☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

もうちょっと待ってください。

大変遅くなりましたが、皆さん明けましておめでと…まあ、実際にめでたくなるかどうかって、それは自分の出方次第なんじゃないかな? なんつって何処かで目にしたような屁理屈から始めてみましたが、本格的な当ページの更新は次回から再開したいと思います。ネタは沢山あるんですが、まとめる時間がなかなかなくてですね(単に年始の挨拶が面倒だったという気もするが)。

とりあえず、今回は年賀状の画像を載せてお茶を濁しましょう。今年も死なない程度に生きます!

年賀状


[イラスト、デザイン][日常]
スポンサーサイト

大人の遠足/江ノ島&鎌倉編。

ライターのどす恋花子さんが勃起人、いや発起人となって、昨年から「大人の遠足」というイベントを仲間内で定期開催している。「人出の少ない平日に観光しよう」という社会性の欠落した人間たちならではのコンセプト、今回はプロレスラーのケン片谷さんプロデュースによる江ノ島&鎌倉の日帰りツアーと相成った。メンバーは他にウチ(アッパレ企画)の社長モトキさん、大学の先輩である黒田さん。まあ、楽しく参りましょう。

江ノ島駅
竜宮城を思わせる片瀬江ノ島の素敵な駅舎。「年齢的に、玉手箱を開けた後だよね」と40代前後の疲れきった面々。

富士山
見事な富士山が我々一行をお出迎え。小沢「俺、アメ横の友達に富士登山に誘われてるんだよ」どす恋「…えっ、ダメだよ! 聖ちゃん絶対死んじゃうからダメ!」。

江ノ島商店街
まだ午前中とあって人通りの少ない土産物屋街。高まる観光気分に大人用おむつは洪水寸前。

TUBE
冬眠中は献燈などの慈善事業に専念。

階段
生まれ持った性癖なのか、毎度高い所へ登りたがる一行。

ヨットハーバー
小沢「黒田さんのヨット、どれ?」黒田「巡視船のペンキが付着してるやつだよ」

猫
とにかく猫だらけの江ノ島。サザエ、ハマグリ、アワビ…いいもんばっかり食ってるのが容易に分かる毛並みと貫禄。

月岡芳年
岩屋洞窟の資料に月岡芳年発見。個人的に史上最凶のイラストレーター。

岩屋洞窟
テーブルを並べて酒を出したらいい商売になりそうな洞窟内。暗い所が大の苦手という片谷さんは「絶対に驚かさないでくださいよ、お願いしますよ、マジで! (天井の水滴が肩に落下)ひゃああああああああああっっっ!!」…あなた本当にプロレスラーかっつーの。

岩屋洞窟
無料サービスで渡されたロウソクを手に記念撮影。一番ビビっていた人の顔が最も恐ろしいという世界八番目の不思議。

江ノ島の突端
迫力ある岩肌に面した江ノ島の突端部分。「今初めて知ったんだけど…江ノ島って島だったんですね。いやあ、人生まだまだ学べることがあるんだな!」…社長、そういうことは早めに気付いてとっとと飛び級してください。

しらす丼
明らかに二食分はある名物のしらす丼。洗面器ほどの丼は小魚大虐殺状態。小柄な俺にはとても食べ切れる量ではないが、そこで役立つのは何といってもプロレスラー。

春風亭傳枝師匠
浅草の演芸場から直行で乱入してきた春風亭傳枝師匠。食事のタイミングがズレて、ひとり寂しくしらす丼をかき込む。まあ、この位の量が妥当だと思います。

春風亭傳枝師匠
「すみません、樽酒ください」「…」「すみませーん」「…」「あのー、樽酒を」「…」「勝手に飲みますよー」「いらっしゃいませ!」。

バカと青空
抜けるような青い空とバカの集団は実に相性がいい。

砂浜
光を反射するものはとりあえず拾わないと気がすまない、そんなどす恋の奇妙な習性。

犬
立ち上がると人の背丈ほどある大物。犬を苦手とする片谷さんはひとりガードレールの向こうに。つくづく…あなた本当にプロレスラーかっつーの!

瀧川鯉橋
街角のポスターに弟弟子の名前を発見。こういった土地に出張して仕事ができる芸人さんって本当に羨ましい。

鶴岡八幡宮
時空を超えていきなり鎌倉。いつの間にか加わった横塚(大学の同期生)と鶴岡八幡宮で初詣。源実朝と公暁の役の取り合いで揉める懸念もあったが、とりあえず全員一列に並ぶことで一件落着。まさに大人の判断といえよう。

絵馬
鶴岡八幡宮は素敵な絵馬の宝庫。しばし足を止めて名作鑑賞と洒落込む。この願いに込められた親子の背景を、君は理解することができるか? 俺には想像すらできないが。

絵馬
世界には秘められたパワーバランスがある。

絵馬
…ヒトラー、改心?

絵馬
太公望妊婦。

絵馬
あまりにも正直なだけで、この願いを笑える女性は世の中にそうはいないはず。

居酒屋
小町通りを冷やかした後、16時半頃から駅近くの居酒屋に突入。サワーのサービスタイムにはサワーのみ、ビールの時間はビールのみという徹底したセコい注文に終止、結局6時間も居座ってしまった。店員の女子がハキハキしてとても可愛く、どうにかして東京へ連れ帰ろうと本気で検討。

ラーメン屋
交代で居酒屋を抜け出し、向かいにあるラーメン屋でつまみ食い。店主との話題は例の「伊達直人フィーバー」。店主「山梨の方じゃ武田信玄ってのも出てきたらしいですよ」モトキ「そんな店長さんが、実は鎌倉で源頼朝を名乗って…!?」店主「い、いやあ…フフフフフ」。


まさか鎌倉から終電で帰宅するとは思わなかったが、今回も実に素敵な思い出を作ることができた。回を重ねるごとに充実していく「大人の遠足」だけに、次回も非常に楽しみである。次はさあ、もうちょっと遠いところへ行こうよ(行きのロマンスカー、あっという間で旅情ゼロだったぜ)。



[イベント][飲食]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用