☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

長らくサボッておりました。

かれこれ3週間ほど更新をサボっておりましたな。ちなみに「サボる」の語源は、フランス語のサボタージュにあるといいますが、その意味は…知りたいことは自分で調べた方が身に付くみたいですよ。

とりあえず、このところの諸々から当たり障りのないところを…。

◎コラムの執筆を担当させて頂いている携帯映画サイト『映画野郎』が、この度メールマガジンでも配信されることになった。詳細は下記の通りですので、皆様ひとつ宜しくお願い申し上げます。

■映画野郎【メルマガ版】 登録サイトはこちら!(有料)↓
http://www.mag2.com/m/0001536796.html
(【価格】315円/月 【発行周期】毎週 月・水・土曜日)
登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読み頂けます!

■映画野郎【無料メルマガ版】登録サイトはこちら!↓
http://www.mag2.com/m/0001536793.html
無料ですのでお気軽に!

◎徹夜明けにたまたま日テレの情報番組を眺めていたら、とあるコーナーのBGMにプリンス「Starfish And Coffee」が使われていることに気付いた。普段観ない番組だから知らなかったが、朝にピッタリな曲であることは確か。そういえばこの曲、1996年の来日公演「The Ultimate Experience Tour」でも演ってなかったかな? …あれっ、別のツアーだったかなあ?(←本当にファンかよ)

◎息子がベタを飼い始めた。命名をするにあたり、タイ国の闘魚ということで「シーソンポップ」だとか「パーヤップ」だとか「カオサイ」「ディーゼルノイ」「センチャイ」「サーマート」「サムゴー」といったところを勧めたが、息子の独断で「トム」に決定。随分とベタ、いやバタ臭い名前になったものである。

ベタ

…って、まさか「トムヤムクン」の「トム」なのか?

◎6/13は三沢光晴氏の命日だった。訃報を知った時「プロレスが最終回を迎えたのかもしれない」という漠然とした不安を覚えた。深夜になって、ある女友達から電話があり「リングで死ねたことは本望かもしれないよ?」という彼女に「いやあ、死ぬことに美学はないよ」と答えたことを思い出す。しかし我々には、それ以上議論する気力はもう残っていなかった。

三沢光晴 イラスト

あれから、もう3年か…。

◎マッドマン・ポンドさんの秘蔵っ子、クレイジー・マリー・ドブソン嬢が来日。女子プロレス団体のレイナ・ワールドで修行中の彼女は、なんとまだ18歳というヤングなおギャル。オウム特別手配犯の逃亡年数程度の年齢ということになるが、赤ん坊がプロレスラーになるくらいまで捕まらなかったというのも改めて凄い話である(まあ、妙な言い方だが)。

クレイジー・マリー・ドブソン

彼女とは以前からFacebookで連絡を取り合っていたが、初対面となったのは6/14のZERO1後楽園ホール。表情や声色はまだあどけないものの、額に走る数本の傷跡には「流石はポンドさんの弟子だな」と唸らされるものがある(アメリカでは有刺鉄線、蛍光灯、画鋲といったデスマッチを体験済みとのこと)。

相手が誰であっても、満面の笑顔で「バカガイジーン!」と自己紹介する愉快な彼女については、今後も追ってご紹介していきたいと思う。いやあ、面白い人たちばかり来るよなあ。

◎ドージョーアッパレ主催の落語会『格闘演芸道場WRE』(7/6落語カフェ/神保町)絶賛営業活動中。演芸専門誌『東京かわら版』編集部にチン入してみたり、プロレス会場でフライヤーを配ってみたり、プロモーション映像を公開してみたり…詳細につきましては、是非とも公式ブログでご確認ください。イベント当日まであと僅か、ギリギリまで無駄な抵抗をしますよ、我々は!

東京かわら版

『格闘演芸道場WRE』公式ブログ
http://ameblo.jp/wre-staff/



[プロレス、格闘技][イベント][イラスト、デザイン][日常][映画][落語][音楽]
スポンサーサイト

岩渕真也選手、日本タイトル初防衛戦。

今年2月のタイトル挑戦で、見事日本スーパーライト級チャンピオンの座を獲得した岩渕真也選手(草加有沢)だが、ベルトは貰いっぱなしというわけにもいかず、やはりランカーからの挑戦を受けねばならないのだった。というわけで迎えた初防衛戦の舞台は6月29日、後楽園ホール。新王者のコンディションについては「減量は順調、体調万全」と聞いていたものの、勝負ばかりは予想外の事態が起きかねない。さて、注目の一戦や如何に…?

岩渕真也
↑後楽園ホールは本来ボクシング用の会場。故に現役チャンピオンの写真がロビーに飾られている。まあ、国技館の優勝額みたいなものですな。

岩渕真也
↑200人以上の大応援団に迎えられてリングインした岩渕選手。毎度も言っているが、背中のキャッチコピーを描いたのは俺。そりゃまあ、遊びじゃないでしょう。

岩渕真也
↑1Rから豪腕を回転させていく岩渕選手。初防衛戦という状況がそうさせたのか、いつもより幾らか慎重な立ち上がりに見えたのは気のせいか。

岩渕真也
↑体勢を低くして入り込もうとする挑戦者と頭がゴッツンコ。故意のバッティングとアナウンスされたが、小澤選手の左眉からは、客席からでも分かる程度の出血が見られた。

岩渕真也
↑紫ずくめの岩渕大応援団。プロレス興行の際に見られる北側のステージ席がないのは、移動してリングになっているから。左右のステージを合体させると、正方形のボクシング用リングになるんですよ。よく見るとステージの角に鉄柱を差し込む穴が空いているので、憶えていたら確認してみてください。

岩渕真也
↑中盤戦に入り、挑戦者のパンチがクリーンヒットする場面も。岩渕選手がロープ際で棒立ちになりかける場面もあったが「攻撃に緩急を付けてチャンスを伺う戦略」ではないかと、K-1MAX、Crush等でお馴染みのキックボクサー、山本優弥選手は解説していた。


岩渕真也
↑岩渕選手の重いボディブローが、幾度も挑戦者の腹部をえぐる。しかしダウンを奪うことは出来ず。試合後に映像を観た関係者は「これだけ食らって倒れないのは……気持ち悪いくらいだな」と挑戦者のタフネスっぷりを独特の表現で評価した。

岩渕真也
↑後半戦に入っても岩渕選手の攻撃はダイナミック。ホームランバッターのように一発を狙うスタイルは痛快だが、とにかく挑戦者が丈夫過ぎて倒れてくれない。勿論、精神力の強さもかなりのものがあるはず。

岩渕真也
↑「そこだ、行け!」という時に本当に突っ込んでくれるのも岩渕選手の魅力。親の敵のように殴り掛かっていくが、それでも挑戦者は倒れることがない。ハードパンチャーの王者相手に、対策も気合いも万端の状態で挑んだのではないだろうか。オザワという名に悪い人はいないものだが、それにしても思いがけず立派な選手だった。

岩渕真也
↑10Rフルに闘い抜いた結果、手数、有効打共に優位だった岩渕選手が判定勝利。激しい消耗戦を制した王者に、客席から万雷の拍手が降り注いだ。KOこそ逃したものの、岩渕選手の新境地を見られたことは収穫。

岩渕真也
↑見事初防衛に成功、岩渕選手は今後何処へ向かっていくのだろうか。大興奮冷めやらぬカナリヤ化粧品のU子ちゃんは「え、タイトルマッチって何? …ええっ、負けたらベルト取られちゃう試合だったの? うそー、よかったー、持ってかれなくて!」と、こちらの想像を遥かに超えた次元で激戦を振り返っていた。

岩渕真也
↑Tシャツ用に描いた絵ではなかったのだが、岩渕選手ご本人に気に入って頂いたそうで、何とかこのように製品化。応援団のほぼ全員がこのシャツを着ている様は、感動する以前に何だか笑っちゃったよ。

両選手のベルトに掛ける執念が正面衝突した、激しく素晴らしい試合だった。KO率の高さが売りの王者に豪快な一発を期待していたファンは多かったはずだが、アグレッシブに狙っていく姿勢はいつも通りだったし、今回の試合については挑戦者である小澤選手のガッツとタフネスさを評価するべきかと思う。

それにしても格闘技というのは残酷なもので、選手にとって苛酷な展開であるほど、我々観客には刺激的でエキサイティングな試合になるのである。試合後に岩渕選手の腫れ上がった顔面を目の当たりにして、今更ながらそんなことを考えさせられた。でもなあ、また、次に期待しちゃうんだよな。


※記事中の岩渕真也選手公式Tシャツは『ドージョーアッパレTシャツ販売所!』にて限定数販売しております。詳細のご確認、ご購入はこちら↓でどうぞ。
http://appare-kikaku.com/index.cgi?011#head


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用