☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

淋しい淡水魚。

某関取から某業務のご依頼があって、昨日は都内某所の某相撲部屋へ出掛けてきた。某某某某って…俺は情の深い女か(分かりにくい例えだな、これは)。まあ、今のところはまだ形になっていない仕事なので、しっかりとモノになった段階で作品をご紹介させて頂きたいと思う。初めてのことばかりで驚いたり勉強になったり楽しくて仕方ないが(関取も「面白いっスねえ」とおっしゃっていました)、自分に許される範囲でのこのようなチャレンジは今後も続けていきたい。

まあ、こういった場所に記して罪のないものといえば、例えばグルメとかペットの話題でして…とはいえ、俺がそんなことを書いて皆さん面白がってくれるのかは実に微妙。グルメったって近所のファミレスやラーメン屋さんの話題ばかりになるし、ペットといっても集合住宅住まいで特に何も…と思ったら、実はひっそりと飼育している生き物がいるにはいるのだった。

クチボソ

…どうです、地味でしょう? 和名はモツゴ、一般的にはクチボソという通り名で知られる小型の川魚である。家族が旅先の河川で捕まえてきたもので、まだ幼魚とみえて全長は4センチほど。群れになっているならまだ見栄えがあるが、我が家の水槽に生息しているのはこの一匹だけである。

俺は小学校の最初の四年間を横浜市緑区(現在は青葉区の範囲)で過ごし、その当時たまプラーザ駅前の噴水で初めてクチボソの存在を知った。噴水自体は殆ど機能していなかった記憶があるが、藻や水草で水深が分からないほどワイルドになった池には数種類の淡水魚が生息しており、街の子供たちの立派な漁場になっていた。

駅前ロータリーの噴水で、小学生たちが輪になって竿を構える光景…今振り返ってもシュールなものがあるが、「誰かが勝手に捨てた魚だし、どんどん持って帰っちゃってよ」と近くの交番に詰める警察官からのお墨付きであった。目に見える錦鯉などはまず釣れず、掛かるのはいつもクチボソや小ブナばかり。それでも楽しくて楽しくて、竿を抱えて毎日のように噴水へ通った。子供を取り囲む環境が、まだまだ大らかな時代の話である。

噴水の池が埋められたのは、いつ頃だったのだろうか? 俺がたまプラーザから去った頃、駅前の東急デパートはまだ完成していなかった。街がどんどん賑やかになって人の数は劇的に増えたはずだが、果たしてクチボソたちは何処へ行ってしまったのか。あの頃は、小学校の裏山で、小振りではあったがカブトムシを捕まえることもできた。数年前に訪ねてみたら、山自体がなくなって真っ平ら、見渡す限りマンションだらけで「何だこりゃ!?」とのけぞるほど驚いてしまった。

我が家の孤独なクチボソは、存在もイメージも、何もかもがセンチメンタル過ぎる。


[日常]
スポンサーサイト

グルメ。

前回の当ブログでペットネタを解禁した俺だが、今回はいよいよグルメ方面にも触手を伸ばしてみようと思う。これで俺も人並みのブロガーの仲間入りである。

先日、遅めの昼食を取るために某チェーン系のレストランへ足を運んだ。時間は確か四時半頃…まあ、そういうのは早めの夕食というべきかもしれないが、今回こだわりたい問題はそこではない。

店員に案内されて禁煙席に座った俺は、特に迷うこともなくハンバーグを注文した。これまで何度食べてきたか分からないメニューだが、不思議と未だに飽きることがない。

待つこと数分、鉄板をジュージューいわせながらハンバーグが運ばれてきたが、そこに通常乗っているはずの目玉焼きが見当たらない。こちらから尋ねるまでもなく、店員は「目玉焼きは後ほど御持ちします」という。以前にも同じことがあったが、何らかの理由で目玉焼きを作るタイミングがズレてしまったのだろう。

そんなことでいちいち腹を立てる俺ではないが、やや半熟の目玉焼きとハンバーグを絡めるのが好きな俺ではあるので、この状態には少々の忍耐を強いられた。「早く目玉焼きこないかなー」と思いながら、削るようにハンバーグを食べていたのだが…気がついたら目の前にあった食べ物がすっかりなくなっていた。早い話が、目玉焼きは完全に忘れ去られていたのである。

食後しばらくコーラを飲んでいたが、目玉焼きが運ばれてくる気配は一切ない。「まあ、今さら玉子だけ貰っても…」と諦めて席を立つことにした。会計を担当しているアルバイトらしきあんちゃんに「あのー、目玉焼きが最後まで来なかったんですよね」と伝えると、彼はややバツが悪そうに「あ、すみません」と笑顔を見せて…その直後、何事もなかったようにレジを打ち始めた。

大学時代の四年間、俺はレストランでアルバイトをしていた。「バイトの立場で勝手な判断をしてくれるな。何か問題があったら、すぐに上司に報告しろ」と、そういったことを当時徹底的に仕込まれた。それは業種に関わらず、どの世界にも共通している常識であろう。何も、そのあんちゃんに何かしらのフォローをして欲しいわけではない。

今回の一件、職場の教育の問題なのか、或は「今時の若者は…」という話なのか、それは分からないが…ひとつ原因として考えられることがある。それは、人件費削減による従業員の人数不足である。この不況下、多くの飲食店が従業員の採用をかなり押さえている。当然ひとり当たりの仕事量は手一杯になり、他の従業員を監視、教育する余裕もない。そもそも目玉焼きが間に合わなかったのも、その辺りに原因がある可能性は高い(こだわるようだけど、俺、目玉焼きが大好きなんだよ…)。

一ヶ月ほど前、昼時に別の某ファミレスへ行った時の話だが…店の入り口で「すみませーん」と声をかけても「いらっしゃいませ」すら聞こえてこないので、五分近く我慢してバカ負け状態で踵を返したことがあった。広い店内では、二名の女性店員が必死に右往左往していた。ある程度寛大な解釈をすれば、彼女たちにそれほどの罪はないのかもしれない。そう思えば大して気にはならないが、結局のところその店には今日まで一度も足を運んでいない。

経済や経営の専門家ではない俺が、偉そうに素人分析をするのは失礼極まりないと承知しているが、これは一消費者としての素直な感想である。何処も苦しいのは、自営業者である俺にはよく分かる。しかし、不完全な商品を提供して苦笑いで済ませるような状態では、折角美味しいものを出していてもひたすら勿体ないばかりだ。

とりあえずこれだけは言っておきたい…目玉焼きを作る人材と運ぶ人材、それだけはしっかり揃えておいて欲しい。

まあ、俺がグルメ書くっていってもねえ、結局こうなっちゃうんだよ。ええ、すみません。


[飲食][日常]

パンク酒。

仕事の進行にある程度目星が付いたので、かねてから誘いのあった宴席へ出掛けてきた。二ヶ月に一度のペースで開かれるこの宴会、主催はパンクバンドでヴォーカルをブッこいているI氏である。

I氏は専門誌のインタビューを受けるほどの大相撲マニアとして知られ、ライブハウスの壁という壁に番付表を貼って支配人に怒られたりしている素敵な人物である。初めて彼に会ったのは相撲部屋の餅つき大会で、お互い共通の力士と知り合いだったこともあり、早くもその場で意気投合してしまった。

とにかくI氏の相撲好きは半端ではないのだが、この手のマニアにしては珍しく業界側からの信頼が非常に厚い(どの世界でも、ヘビーなオタクは警戒されやすいものである)。彼の結婚式には力士に加えて呼び出しさんまで出席し、壇上では寄せ太鼓が披露された。そんな演し物、どんなパーティでもお目にかかったことがない(そもそも発想自体ないでしょ)。

↓で、その結婚式でI氏へ贈ったイラスト(Tシャツにしたんだっけ?)

レイズ・ア・フラッグ

都内某所で開催された「いつもの会」には、相変わらず気兼ねのないメンバーが集まっていた。旧知のお相撲さんがふたり参加していたが、彼らはいわゆる同期生。「入門した頃は100人以上いた同期も、今では7、8人しか残っていない」という。つくづく厳しい世界ということだが、その100分の2が目の前にいるというのも有り難い話だ。やはり、彼らは何かが違ったということなんだろう。

パンクスだらけだから…ということではないだろうが、宴会場に設置されたカラオケは後半からフル稼働。当然こちらにもお鉢が回ってくるので「何を歌おうかなあ」と迷っていたら、方々から「小沢さんは『グロリア』でしょう」…って、何故だ? つい最近、別のお相撲さんたちとカラオケへ行った時も「小沢さん、『グロリア』で」と言われて「…どうして?」と尋ねたら「ウチの部屋では「小沢さん=『グロリア』です」と当然のように返されていたのだった(変な方程式を作らないように)。

まあ、こういっちゃ何だが、別に好きな曲じゃないんだよなあ(ジギーのファンの皆さん、恐縮です)。最初は「これって伊藤咲子の『きみ可愛いね』に似てるって有名だよね」というところから始まったんじゃないかと思うんだけど、どうしてこうなっちゃったのか自分でも謎。

正直いって、俺は物凄く歌が下手だ。でもね、一生懸命歌いましたよ、『グロリア』を。『きみ可愛いね』に乗せて。

ちなみに、パンクス連中はこういう時にどんな曲を選ぶのかというと、U2の『With Or Without You』だとか、谷村新司の『サライ』だとか、『宇宙刑事ギャバン』だとか…ジャンルへのこだわりは、まったく存在しないご様子。歌いたいモノを歌う、それがパンクの魂。

というわけで、話の締めくくりに伊藤咲子の『きみ可愛いね』。「♪歪んだ煙を見つめながらー」って、そんな気持ちで聴いてください。




[イラスト、デザイン][音楽][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用