☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

アンソニー・W・森引退記念興行。

外注としてドラゴンゲートさんのお世話になり5、6年ほど経つが、ポスターのデザインを承るようになってからの担当者はずっとアンソニー・W・森さんである。初めて電話でご挨拶した時、俺はお話している相手があの「アンソニー・W・森」だと気付かなかった。口調は非常に丁寧且つ穏やかで「こんなスタッフさんもいたのか」と驚いたくらい。ところが制作の日程について確認しているうちに「試合が…」というような言葉が出てきたので、「森…さん…もしかしてレスラーの?」と尋ねたら「はい、アンソニーです」という明快過ぎる回答が返ってきたのだ。

まあ、そういったやり取りは日本人同士の会話では極めて希有なものかと思うが(何せ「アンソニー」ですからな)、「エレガント・プリンス」だとか「王子」といったニックネームを持つ森さんは、仕事の会話をしている限りでもリング上のイメージに違わぬ好青年だ。外注の立場としては、本当に有り難い「担当さん」なのでございます。

そんな森さんが、唐突に選手生活を引退することとなった。今後はスタッフとしての業務に専念するという。まだ34歳、レスラーとしては十分動ける年齢かと思うが、ご本人には並々ならぬ決意があったのだろう。

というわけで去る12/2、森さんの最後の勇姿を見届けるため、後楽園ホールへ足を運んできた。

第一試合からセミファイナルまで素晴らしい試合が続き(いやあ、本当にどれも面白かった!)、遂に迎えたメインエベント。実にエレガントな出で立ちでリングインした王子からは、穏やかな闘志がしゃなりしゃなりと伝わってくる。そしてリングアナからのコール時には、ファンクス或はクラッシュギャルズを彷彿とさせる怒濤の紙テープ! あれだけの量は久しぶりに見たなあ(白とピンクとで、リング上はさながら珊瑚礁)。

自ら先発を買って出た王子は、上品な腰つきで相手選手に強烈なチョップを打ち込む。技のひとつひとつをしっかり確かめているようでもある。 敵も味方も一緒になって声を挙げ、指を突き上げての「行きますよ!」は何とも微笑ましかった(ちなみにこの試合、7vs7の14人タッグというかなりの大所帯で行われた)。

アンソニー・W・森
↑技名のネーミングセンスも含め、個人的に大好物のエレガントーン。勿論最後のリングでも華麗に炸裂。これが最後というには勿体ない、空中姿勢の高貴な美しさに改めて感動。

引退試合には付き物の厳しい餞別を散々喰らった王子だが(超ハイアングルなフジイ選手のチョークスラムに驚愕)、終盤に展開されたピタゴラスイッチを思わせる大仰な同士討ち合戦の隙を突き、得意のエレガント・マジックで見事3カウントを奪取。慌てず騒がず真面目に頑張った人は最後に報われるという、そんな教訓を含んだ有終の美であった。

試合終了後の引退セレモニーでは、マスコミ各社及び団体、選手会等から王子へ記念品の贈呈(俺が知らなかっただけとはいえ、ドラゲーさんの選手会長がハルク選手だったというのは意外な事実)。かつての「ヘンリー」こと菅原拓也選手から花束で引っ叩かれたりと、結局変わることのなかった人の好さを発揮した王子は、超満員の観衆たちに手を振りながら「ありがとうございました。そして、さようなら!」。ああ、好青年にも程があるよ…。

三十路を過ぎたとはいえ、王子は王子のまま我々の目前から消えていった。ボロボロになるまで闘い抜くという美学もあるだろうが、このタイミングで引退することによってアンソニー・W・森という存在はプロレスが持つ虚実の何かを超えてしまったのかもしれない。プリンス・トンガがキング・ハクになるような出世魚っぽい手順は当然考えられたはずだが、アンソニー選手の引退劇はプロレスラーとして、或はエンターティナーとして究極の選択だったという気がする。

色々なことが沢山あったが、メインが本当にいい試合であったことが一番素晴らしかった。アンソニー・W・森選手、10年間の選手生活おつかれさまでした。


[イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][イベント]
スポンサーサイト

アメどんが日記を執筆!?

ボジョレーヌーボーの次は、いよいよ忘年会シーズン…結局年中飲んでますな、我々は。『日本全国酒飲み音頭』を地でいってるというかね。しかしバラクーダー(ユニット名)って、どうしてバラクーダー(魚)だったんだろう?

今回は他所様のブログをご紹介。上野アメ横商店街連合会青年部の公式ブログ『アメ横ちゅ~どく』に、当方デザインのイメージキャラクター「アメどん」が自ら日記を執筆しているという情報が飛び込んできた。

アメどん

↑自分で描いておいて何だが、確かにキーボードくらいは打てそうな手付きだ。

本日付けの日記は通算で2度目のエントリー。どうやら先日ゲスト出演(?)したフォークデュオflower wrapのライブをレポートしているようだが、彼のケダモノとは思えぬ巧みな筆致には、生みの親ながらひたすら感心するばかりだ。堅実且つ軽妙な文章構成、溢れんばかりのユーモアー、世界が涙した感動の結末…一見の価値はあるとアメどん本人に代わって断言しておこう。

『アメ横ちゅ~どく』アメどん日記「flower-wrapユニット結成記念LIVE」。
http://blog.livedoor.jp/ameyokotaberu/archives/51571871.html

それにしても、あんな得体の知れない生き物が本当にブログなんか書けるものだろうか。もしかしたらゴーストライターが…おっと、それ以上詮索したらアメ横からヒットマンが飛んでくるぜ。


[イラスト、デザイン][着ぐるみ]

今日はK-1GPか。

単行本用に描き続けてきた新旧著名人の似顔絵仕事が終了した(修正の可能性はまだあるが)。「結構描いたよなあ」とフォルダの中身を確認したら、何と84人分もあった。ムチャクチャ楽しかったけど…当分人の顔は見なくていい。

その疲れで昨夜は『タモリ倶楽部』も観ずに寝てしまった。目覚めたのは早朝5時。新聞を読みながら「そうか、今日はK-1GPか」と思い出した。出場メンバーには相変わらずの顔ぶれも。ピーター・アーツなんて、5年くらい前から着ぐるみになってるんじゃねえのか(中身は正道会館の不細工な黒帯とみた)。

現場の目撃情報から海老蔵傷害事件の主犯と目されていたアリスター・オーフレイムは、容疑者逮捕により嫌疑が晴れて無事GP出場へ。かつてのボブ・サップがそうだったが「こいつに持ってかれちゃ困る」という優勝候補がいる大会は面白い。というか、個人的に今回はアリスターしか見どころがなかったりしてな。

アリスター・オーフレイム
↑流石にこんなに汚くはないが(眉毛も繋がっていないが)…希望的観測を込めて、優勝はこの男と予想しておこう。まあ、そう上手く事が運ぶものではないが。

これまた優勝候補のセーム・シュルトについては、彼だけ正座の状態で闘うというルールをそろそろ制定すべきだと思うが、もし同じ控室にセルゲイ・ハリトーノフがいれば、流石の大巨人も精神的にかなり追い詰められることだろう。マットに貼付け状態で血みどろにされた、あのトラウマ試合だけは忘れられまい。


↑コレが問題のハリトーノフ戦。観ている方まで辛い試合というのは、そうはないものである。

お通夜のような表彰式が予想されるシュルトのV5を阻止すべく、関係者がそういった小細工を試みることに期待したい(そういえばハリトーノフって、アリスターにも勝ってるんだよなあ)。

しかし今日の俺は、K-1ではなくプロレスの会場へ行くのだった。久しぶりの大所帯観戦なので非常に楽しみ。ついでに忘年会でもやって帰ってくるか…。


[イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用