさで我々を安心させた。

富士山
↑ご覧のように、この日降った初雪が白々と残る山頂部。とりあえずホッとしただけで特別な感情を抱く余裕はなかったが、呼吸が落ち着いてくるにつれて、何故か「ざまあみろ」という気分になってきた。まあ、所詮は散歩だけどさ。

富士山
↑深過ぎて底が見えない富士山の火口(見えないから、どうなっているのか分からない)。写真だとスケールが全く伝わらないが、穴の周りをグルリと一周するだけで、軽く1時間は必要とのこと。まあ、飛行機から見ても、あんなにデカい穴だもんなあ。

富士山
↑あまりにも酸素が薄いので、早速下山。登山道とは違って砂地なので幾らかは歩きやすいが、足首の角度と使う筋肉が変わるので、肉体的負担はそれなりに大きい。バランス感覚の問題なのか、階段を降りるのが下手な俺には、かなりキツい状況。それまでの疲労もあって、脚の動きが気持ちについていかない。最終的には開き直って、いつものガニ股でペタペタ歩きましたけどね。

富士山
↑普段使っているスポーツシューズを履いてきた山口君は、やはり膝を痛めてしまった。まあ、「山口が山でヤマいった」といったところか。動けなくなってからでは遅いと、自分の膝サポーターを外して山口君に装着する成嶋君。その上、リュックまで持ってやったのだから凄まじい男らしさだ。成嶋君の男気には、この日何度も唸らされたものである(この後も延々と)。

富士山
↑山小屋に立ち寄り、山中最後の食事。ゆで卵を4個も注文した成嶋君は、ニシキヘビのようにそれらをペロリ。俺と山口君は、1杯700円以上もする高級カップヌードルに舌鼓。まあ、家で食うのと味は変わりませんでしたよ(当たり前)。

富士山
↑須走ルート名物、「砂走り」なる下山道。「大股で走れるから楽だよ」と成嶋君から聞いていたものの、実際に入ると深い砂に足を取られたり、思ったよりも石がゴロゴロしていたりで、最後まで慣れることがなかった。やはり何事にもセンスは必要ということだろう。

富士山
↑登り10時間、下り6時間…計16時間掛けて、どうにか出発点(五合目)に帰還。肉体的な苦痛は大変なものがあったが、何かがひとつ欠けても上手くいかなかっただろうし、天候などを含めて運も良かったのだと思う。ここで気を抜いたのがいけなかったのか、帰宅の車中で完全にグロッキーとなった俺と山口君は、極度の疲労により交互にクルマから降りては嘔吐を繰り返すことに。より重症だった俺は、手足の痺れから携帯電話も掴めない有様。胸が潰れたようになって呼吸もままならず、生まれて初めて「苦しい、辛い」と人前で口にする羽目となった。一時は救急病院まで探す程の事態となったが、献身的な成嶋君のお陰で何とか自宅に到着。最後の最後で、こんなことになろうとは…やっぱりナメてかかっちゃいけないな、散歩というものは。


富士山は宇宙だった。酸素の薄さもさることながら、岩と砂だらけの荒涼とした光景は、最近取材で観た映画『プロメテウス』の舞台である前人未到の惑星を想起させた。山中で覚えた独特な身体的感覚は、何故か今となっては明確に思い出すことが出来ない。「ひたすら苦しかった」としか言い様がないのは不思議だが、やはり日常とは別次元の場所だったということなのだろう。

「日本人なら、一度は富士山へ行ってみろ」は、とても言えない。やたらに他人へ勧められる場所ではないからだ。それでも貴重な経験をしたのは確かで、あと1年もしたら「また行ってみようかな…?」と思っちゃう可能性もあるから怖い。まあ、それはともかく街中での散歩は、今後も続けて行こうとは思う。のんびりやってたって、本気で続けていれば、いつかはゴールに到着するんだからよ。


[日常]

「J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 4th~」。

9月16日、新宿フェイスにて女子キックボクシング「J-GIRLS」を観戦。久しぶりの格闘技ということで、期待に胸を膨らませながら会場へ。リングサイドに漂うタイオイルの匂いに鼻孔をくすぐられて、興奮度はいよいよ高まっていく。いやあ、しみじみと、いいもんですな…。


聖☆羅
↑キュートなお顔がロープに隠れてしまったが、"JKプラチナホープ"(Jun Kasaiに非ず)こと聖☆羅選手(左)は、切れのいいハイキックをビシビシいわせて判定勝利。今時の学生さんは発育がいい、といったレベルを遥かに超越した健康優良児っぷりである。

白石瑠里
↑白石瑠里選手(左)は、終止気迫を押し出して元スーパーフライ級王者の勝山舞子選手に判定勝ち。勢いの差がそのまま勝敗に直結するので、選手たちの気合いは揃って半端ではない。

谷村郁江
↑「団地で一番美人の奥さん」といった雰囲気の谷村郁江選手は、元チャクリキ王者の難波久美選手に判定負け。勝者の写真も載せたかったが、動きの速さと4本のロープに阻まれて上手く撮影出来ず。

小笠原暎作
↑1試合のみ組まれた男性の試合、小笠原暎作選手(左)が、圧倒的な手数でダイナモ☆プチ選手に判定勝利。女性のそれとは明らかに異なる、猛烈な打撃音で客席を沸かせた。

アイスリボン
↑山本ヤマモ雅俊さんプロデュースの女子プロレス「アイスリボン」のタッグマッチ。熱烈な女子プロファンの一種独特なノリに後押しされて、選手たちも大ハッスル。キック用の固いマットでは勝手が違うはずだが、容赦ないブレーンバスターやジャイアントスイング等で格闘技ファンを驚かせていた。「レスラーとはバンプを取る商売である」ということを改めて認識。

J-NETKICKBOXING GIRLS
↑秋のお尻祭り。山田五郎先生も納得するであろう、見事な五つ星りがズラリと並んだ。ワタクシの好みは…いや、敢えて言うまい。

美保
↑手足の長い両者が向かい合うと、さながらインパラとカモシカの闘いのようである。クンフーの三節棍を振り回すような打撃戦は、僅差の判定で美保選手(左)が白築杏奈選手に判定勝利。

紅絹
↑徹底して牛キャラを貫いていた紅絹(もみ)選手。セコンドのTシャツも、ご覧のモーモーっぷり。この尻尾のアイデアは、なかなか秀逸である。試合では三堀“SMILE”美弥子選手相手に判定3-0の完勝。緩急自在で落ち着きのある試合運びは、流石ランキング1位といったところか。

大石ゆきの
↑空手家同士の凄まじい打撃戦を判定で凌ぎ、見事初防衛に成功した大石ゆきの選手。人を殴り倒そうとする時は、女性でもこのような表情になるのである。女房がこんな顔をして玄関に立っていたら、3日間以上の家出に追い込まれるのは確実であろう。

山本ヤマモ雅俊
↑リングアナウンサーとして美声を響かせた山本ヤマモ雅俊さん。判定時の得点表を集計したり、ラウンドガールに指示を出したりと、ありとあらゆる業務で終止気の抜けない様子だった。リングに上がる人たちは、誰もが闘いの中にあるということなのだろう。


昨年2月にも「J-GIRLS」を観戦しているが、相変わらず闘争心全開の打ち合いで、実に清々しいものを感じた。女性の立場にも色々とあって、それは学生だったり、OLだったり、主婦だったり、子持ちだったりするわけだが、闘いを通してそういった人生のバックボーンのようなものが見えてくる気がするのも興味深い。意地のある者の闘いこそ見応えがあるというか。いいものを観させて頂きました。


[プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用