☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

J-GIRLSを観てきただ。

去る1月30日、歌舞伎町の新宿フェイスで開催された女子キックボクシングJ-GIRLSを観戦した(最近ジョシカクづいてますな)。会場へ入るなり鼻孔をくすぐるタイオイルの匂いに、「ああ、キックを観に来たんだなあ」という久々の高揚感。リングサイドの座席に腰を下ろすや独特の刺激臭はより濃度を増して、冗談抜きでビールの味が変わってしまうほど。五感に訴える全てがライブの魅力なのである(一番搾りがジンジャーエール割りみたいになってたけど。シャンディガフっつーの?)。

アマチュア 女子キック
アマチュアの公開試合はヘッドギアにシンガード(レガース)着用。1R2分ということもあってか、序盤から飛ばす飛ばす。軍鶏(シャモ)の争いにも似た乱打戦だったが、今後キャリアを積むことで攻防が洗練されていくのだろう。大相撲だって新弟子の取組は街の喧嘩みたいだもんな。

小田巻洋子 三堀美弥子
プロは勿論、トランクス一丁(まあ、女子の場合は上半身のやんごとなき箇所を隠していますが)。和服着用で入場した小田巻洋子選手(右)の勇姿に「流石はプロだ」と感心したが、この試合は両選手共デビュー戦だった模様。三堀美弥子選手(当然、左)の美しく伸びきった前蹴りに注目。これぞ修練の賜物。

紅絹 日下部奈々
この春卒業予定という女子中学生キックボクサー、日下部奈々選手(右)をエキシビションで迎え撃った紅絹(もみ)選手(J-GIRLSミニフライ級1位)。上位ランカーならではのテクニックで天才児を翻弄、現時点での実力差をこれでもかと見せつけた。紅絹選手のセコンド陣から「ハイキックやっちゃって」といった声が掛かる度に、周辺は笑いに包まれたが…日下部選手、この経験を生かしてもっともっと強くなってね(お父さん目線で)。

アイス
リングアナウンサー山本"ヤマモ"雅俊さんプロデュースで提供された女子プロレス、アイスリボンのタッグマッチ。ロープは4本(プロレスは3本)、固いキック用のキャンバスには恐らくスプリングは入っていない(あったとしてもプロレスほど弾まない)…そのような環境でもレスラーたちは激しい攻防を展開。受け身を取った時の音が聞き慣れたそれとは異質のもので、リングサイドに響いてくる衝撃が不気味なほど重かった。それでもタイガードライバーまでやっちゃうんだからねえ…。

アイス
いくらキックのリングでも、こういった蹴り技にはまずお目にかかれない。初めてプロレスを目の当たりにする観客も多かったはずだが、試合が進むにつれて次第に盛り上がっていく展開は、リング上への集中力と理解が反映されているという意味で理想的だったといえる。プロレス独特の煽りやアピール以上に、例えばケブラドーラ・コンヒーロ(風車式バックブリーカー)のような技でため息が漏れるのが非常に興味深かった。ああいった衝撃と説得力はプロレスに独特のものですからね。それともうひとつ…レフェリーを務めていた志田光選手が美し過ぎて、ちょいと引いてしまった。健康美とは実に尊いものである。

魅津希 佐竹のぞみ
「闘強導夢(東京ドーム)」を彷彿とさせる田中ケロちゃんチックなリングネームが印象深い魅津希(みずき)選手(右:本名だったらすみません)。先日のジュエルスでは関節技で見事な一本勝ちを収めていたが、キックルールでも終止攻め続けて佐竹のぞみ選手(言わずもがな左)に判定勝ち。総合とキックの二冠王、目指すは「女性版アリスター」!

谷村郁江 大石ゆきの
鬼子母神のような勢いで対戦相手に襲いかかる谷村郁江選手(左)。両者にイエローカードが出されるほどの激しい掴み合い、結果は判定で大石ゆきの選手(言うまでもなく右)に凱歌。汗がこちらまで飛んできて怖かったなあ。

モンコン
空手系の選手はリング上で十字を切り、ムエタイ系の選手はモンコンを被って祈りを捧げる。そんな異文化のぶつかり合いも格闘技の魅力。写真で手を合わせている加賀有美子選手のセコンド氏、試合中は悲壮なほど絶叫しながら選手に指示を送っていた。時々声がひっくり返っちゃうくらいだったが、残念ながら陣内まどか選手に判定負け。

陣内まどか 加賀有美子
メインに相応しい見応えある攻防で、見事勝利を手にした陣内まどか選手(左)。バンダム級次期挑戦者決定トーナメント制覇へひとつコマを進めた。調べてみたところ、この選手はどうやら現役高校生らしい。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110124/kng11012416330059-n1.htm
「家族共通の趣味は漫画。自宅にある漫画は約300冊」…そのバランス感覚が大事なんです!(多分)


女子キックといったら、俺が知っているのは熊谷直子とか神風杏子の時代だからねえ。あとはリリー・ユキーデとかレディ・タイガーとか(←だから古過ぎるっつーの)。ふと思い出して神風杏子氏の画像を検索、現在のお姿を拝見したところ、「この感覚、最近何処かで…ああ、去年NHKで白井貴子を観た時のアレだ」。

というわけで、ほぼ初体験であった女子キック、黙々と且つ激しく闘う選手たちの姿に、女性ならではの求道的なストイシズムをしみじみ感じた。ジュエルス観戦時にも同様の感想を持ったが、頭を下げてひたすら殴り蹴り続けるキックのスタイルと、新宿フェイス独特の暗い照明が印象をより強めていたように思う。彼女たちが目指すものと、プロ競技(興行)として至るべき方向性とが融和した時に、女子キックは世間的な認知を高めるのかもしれない。実際に観れば絶ッ対に面白いですからねえ。

山本
リング上を見つめる熱い視線…試合のプロデュースからリングアナウンスまで、大変なご活躍であった山本"ヤマモ"雅俊さん。女子キック、今後も応援させて頂きます。


[プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

転倒。

一昨日、仕事の打ち合わせを兼ねて後楽園ホールでドラゴンゲートを観戦した。「二回転ムーンサルト」で噂のリコシェ、彼の試合を2007年にアメリカで観戦しているが、それほど特別な印象は残っていなかった(「デヴィッド・ボウイの曲にそんなタイトルがあったよな」という程度)。

そして待望の来日、キャリアと修練を積んできた彼の成長にビックリ! 予測不可能且つ高速過ぎるアクションは、デジカメでの撮影が追いつかないほど。エプロンからのスワンダイブ式トルニージョなど、あまりにも軽々とこなしてしまうので、改めて脳内で吟味しないと凄さが分からない。

ビジネスの打ち合わせも無事終えて、意気揚々と飲酒してから帰宅。京王線の某駅で乗り換えようとしたところ、何となくお腹が空いたので思い切って某ラーメン店へ。既に終電ギリギリなのだが、ここからなら歩いても30分で自宅に着く。「間に合わなければ、それでもいいや」と開き直ってニンニク入りラーメンをムシャムシャ。

満腹状態で駅まで戻ると、なんと乗り換え列車の最終便がビービーとブザーを鳴らしているではないか。「あ、間に合う!」とダッシュしたところ、何故か視界いっぱいに冬の夜空が。踏切で足を踏み外し前のめりに転倒、一回転して大の字になっていたのだ。超低空のスワントーンボム、流石はドラゲー帰り! …って、よく見ると右の掌は半分ほど血だらけ、右の膝も酷く痛む。

足下に転がる眼鏡を装着して確認すると、ジーンズの膝部分が真一文字に裂けて、下に履いていたタイツ(寒がりなもので)までザックリ切れている。血の滴る膝を眺めながら「普通、転んだだけで破れるか?」と唖然。深夜の踏切でひとりのパンクスが誕生した瞬間であった。

当然終電には間に合わず、足を引きずって帰宅。友人の幸作君(身長209センチ)からメールがあったので「転んで膝が裂けた」とホットニュースを返信。「雪ですか?」という幸作君(身長223センチ)に対し「いや普通に(何もない所でコケた)」と間抜けなやりとり。テレビ出演を控えたどす恋花子さんから電話。夜道を歩きながらケガの話をすると「え、どういうこと? 何、分かんない?」との反応。俺もよく分かりません。

しかしよく考えると、転倒した際に頭を打って失神でもしていたら、俺は間違いなく京王線に跳ね飛ばされていた。自分が死んだことにも気付かなかったはずで…まあ、この程度ですんだのは不幸中の幸いであった。

ケガ
↑何とか頑張って帰宅。しつこいようだが、ジーンズとタイツは転んだ衝撃で裂けたのである。しかしながら右手は大事な商売道具、骨や筋に異常がなくて本当によかった(ペンもアレも何とか握れます)。

今朝は膝の痛みで起床。外は雪景色…どう考えても転ぶタイミングが一日早かったな。そんなワタクシ、手負いのまま明日から旅に出ます。あー、傷と打ち身とで全身が痛い…。


[日常]

「大人の修学旅行」台湾編-初日その1。

仲間内でほぼ定期的に続けている「大人の遠足」、前回は鎌倉までエッチラと足を運んできた(その時の模様はこちら)。その夜、現地での宴席で「次はもっと遠くへ行こうよ」「もうちょっと旅情気分を味わおうよ」と誰彼となく口に出し始め、結局ロクな話し合いもせず「次回は台湾!」という運びになってしまった。酔った勢いが故か単にいい加減だったのかは不明だが、まあ、そういった思い付きも時には必要だろう。

というわけで本当に迎えてしまった台湾旅行。前日の2/12、正午過ぎに起床した俺は締め切り間際のイラスト仕事に没頭、その後慌てて旅支度を済ませて、某業務の打ち合わせが開かれる都内某所へ向かった。プレゼンのようなものを一通り終えて、時計とにらめっこしつつ関係者諸氏と飲酒。頃合いを見て「これから羽田へ直行して、朝7時の飛行機で台湾へ行きます」とご挨拶&ダッシュ!

みそ汁
終電まであと数本というモノレール浜松町駅ホーム。異国への訪問を前に「飲んでおくか」という気分に。この判断が間違っていなかったことは、後にしみじみ判明。

待ち合わせ
空港ロビーで待っていたのは、落語家の春風亭傳枝師匠にプロレスラーのケン・片谷さん&Sさん(ウチのモトキ社長は、明け方に堂々の重役出勤)。マスクマンのSさんはモザイク仕様になっているが、出国及び入国審査は勿論本名。ディック・ザ・ブルーザーのようにはいかなかった(当たり前)。

国際線ターミナル
ピッカピカの国際線ターミナル。とにかく奇麗、そして人がいない! 階下の広いロビーには無数のソファが設置され、夜通しリラックスできる。宿を取らない貧乏人の我々には有り難い設備だ。

羽田空港ラーメン
飲食店の多くは日付が変わる前に閉まってしまうが、24時間営業の店も幾らかある。写真は4時頃に食べたラーメン。何とナルトが二枚…道理で目が回ると思ったよ。

機内食
出国手続きを済ませてチャイナエアラインの機内でいきなり朝食。周りの人から一品づつおかずを奪ってムシャムシャ平らげる、まるで牢名主のような片谷さん。流石はレスラーである。

自動販売機
4時間ほどのフライトで松山空港着。アジア一帯で人気の安室奈美恵がお出迎え。ちなみに日本と台湾との時差は一時間。4歩進んで1歩ムーンウォークした感覚。

台湾 スクーター
ホテルへの移動バスから路上観察。とにかくスクーターの数が半端じゃない(歩道にも数多く並んでいることに注目)。信号が赤になると何台も溜まってしまうが、台湾人は一様に行儀がよく、阿吽の呼吸で路上を流していく。排気ガス対策に専用のマスクを使用する人も多い(雑貨店や夜市には色とりどりのマスクが並んでいる)。デザインに流行があるのか、アニマルプリントのマスクをお洒落にキメた女の子を幾人も目にした。

台湾 西門
ホテル最寄りの地下鉄西門駅前。「台湾の原宿」と呼ばれるエリアで、ファッション系の店や映画館が軒を連ねている。買い物を楽しむ少年少女は誰もが健全な雰囲気で、ガラの悪そうな連中は見られなかった。

台湾 ガチョウ料理
そんな若者の街でも、一歩路地を入れば昔ながらの大衆食堂がズラリ。台湾初の食事は「ジャッキー・チェンが、鼻の赤いオヤジと暴れそうな店」をチョイス。針ショウガに敷かれたガチョウが猛烈に美味。興奮状態の我々はビールをガンガン補給したが、それでもお代は合計1,050元(日本円で3,000円程度)。

鵝血湯
傳枝師匠が口にしているのは「鵝血湯」というスープ。一杯50元、つまり150円ほど。スープは抜群に美味いのだが、ガチョウの血をゼリー状に固めた具は、生臭いどころか味自体が全く感じられない。今までに体験したことのない食感だった。

火力拳開
何処へ行っても日本語と日本文化が目に入る台湾。日本贔屓の若者のことを哈日族(ハーリーズー)と呼ぶが、ここ西門は彼らの本拠地といっていいエリア。日本から来た落語家、プロレスラー、イラストレーター…哈日族の女子にモテようにも、何かが微妙にズレている気がする。

台湾 メイドカフェ
こういった文化にも方々で遭遇。漢字表記だから何となく意味が分かる。山下久美子もビックリなアツアツ亜熱帯の台湾だが、2月といえばまだ冬の真っ最中。日本より5度以上気温が高いとはいえ、半袖一丁で歩いている現地人は皆無。流石はレスラーである。

台湾 白バイ
警察署の前に並ぶ白バイもスクーター。街中のあちこちで警官を見たが、彼らの活動もあってか台湾は抜群に治安がいい。ほんの3日間の滞在とはいえ、危険だったり不愉快だったりという思いは一度もしなかった。

西門 ショッピングビル
西門駅近くのショッピングビル内。この風景だけ見ると、まるで中野ブロードウェイのようだ。輸入された日本製品はともかく、現地の商品は非常に安いので「ジーンズでも一本買うか」と傳枝師匠と相談したが、妙な刺繍が入っていたり、ストーンウォッシュ(?)が派手過ぎたりで、どうにもしっくりくるものがない。まあ、数百円だから試しに一本買ってもよかったけどね。

台湾 ゲームセンター
コインゲームで当たりを連発、景品交換用の札にがんじがらめにされた傳枝師匠。慣れないシステムをかいくぐり、ド派手な8色ボールペンをゲットしていた。このゲーセンでは『鉄拳』シリーズやガンダム『戦場の絆』なども稼働。家族連れが非常に多く、自由に動き回って遊ぶ子供たちの姿に、この国の平和を見る思いがした。

黒松沙士
一旦ホテルへ戻り、コンビニで購入したドリンクを味わう…が、これがタイオイルかタイガーバームをそのまま飲んだかのような凄まじい味。鼻に突き抜ける刺激臭だけが印象に残り、味わいや甘みはまるで感じられない。「うわああ!」と叫んだきり二度と口にしなかったが、隣りの部屋ではSさんも同じ状況に陥っていたらしい。

古たぬき
ツアーの日程表には簡単な国語講座が。大変役に立つ日常的な語彙が並んでいるが、最後の最後に「…何でコレ?」。こういった言葉を使う必要がない旅を誰もが願っていると思うのだが、まあ、笑えることは笑える。


この時点で夕方の4時頃。1時間ほど休息して地下鉄に乗り、台湾の観光名所である夜市へ出撃。その模様は次回に。


[イベント][飲食]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用