☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

デスマッチは、痛い。

松永光弘さんのブログ『またくるゆるさん』に、「痛み」と題されたエントリーが掲載された。数々のデスマッチを考案、実践してきた松永さんが、幼少時の思い出とはいえ肉体的な痛みについて触れているのは非常に興味深い。

葛西純 背中
↑現役最狂のデスマッチ・ファイター、葛西純選手が背負う壮絶な傷跡。ここまでくると、医学的にも重要な参考資料になりそうだ。あらゆる観点に於いて「本物」を感じさせる後ろ姿である。

「デスマッチって、どのくらい痛いのかな?」という疑問は、ファンなら幾度も抱いたことがあるはずだ。過去何人かのデスマッチ・ファイターに「最も痛い凶器、アイテム」について尋ねてみたが、自分が確認した範囲で一番多かった回答は、意外にも古典的な有刺鉄線だった。突き刺さるだけならともかく、そのまま引き摺ったり、横方向に裂けたりするのがキツいらしい。そりゃまあ、そうでしょうなあ。

松永さんも「有刺鉄線は結構痛いよ」とおっしゃっていた。素人考えでは画鋲や蛍光灯も相当なものだと思うが、ミスター・デンジャー曰く「画鋲は1、2個踏んだら痛いだろうけど、背中一面にバーンと刺さる分には何とか耐えられる」。

…って、痛いのは痛いでしょう! もっとも自分で試してみようとは、これっぽっちも思いませんが。

これも複数のレスラーから伺ったことだが、有刺鉄線の場合は試合をやりにくいという点も厄介らしい。ノーロープ有刺鉄線デスマッチであればロープワークが使えないし、動きや見せ場にどうしても制限が生じる。痛くて融通も利かないというのでは、これはある意味究極のデスマッチアイテムなのかもしれない。

変わったところだと、ネクロ・ブッチャーさんは「一番キツかったのはキャクタス(サボテン)だったよ。あんなストゥーピッドな仕掛けはない」と言っていた。日本のリングで使われるサボテンとは異なり、アメリカの某団体で用意されたそれは、針の長さが10センチ前後もあるとんでもない代物だったそうだ。体内に刺さった針が全て抜けるのに、1週間だか10日だかの時間を要したというから、想像するだけで手足がムズムズしてくる。

苦笑まじりに述懐するネクロさんに「同じデスマッチをもう一度やれと言われたら、どうする?」と尋ねると、彼は「まあ、コレ次第だな」と人差し指と親指を擦りあわせて、ドル札を数える仕草を見せた。いやはや、流石はデスマッチ・ジーザスという他ない。

そういえば2005年の10月だったと思うが、後楽園ホールでの試合でネクロさんが大きな怪我をしたことがあった。MASADAさんのデスバレーボム(両肩に相手を担いで、頭から横に落とす技)をエプロンから場外へ向かって喰らい、肘と背中をしたたかに打って悶絶してしまったのだ。大会終了後に会ったマッドマン・ポンドさんは「控室でネクロが『痛い』と口にしているのを初めて見た」と言っていたが、ある程度互いの信用の元に成り立っているとはいえ、プロレスの攻防が常に危険と隣り合わせであることを改めて思い知らされるアクシデントだった。

ネクロブッチャー
↑上記の試合から1週間後に会ったネクロさん。どう見ても骨までイってるとしか思えない、左肘の凄まじい腫れっぷりが痛々しい。この直後に北海道巡業を控えていたネクロさんだが、「ツアーには絶対についていく。ホッカイドーのファンたちが待っているからね」と、右手に持ったビールジョッキをグイグイ仰いで宣言していた。まさにプロフェッショナルの一言である。

対戦相手は勿論、観客、アイテム、そして痛みとも闘わなければならないプロレスラーという商売は、あまりにもタフ過ぎる。堪らないよなあ、色々な意味で。


[プロレス、格闘技]
スポンサーサイト

忌野清志郎。

昨日はクルマの中で…ではなく、昨日は忌野清志郎の命日だった。もう3年前のことだなんて、いやあ、早いものだなあ。

忌野清志郎

青山葬儀場へも行ったっけな。有名人のそういったセレモニーに自ら足を運んだことはないのだが(たまたま近くを通りかかった際に、いかりや長介の出棺を見送ったくらい)、清志郎の場合だけは「これもきっとライブなんだよな」と信じて計画的に出向いたのだった。案の定「青山ロックン・ロール・ショー」なんて銘打たれることになって、やっぱり行ってよかったとしみじみ思ったものである。紅白の横断幕で飾られたド派手な祭壇を目にした時の、あの衝撃と安堵感、そして直後に襲ってきた寂しさは今も忘れられないぜ、ベイビー。

小中学生の頃は、清志郎の妖しい風貌と「何かをしでかしてくれそう」な雰囲気にワクワクしていた。80年代の彼はかなりの痩身で、個人的な印象は「二本足でシャカシャカ走り回る小型の恐竜」といったものだった。また時には、ビビッドなメイクと弾けるような身のこなしから、京劇に登場する孫悟空を連想したりもした。

まあ、本物のロックスターってのは、あらゆる意味で人間離れしているもんだぜ。

高校時代、例の「夜のヒットスタジオ事件」が勃発した。当時はいわゆるバンドブームのまっただ中だったが、放送翌日以降の教室で清志…いや、タイマーズの言動が話題になることは意外に少なかった。ギターを持っているヤツは沢山いたはずだが、自分たちに関わりがあることだと認識していた向きは極めて少数だった(ちなみに俺は楽器は出来ないし、歌も下手クソだから、ブームには全くノれていなかった)。

だからまあ、「バンドブームは決してロックブームではなかった」といったような、後のみうらじゅん氏のコメントは、当時を知る者として本当に至言なんじゃないかと思う。当事者の意図はともかくとして…あの「夜ヒット事件」は、そんなブームにもある種の問題提議をブチかましていたのではないだろうか。まあ、何もやっていなかった俺には、それ以上のことは言えないんだけど。

インタビューで夢や目標を問われて「世界の平和です」と真面目に答える清志郎も、「売れたいですねえ…」と頭を掻いている清志郎も、どちらも見るからにウソがなくて大好きだったなあ。よし、今日はRCサクセションの「I Like You」を聴きながら寝よう。本当にいい曲だろー、アレは。


[イラスト、デザイン][音楽]

葛西純選手「CRAZY MONKEY OF THE DEAD」Tシャツ。

身体中の穴という穴をおっぴろげて、アドレナリン全開でデザインさせて頂いたキ○ガイTシャツを堂々ご紹介。

葛西純 Tシャツ
↑葛西純選手「CRAZY MONKEY OF THE DEAD」Tシャツ…カラーバリエーションはスライムグリーン、ホラーエメラルド、スリラーブルーの3種類(実にクールなネーミングですな)。デザイン担当と致しましては、バックプリントの「DON-BIKI(ドン引き)」というフレーズに「やったぜ!」という感慨を覚えております。

こちらの商品、初売りの後楽園大会で予想以上に売れてしまったようで、本日(5月5日)の大日本プロレス横浜文化体育館大会では、若干数の販売になる模様です。購入をご希望の方は、早めに会場へ向かわれた方がいいかもしれません。

皆さんご承知の通り、葛西選手は膝の負傷により現在欠場中です。公表された診断結果を見る限り重傷であることは間違いありません。しかしですね、ゾンビ化してでも狂猿は必ず蘇るはずです。ご本人が言う通り「普通」のレスラーじゃないですからね、実際。

葛西選手、気の狂ったTシャツを着ながら待ってます!


◎葛西純選手が所属するFREEDOMS公式ページ
http://freedoms.ne07.jp/

◎葛西純選手公式ブログ
『NO DEATH MATCH NO LIFEな日々』
http://ameblo.jp/deathmatch-monkey/


[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用