☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

『Gスピリッツ』を買いました。

毎度発売が楽しみなプロレス専門誌『Gスピリッツ』vol.23を購入した。

120330gspirits.jpg
↑表紙からいきなりグッときますな。鬼気迫る血染めの表情は、老練な歌舞伎役者のようでもある。「(アントニオ猪木は)世界最大のアクター」という、船橋慶一氏の見解も頷けるというものだ。

発売されたばかりの雑誌なので、その内容を詳細に語ることは出来ないが…まあ、表紙の写真とコピーにピンときた御貴兄には、「いやあ、面白いですよ」と気軽にお勧め出来るクオリティだろう。このムック、プロレスのディティールを表現するサジ加減が絶妙なんですよね。俺は辰巳出版の回し者じゃないですけれど。

どのページも興味深く読んだが、「ああ、これは面白いなあ」と妙に記憶に残ったのが、"伝説のアマチュアレスラー" と呼ばれたウィルフレッド・ディートリッヒに関する逸話の数々だった。1978年に西ドイツ(当時)でアントニオ猪木と2度闘ったものの記録が殆ど残っていない上に、勝敗(猪木の1勝1分)の内容すら正確かどうか分からないという、幻にも程がある強豪である。

ディートリッヒについて、俺は全くといいほど知識がなかった。しかし後にプロレス入りする180キロの巨漢クリス・テイラー(「ジャンボ鶴田試練の十番勝負」で、若大将に勝ち星を献上した選手。故人)を、1972年のミュンヘン・オリンピックで豪快に投げた写真及び映像は目にしたことがある。

アメリカ代表のテイラーと試合前に初対面したディートリッヒは、挨拶代わりにふざけた調子で対戦相手をハグした。『Gスピリッツ』誌によると、この時テイラーに付き添っていたのは、あのビル・ロビンソンだったという。

「なんてバカなことをさせたんだ」と叱責したロビンソンを、テイラーは鼻で笑ったそうだが、その直後に行われた本番の試合で"人間風車" の懸念は現実となる。



つまりディートリッヒは、テイラーに抱きつくことで胴体に腕が回るか、そしてクラッチして投げることが出来るかを、こっそり確かめていたのだ。咄嗟に過ちに気付いたロビンソンしかり、一流どころの勝負師とはかくも恐ろしいものだ。僅かでも油断をした方が敗北の憂き目を見るという、まさに極限の闘いである。

マットに上がる前から勝負は始まっている…そんな奥深い教訓を学んだ気がするが、俺がそれを実生活でどう生かすかは、180キロの大男にベリー・トゥ・ベリーを仕掛けることよりもある意味難しい。もうちょっとだけ気楽に生きようかな、うん。


[プロレス、格闘技][日常]
スポンサーサイト

韓国インスタントラーメンを食べる…チャンポン?編。

韓国食材を扱う都内某商店で袋麺を物色していたところ、ちょいと不思議な商品を発見した。輸入品故にパッケージの表記はハングルだが、何故か日本語で「長崎」と表示されている箇所がある。そして、背景のイラストにはうっすらと「ちゃんぽ」の文字。つまりこれは、長崎チャンポンの韓国版ということであろうか。

長崎チャンポン
↑調理見本の写真を見る限りでも、日本のチャンポンを意識していることは間違いない。再現の度合いによっては、我々ジャパニーズにも違和感なく味わえる可能性がありそうだが。

長崎チャンポン
↑輸入会社が貼付けたシールには、やはり「長崎チャンポン」の表記が。まあ、日本の技術指導で開発された韓国袋麺だけに、こういった商品があっても不思議ではないのだが…それにしても何だか奇妙。

パッケージを見るにスープは白色。チャンポンを名乗る以上当然といえば当然だが、赤くてスパイシーなスープが主流の韓国ラーメンにあっては、その点でも珍しい存在である。もっとも「キス麺」の例もあり、色だけでは辛いかどうかの判断はできない。まあ、でもチャンポンだからなあ…。

沸騰した湯550mlに、例の如く麺とスープを同時投入。5分間とやや時間を掛けて煮込めば、謎の韓国版「長崎チャンポン」の全貌が明らかになる。

長崎チャンポン
↑付属の加薬だけで作った、ありのままの「長崎チャンポン」。見れば見るほど穏やかな白いスープだが、唐辛子としか思えない赤い具が見え隠れするのが妙に気になる。

さあ、それでは口にしてみよう。先ずはお上品にスープのお味から……うっ、辛い。さて、チャンポンというのは、辛い食べ物だったかなあ? 見た目からは想像出来ないスパイシーっぷりだが、その奥に潜む海鮮風味の旨味は個性的で印象に残るものがある。

麺は同じメーカーの「三養ラーメン」よりも太く、コシが強くてしっかりしている。それで5分間も煮込む必要があるのだろうが、食べ甲斐があって個人的には好みのタイプだ。

で、肝心の(?)チャンポンっぷりだが、まあ、ズバリ別ものですよね。スープはいきなり辛いし、麺は一般のものよりちょっと太いだけだし。魚介の風味に工夫は感じられるが、日本人の舌には辛さのインパクトが旨味に勝ってしまう可能性が高いだろう(まあ、これは韓国ラーメン全般に共通する特徴だが)。

そもそもチャンポンは、ディティールの再現が非常に難しい麺類らしく、「東京には本物のチャンポンが存在しない」という厳しい声もよく聞かれるほどである。同じ日本国内でも本場以外では味がすっかり変わってしまうというのだから、海を越えてしまえば全くの別物になるのも致し方のないところ。まあ、それにしてもピンポイントで「長崎」を狙ってきた度胸は大したものだが。

つまり「韓国風の辛い海鮮ラーメン」と解釈して食べるのが、一番しっくりくるということである。もうちょっと旨味に主張があればいいような気がするが、贅沢な気分で白身魚や野菜を混ぜて作ったら、辛みとも上手く絡むかもしれない。

ちなみにこの商品、日本語表記の輸入版が方々のスーパー等に出回っているようである。案外手に入りやすいようなので、興味のある方は是非お試しになってください。


[飲食]

お花見大会。

毎年恒例のお花見大会、実は今年はあまり気乗りがしていなかった。仕事の予定がはっきりしていなかったことも気掛かりだったが、例年よりも桜の開花が遅れているとのことで、夜風が恐ろしく冷たそうなのが何より不安だったのだ。俺ねえ、寒さに極端に弱いんだよねえ(骨と皮しかないからさあ)。とはいえ年中行事として楽しみにしてくれている友人もいて、いつの間にか背中を押される格好で参加者を募ることとなった。まあ、夜桜を眺めながらしみじみ酒を飲むだけだから、そんなに大仰なことでもないのだが。

お花見
↑場所取りも兼ねて、昼間は親子連れの皆さんとピクニック感覚で乾杯。ご覧のように天気はいいのだが、気温はかなり低めで、油断をしたら風邪を引きそうなほど寒い。すっかり動けなくなって、気分は変温動物の爬虫類or両生類。

お花見
↑当然ながら、陽が暮れると寒さは更に厳しくなる。こうまでして飲まなければならないのか甚だ疑問だが、その答は彼女たちの朗らかな笑顔に秘められているはず(内心は帰りたがってたりして)。

お花見
↑お馴染みの春風亭傳枝師匠は妻子を連れて参加。大きく丈夫に育つようにとの願いを込めて一枚。それにしても、これ以上ないくらいじっくり見入っている。まあ、気持ちは分かるけど。

お花見
↑身も凍える寒空の下で「暑い、暑い」と連呼しながら、乾杯の挨拶を始めた田中君。身に着けていた衣服を妙に丁寧に脱ぎ出すと…

お花見 お花見
↑ご覧のように「一糸しか纏わぬ姿」に早変わり。一仕事終えた男の、あまりにも爽やかな表情に感動を覚えずにはいられない。このコスチューム(?)を衣服の下に隠したまま、黙々と5時間も調理をしていた事実には心底呆れるのだが。

お花見
↑例年よりも参加者は少なかったが、現場の一体感を求めるならこのくらいが丁度いい。みんなで一緒に会話出来るしね。片っ端から声を掛けると、たまに厄介なヤツが混じったりするんだよな(これが面倒なんだよなあ)。適当な頭数のバカを揃える、それがお花見の基本なのではないだろうか。

お花見
↑あまりの寒さ故、強引に空気を暖める作戦を敢行。まあ、思ったより効果なかったねえ(当たり前)。

二次会
↑二次会は大学の同期生、相川君の自宅で。むくつけき中年男性が、一瞬にして麗らかな乙女に変貌する奇跡のイリュージョン。ご覧の通り、家主も大喜びだ。それにしても手慣れた挟みっぷり、流石はプロである(…何の?)。

こんな宴会を続けていたら、10年保つ身体が5年しか保ちませんな。既にいい歳ということもあって、勝手に乗り込んだ友人宅で翌朝は二日酔いの体たらく。あれだけ並んでいたアルコール類が、しっかりなくなってたもんなあ。みんな大丈夫だったのかね、しかし。

花見 イラスト
↑似顔絵の練習で一人描いたら、寝る時間を削って結局全員揃えてしまった。まあ、来年も適当にやりましょう。そこんとこ臾艢塒齲。


[イベント][イラスト、デザイン]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用