『甲子園笑伝説!』。

今回は書籍のご紹介をひとつ…板東英二さんのモノマネ等で知られる松竹芸能所属のピン芸人、かみじょうたけしさんの著作『甲子園笑伝説!』が、株式会社文芸社より発売されることとなった。

かみじょうたけしさん
↑暑苦しくもノリの軽い、実に秀逸な表紙デザイン。

重度の甲子園マニアとしても有名なかみじょうさんだけに、高校野球に関するあらゆるエピソードがてんこもり。ディティールはマニアックだが、その筋のファンでなくとも思い切り笑える楽しい一冊である(「細かすぎて伝わらない」といった心配はご無用!)。

表紙及び本文のイラストは当方が担当。野球、ましてや高校野球は全くの門外漢ですが、資料をかき集めて何とか描き上げましたので、是非ご覧になってください。有刺鉄線や五寸釘が付いてないバット、久しぶりに描いたわー。

かみじょうたけしさん
↑7月16日(土)発売。担当編集者の中村さん(ヒゲ)が、会社員生命を賭けて送り出す入魂のドキュメンタリーである。

発売日前日には、かみじょうさん出演のトークイベントも開催予定。関西方面にお住まいの方は、要チェックですな。

☆文芸社刊「甲子園笑伝説!」刊行記念
『かみじょうたけしさん トーク&サイン会』
7月15日(金)15:30~
丸善&ジュンク堂書店梅田店七階
ゲスト:代走みつくにさん(松竹芸能)

というわけで書店でお見かけの際は、是非お手に取ってみてください。で、ついでにサッと購入…そこんとこ臾艢塒齲(ヨロシク)!



株式会社文芸社の紹介ページ
http://www.bungeisha.co.jp/news/topics/article_400_444.jsp

かみじょうたけしさんのブログ
『かみじょうたけ誌』
http://yaplog.jp/kamijyou3/


[イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

松永光弘氏公認Tシャツ『HOW TO COOK DANGER STEAK』発売です。

『ドージョーアッパレTシャツ販売所!』より新製品のお知らせです。いやあ、自分のところで売り出すのも久しぶりだなー…って、こちらがしみじみしてもどうかと思いますが、そんな当方がこの夏の定番アイテムと自信を持ってお届けするのは、伝説のデスマッチ王・松永光弘さん経営の超人気ステーキ店「ミスターデンジャー」の公認Tシャツです。

ミスターデンジャー Tシャツ
↑こちらがフロントプリントの見本。大好評のデンジャーステーキ、秘伝のレシピがついに公開されました。なるほど、こうやって調理していたんですね。よく見ると店長の松永さんは肉を食べているだけですが、箸でも簡単に切れる柔らかいステーキですので、実際にはこのような牙は必要ありません。少々の誇張はご容赦ください。

ミスターデンジャー Tシャツ
↑バックプリントはこんな具合。何やら勇ましそうな英文が記してありますが、訳してみると「またくる ゆるさん」。人様のお宅やお店を後にする際、非常にピリッとした印象が残ること請け合いです。

サイズはS/M/L/XL、価格は3,500円(税込)となっております。商品のご確認、ご購入は↓こちらからお願い致します。
「ドージョーアッパレTシャツ販売所!」ミスターデンジャーTシャツ
http://appare-kikaku.com/index.cgi?001#head


松永光弘氏
↑当商品は「ミスターデンジャー」本店でも絶賛販売中です。このデザイン、真っ先にオーナーの松永夫妻にウケまくりまして。健気に働く調理人たちの姿に、思わず胸を打たれたのでしょう。あー、ステーキ食べたい。

「ミスターデンジャー」立花本店
〒131-0043 東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
TEL:03-3614-8929

松永光弘公式ブログ(当方イラスト担当)
「またくるゆるさん」
http://danger1383.blog50.fc2.com/



[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]

アメリカから来たクリス君。

ちょいと日が経ってしまったが、先週末ギロッポンでゼロワン『火祭り』を観戦してきた。プロレスとギロッ…六本木といってもピンとこないお若い方がいるかもしれないが、実は新日本も全日本もこの地に事務所を構えていた過去があるわけでして。古くは力道山がブイブイいわせていた街でもあるので、実はマット界とは馴染みの深い土地だったりするんですな。

で、話を「火祭り」に戻すが、今回の六本木大会はリーグ戦初っぱなの開幕戦。入場式のリング上はなかなか壮観な光景で、一体誰が優勝するのか全く予想が付かない。読めなければ読めないほど面白くなる星取り合戦、バラエティに富んだ面子に期待は高まる一方だ。

第一試合のタッグマッチ、我々の目前にいきなりのサプライズが現出した。誰もが声を失い、その視線はリング上の一点に釘付けとなっている。

崔領二
↑ 我々を凝固させた崔領二選手のニューコスチューム。ネクタイを束にしたようなヒラヒラのモチーフは、ローマの剣闘士か、ハイスクールのチアリーダーか。日本在住の韓国人三世、留学先はイギリス、修業先はオランダ、入場テーマはアメリカ(オフスプリング)…マット界随一の国際派、崔選手ならではの大胆なセンスといえよう。

那智の滝
↑ 当然フィニッシュ技の「那智の滝」に期待が高まるところだが、実際はこのような状態にはならず、ホッとしたような残念なような。手足が長くスタイル抜群の崔選手だけに、どんなコスチュームも似合うといえば似合うのだが…正直、気になっちゃって試合どころではありませんでした(どうもすみません!)。

ゼウス
↑ リーグ戦では熱い試合が続出。いかにも大阪出身といった面構えのゼウス選手、まるで名前負けしていないバッキバキのボディは圧巻の一言。ただゴツいだけではなく、動きのキレやスピードといった身体能力も備わっているからタダ者ではない。国内には希有なタイプのレスラーだけに、今後も注目していきたい存在である。


今回の観戦メンバーには、何故かアメリカ人の若者がひとり混じっていた。ミズーリ州出身のクリス君、「イス大王」みたいな名前だけあってなかなかのプロレス通であった。

六本木
↑説明するまでもなく中央の白い青年がクリス君。通販で購入したという破壊王Tシャツがあまりにもシブ過ぎる。

「小橋健太の復帰戦をどうしても観たかった」という来日の理由から大したものだが、「好きなレスラーは?」とのこちらの問いに「キヨシ・タムラ(田村潔司)」と即答するインクレディブルっぷりに驚愕。いきなりU系、しかも田村。高坂戦やヘンゾ・グレイシー戦の話題で盛り上がる我々、口ポカーンの女性陣…マニアックな外国人が来るとお馴染みの光景である。

六本木
↑身長180センチのモトキ社長と並んでもモアでっかいクリス君。これまでに会った欧米人たちとは比較にならない程大人しいが、一度レスリングの話題になれば知識フル回転でいきなり饒舌に…まあ、オタクちゃんというのは、何処の国でも似たようなものでありまして。

思いが募って来日してしまうくらい日本のプロレスを好いてくれるというのは、我々にとっても非常に嬉しいことである。今月いっぱい滞在とのことなので、彼とはもう一度くらい食事でもしようかと思っている。まあ、世界には色々な人がいるものですよ。勉強になります。


[イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用