☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

靖国神社奉納プロレス。

「ついこの前も来たよなあ」と思ったら、前回の靖国神社奉納プロレスは四月開催だった。というわけで今年二度目となるこのイベントだが、今回はスポンサーの協力もあって全席自由一律500円の大盤振る舞い。それが功を奏したか、開場前の会場前(おっと…)には数百メートルに及ぶ長蛇の列。「これは盛り上がりそうだな」とつぶやきつつ並んでいたら、手首を蚊に刺されていきなりブルーに。10月だというのに、まだいやがるんだよな。専門家は、これを「残り蚊(のこりが)」と呼ぶそうだが。

ゼウス フセイン 神風
↑大男たちが暴れ回る、実に賑やかなリング上。「ゼウス」と「フセイン」が組んで、靖国で「神風」と闘うという、教義的に無茶苦茶なシチュエーションが実現した。次回奉納プロレスではネクロさん、つまり「(デスマッチ・)ジーザス」の投入に期待したい。

クレイグ
↑無事にタイトルを防衛したクレイグ。「最後はなあ…サワが怪我しちゃったんだよなあ」とレフェリーストップによる勝利を残念がっていたが、試合ではのびのびとレスリングを楽しんでいる印象だった。

メインの試合中、我慢し切れず小用を足しに行き、意気揚々とトイレから出ると、目の前で大谷選手たちが宙を見上げている。「何か来るな」と思ってカメラを向けると…

















スペル・クレイジー
↑頭の上からスペル・クレイジーが飛んできた。

3、4メートルはあると思われるトイレの屋根から、急降下のムーンサルト。こんな角度から見る機会は滅多になく、その高さとスピードに唖然としてしまった。「俺は、こいつで世界を渡り歩いているんだぜ」というクレイジーの声が聞こえてきそうだ。

曙
↑頭上を見上げると、何と曙関が。流石に飛び降りることはなかったが、実行していたら靖国神社史上最大の惨劇が引き起こされていたはず。


青空の下でビールを飲みながら物見遊山、これに勝る娯楽はそうはない。しかしながら屋外の興行も季節的にそろそろ限界。夏が過ぎ秋が終わっていく流れを感じて、ほんの少しだけセンチメンタルになった一日であった。


[プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

DVDのクリーニング。

ここ数週間、Macちゃんの調子が悪くて困っていた。何がってDVDを読み込まないのである。市販品のディスクであれば時折再生出来るのだが、自分で焼いたデータ入りのDVDはマウントすらしないのだ。

DVDクリーナー
↑DVDを挿入すると、こんな人を食ったようなメッセージが表示される始末。間違いでも堂々と言い切るところあるから、パソコンって割と腹立つんだよね。


「壊れちゃったかな」と普通にそう考えた。しかしDVDドライブは内蔵式だから、修理に出すとなると一時とはいえ手元からMacちゃんを手放すことになる。それでは色々と面倒だ。

そこでパソコンに詳しい友人に相談すると「十中八九、読み取りレンズの汚れが原因だろう」との見立てが返ってきた。DVDのレンズはCDのそれよりも、ずっと汚れやすい代物らしい。

まあ、やるだけのことをやって、それから諦めればいいだろう…そんな気持ちで通販サイトのアマゾンにアクセス、とりあえずDVDのクリーナーを購入することにした。

DVDクリーナー
↑読み込みに支障がある時に使用する専用タイプ(日常的なクリーニングには強力過ぎて向かないとのこと)。お値段は税込み981円。1000円足らずで済むのなら、仮に効果がなくとも損した気にはならない。

DVDクリーナー
↑洗浄用リキッドを二カ所に注入。しゃかりきになって回転しながら、せっせと擦って乾かして…働きぶりが何とも健気な商品である。

準備万端となっていざMacちゃんに挿入というところで、ふと疑問が浮かんだ。「マウントしないのに、どうやってDVDクリーナーを回転させるんだ?」…しかし心配はご無用。機械的な故障でなければ、「このディスクは何者だ?」とばかりにドライブは自動的に回転を試みる。その僅かな動作時間中に汚れを拭い取ってしまうのが、このクリーナーの偉いところなのである。

よほど汚れていたのか、一度目の挿入では数度の回転後に吐き出されたものの、二度目では無事マウントに成功。そこからは映像の指示に従って10秒間のクリーニング。いやあ、何でも試してみるもんですねえ。

DVDクリーナー
↑というわけで、無事モニターに登場した"墓堀人"ローラン・ボック。「レンズ、まだ少し汚れてるんじゃない?」と疑ってしまうのは、この男のだらしない風貌が原因。

まあ、個人的に痛快であったという話だが、敢えてここでご紹介するのは「奥さん、諦めるのはちょいと早いですぞ」と、その一言をお伝えしたいが為である。前述したようにDVDのレンズはどうにも汚れやすいという。故障だ買い替えだと慌てる前に、先ずはクリーニングを試されては如何であろうか。ついでに心の澱もスッキリ洗い流して…折角の人生、豊かな気持ちで前向きに生きていきたいものである。

以上!


[日常]

ハクビシンとタヌキ。

一応イラストとTシャツの宣伝という目的がありながら、更新頻度も内容も滅茶苦茶な当ブログだが、良く言えばバラエティに富んでいるということかもしれず…実は意外な記事に思わぬ数のアクセスがあったりするから面白い。「世田谷 ハクビシン」「世田谷 タヌキ」といったキーワードでしばしば検索されているのが「野生の王国。」と題されたこちら↓のページである。

http://apparedada.blog106.fc2.com/blog-entry-105.html

専門に調査されている方々には流石に物足りない内容であろうが、「さっき交差点で出くわしたケモノは、もしかして…?」なんて皆さんが検索して行き着いているのかもしれない。野生動物、やっぱりいるでしょう?

まあ、東京都内のあちこちにハクビシンやらタヌキやらが住み着いているのは、これは間違いのない事実である。ご興味のある方が引き続き検索されるかと期待して、その後の目撃例をここで報告しておこう。

忘れもしない…えーと、いつだっけ? ああ、10月1日の午後6時頃だったと思うが、世田谷区経堂の住宅街を家族と通行中、目の前を横切るハクビシンにバッタリ遭遇した。0コンマ数秒早く気付いた妻は「あらっ、これは何かしら!?」と声を上げ、その0コンマ数秒後に俺は「ハクビシンだ!」と叫んだ。とにかく一瞬だったが、民家の塀の隙間から飛び出してきた、その場に場違いなケモノは間違いなくハクビシンであった。

以前目撃した時と同様、ひょこひょこと糸で吊られたような奇妙な動きである。薄明るい中でも顔の白い線はハッキリ確認出来た。近くを歩いていた若いカップルも突然の出会いに驚愕して、まるでキツネにつままれたような表情で立ち尽くしている。敢えて確認しておくが、我々が目にしたのはキツネではなくハクビシンである。

キツネといえばタヌキだが、昨夜、つまり10月12日の午前3時頃、自宅近所でポンポコ野郎に遭遇した。集合住宅のゴミ捨て場辺りから何かが走ってくるのだが、それが間違いなくタヌキなのである。物凄いスピードでこちらの目前を横切ると、ヤツは振り向きもせず薮の中へ消えて行った。

同じ科の動物だけあって、走り方はイヌによく似ている。まだ夏毛の状態だから、身体付きはかなりスリム。しかしハクビシンとは見た目が明らかに違う。いやあ、今回もビックリしましたよ。

世田谷 タヌキ
過去のエントリーで紹介したタヌキの死体を、別角度から撮影したもの。こうして見ると、窮屈な都市部の住宅街に、彼らは不似合いに思えるが…。

まあ、それにしても連中の頼もしいことよ。誰の世話にもならず、実に逞しく都会の夜を生きている。正直なところ、お手本にしたいくらいの存在だといっていい。

でもね、とにかくクルマにだけは気をつけてくれよ…なっ!


[日常]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用