☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

NHKと俺、その1。

基本的に夜行性である俺は、深夜の作業中にNHKを流しっぱなしにしていることが多い。民放は番組を選ばないと何かとやかましいが、終止落ち着きのあるNHKであれば仕事環境に殆ど影響がない。せいぜい『ためしてガッテン』再放送の山瀬まみが気になるくらいである(今さらながら…テレビに出る時は鼻かんでくれないかなあ)。

そんな素敵なNHK、昨夜は深夜1:30から『追跡!A to Z』という番組を再放送していた。「どうする?ペットの“最期の行き場”」というテーマでペット葬儀の事情や問題を追跡していたのだが、番組内で触れられたあるエピソードに、作業中ながら思わず目と耳を奪われてしまった。

紹介されていたのは、熊本市の動物愛護センター。その施設で保護されていた一匹の雌犬が、どういった由来なのか「イノキ」と命名されていたのである。我が国において、「イノキ」という響きは限りなくワン&オンリーなものだ。「イノキ」といったら、それは誰にとっても「イノキ」でしかない。

イノキ

「散歩が大好きなイノキ」「身体が一回り大きくなったイノキ」「お手やお座りも何なくこなす利口なイノキ」…しっかりと主語が含まれたナレーションに、何ともいえない違和感を覚える。「散歩というかランニングは日課だろうけど、人の言うことを簡単に聞くタマではないだろうなあ」などと、ついつい犬の話題であることを忘れてしまうほどだ。

その犬の方の「イノキ」に関するレポートがあったので、一応ご紹介しておこう。

☆『追跡!A to Z』番組ブログ 
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki-blog/2010/06/21/

文中の「眉間にしわを寄せ、苦悩の表情を見せるのがイノキのクセでしたが」という一文に「そうそう、そこからが見せ場だから」と妙に納得するも、「表情が穏やかになり、以前より丸い体型に変わっていました」と続いたのを見て「違う、イノキはそれじゃいけない!」と、またもや犬の話題であることを忘れて…。落日の闘魂は見たくないんだよ!

タイトルが「その1」ということは「その2」も考えているということですな。今NHKといったら、どうしたってあの話題でしょう? やはり黙ってはいられないというかねえ。


[日常]
スポンサーサイト

NHK と俺、その2。

このところ少々忙しくて、ブログにどうしても手が回らなかった。前回の当ページで「大相撲中継の中止問題について書く」というようなことを匂わせていたものの、気がついたら既に初日が過ぎてしまった。いやはや、アップ・トゥ・デイトに生きなきゃいかんですねえ。

当然ながら個人的な意見として受け取って欲しいが…大相撲中継を中止したNHKの判断は、流石にヒステリック過ぎるという気がする。場所前の新聞には「視聴者の意見の大半が中継反対」と書かれていたが、抗議電話の本数が視聴者全体のサンプルになるとは誰も思わないだろう。だって俺、電話しようなんて1ミリも考えなかったよ?

単純に疑問なのは、テレビ中継の中止を訴える人たちの中に、どれほど相撲ファンが含まれているのかということである。大相撲を愛するが故に「ここは断腸の思いで…」と、あえて具体的な苦言を呈した方もいるだろう。しかし、ファンの立場にある人たちの多くが、そこまで究極的な選択を望むとはとても考えられない。賭博問題の当事者を解雇、謹慎とした上で開催する名古屋場所、それでもテレビに映るものは「汚らわしい」とする判断なら、それは大相撲の存在そのものを否定していることに等しいからだ。

まあ、世の中全体が過剰な潔癖性になっているという気はしますな。「視聴者からの意見」と言い張って放送の中止を発表したNHKには「ちょっとズルいな」という印象もあるが、実際は声無き声の圧力に屈したというところかもしれない。一種の大英断のように捉えられている今回の一件も、本当は一番ラクな選択をしただけなんじゃないかと思う。みんな突っ込まれるのが怖くて仕方ないからなあ。

かといって悪いことをした人は本当に悪いのである。闇社会との関係は淘汰されていくべき問題だろう。まあ、公益法人を食い物にしている組織の是非には殆ど触れず、相撲協会ばかり徹底的に批判する向きを見ると「連中となあなあで共存しているのは世間様も一緒じゃないか?」と皮肉を言いたくなるが、やはり業界もその辺りはスマートにやって欲しいと思う。

だからといって、ここまで大袈裟な連帯責任を課すのはいかがなものかという話で。日々一生懸命頑張っている無実の力士や関係者たちを巻き添えにすることに、果たして何の意味があるのか俺には全く理解できない。「高校野球だって部員ひとりが不祥事を起こしたら、チーム全体が出場停止になる。だから仕方ない」という声もあるが、そもそもその風潮自体がおかしいというのが個人的な考えである。

つまるところ「放送中止とは、誰がための判断なのか」ということに尽きる。業界が頭を下げるべき相手は世間のどの辺りなのか。そして、謝罪されるべき人たちの望みと今回の判断とは、どこまでシンクロしているのか。つくづく疑問ではあるが、そういった戸惑いはNHKにもあるようで、18時からダイジェストを放送するという中途半端な選択にそれが伺えたりする。

結局のところ、みんな流されているような気がするんだよなあ…。



堅苦しい文字ばかり並んでは面白くないので、落書きもちょいと載せておこう。

ブロック・レスナー シェーン・カーウィン
↑文字通り「ゴー・フォー・ブロック!」

ちょいと前の話ですが、いやあ「UFC116」のメインエベント、無茶苦茶面白かったですねえ。ああいうバケモノ対決を見てしまうと「絶対戦争すりゃすぐ負けちゃうよ、カモン」という岡村靖幸ライクな気持ちにもなる。ヒクソンやヒョードルと違って、レスナーって顔立ちがあまり利口そうに見えないんだよな。それが試合の迫力に更に輪をかけているような気がする。フィニッシュの肩固めだって、もはや技に見えないもんなあ。どうにもならんな、こりゃ。


[イラスト、デザイン][プロレス、格闘技][日常]

アクラム・ペールワンTシャツ新発売!

皆様、おこんにちは。お暑うなって参りましたが、如何お過ごしで? というわけで、文体が丁寧な時は新作Tシャツの告知なんでございますわよ。うふん。

さて、今回お披露目しますは、あのパキスタンの英雄、砂漠の伝説、インドレスリング最強の漢(をとこ)…ご存知、アクラム・ペールワンのTシャツでございます。

アクラム・ペールワン01
↑フロントプリント見本(クリックすると多少肥大化します)

アクラム・ペールワン02
↑バックプリント見本(こちらもクリックするとやや肥大化します)

フロントプリントの妖しげな文字は、パキスタンの公用語であるウルドゥ語です。上段は「アクラム・ペールワン」、下段は「コシティ(クシティ)」と読みます。図書館で辞典を調べたりして、ちょっとした勉強になりましたよ。『解体新書』を書いた杉田玄白の気持ちがよく分かりました。

ちなみにコシティとは、単に「レスリング」という意味です。日本のプロレス界では同名のトレーニング器具が有名でしたが、あれは正しくはミールというそうですね。つまり海外に鉄砲柱を輸出して「スモウ」と呼ばれるようなものです。まあ、解説としては蛇足もいいところですが。

バックプリントのタイトルは「The rise and fall of Akram Pahalwan and his clans」(アクラム・ペールワンとその一族の栄枯盛衰)。分かる人には元ネタがデヴィッド・ボウイとバレてしまいますが、ここではアクラムとボロ一族の儚い物語が英文で記されています。パキスタン最強のレスリング一家として名を馳せたボロ一族でしたが、五男のアクラムが日本からやってきたアゴの長いペールワン(レスラーの意)にアームロックで腕を折られ、一夜にしてその誇りと名声を失うのです。これほどまでに壮絶且つロマンチックなストーリーは、滅多にあるものではありません。背景のあれこれも含めて、個人的にも大好物の一戦です。

腕を折られても心は折れなかったアクラム…このTシャツはそんな英雄を讃え、完全にパキスタン側の目線で制作されています(「折られたぞー!」みたいな)。この逸品を身に着けて、ジメジメした日本の夏を、炎天下の砂漠のようにカラッと過ごしては如何でしょうか?

商品のご確認、お買い求めはこちら↓からお願い致します。
「ドージョーアッパレ!Tシャツ販売所」アクラム・ペールワンTシャツ
http://appare-kikaku.com/index.cgi?002#head



[Tシャツ][イラスト、デザイン][プロレス、格闘技]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用