☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

ネクロブッチャーTシャツ、販売させて頂きます。

いよいよ明日5月4日(火)横浜文化体育館で開催される、大日本プロレスさんの“設立15周年記念 DEATH & CRAZY That's The Way Of The BJ-World”ですが、主催者様のご厚意により会場売店にてTシャツを出張販売できることになりました。久々のBJW登場に燃えに燃えているネクロブッチャーの公式Tシャツ、税込み3,000円にてご提供致します。クレイジーなデスマッチファンの皆さん、実は品行方正な皆さん、どなた様も会場でお手に取ってご覧になってください!

necro_t02.jpg

実はこのTシャツ、IGFさんの会場で販売させて頂いた際には、家族連れやカップルのお客さんから「…うわ、気持ち悪い」と遠巻きに眉をしかめられたりして、かなり複雑な事情を持つ商品でもあるんですね。まあ、自分で描いておいてアレですけど…そりゃ幼子やカノジョに与えるもんじゃないですな。しかし明日の横浜文体に集結するのは、血みどろ上等でハードコアな皆さんですから! 思い切って、ご家庭へのお土産にもどうぞ。新婚さん&珍婚さん、いらっしゃい。

ちなみに来日を目前に控えたネクロ氏、かなり気合いが入っています。「I love BJW!」という彼の言葉に、偽りはないでしょう。とにかくシッチャカメッチャカやって頂きたい!

※通販はこちらをご利用ください。
『ドージョーアッパレTシャツ販売所!』


[イラスト、デザイン][Tシャツ][プロレス、格闘技]
スポンサーサイト

帰ってきたネクロブッチャー。

タイミングが少々遅くなったが…今回は、我々も販売ブースを出店させて頂いた5・4横浜文化体育館『大日本プロレス設立15周年記念 DEATH & CRAZY That's The Way Of The BJ-World』(長い! しかしそれだけ夢がある!)のレポートを(ネクロブッチャーさん中心で)お届けさせて頂きたい。ウッス。

当日の試合開始時間は15時半。我々アッパレ企画の販売員は、開場時間14時45分に会場入りし、売店スペースの一角を頂戴して商品をチン列。今回の目玉(っつーか、それしかないのだが)は、我らがネクロブッチャーの公式Tシャツ。血まみれのネクロさんが心臓を鷲掴みにしたデザイン、客層の違いからかIGFさんの会場ではまるで人気がなく(トホホ…)、初出店の両国国技館ではたった7枚しか売れなかったという切ない思い出が。「気持ち悪ーい」って囁き声が、柱の陰から聞こえてきたりするんですよね。

48932594_983205934.jpg

しかし今回の会場は、血みどろ悪趣味大好きなキチGuyたち(勿論褒め言葉ですよ!)が集まる大日本プロレスさん。お陰さまで、試合開始前の時点で予想以上の枚数をお買い上げ頂くことに。感謝感激、お客様はカール・ゴッチ!

久々の古巣参戦ということもあり、今回のネクロさんは来日前からかなり気合いが入っていた。第四試合に登場したネクロさんは、松永光弘さんから授けられたリストバンドを身につけて、見るからにヤル気満々。「わ、なんかヘンなの来たぞ!?」的な入場時の迫力は、いつ見ても素晴らしいものがありますな。

297.jpg

試合はいきなりの場外乱闘。ギャーギャーいいながら逃げ惑うお客さんたちの楽しそうなこと(こちらは二階から高みの見物)。リングに上がれば、ふたつのパイプ椅子を背中合わせに立て、そこに相手を叩き付ける技(…技かね?)に異常なほど執着。なかなか上手く決まらないものの、客席はかえって「今度こそ!」というノリに。やや薄暗い会場も、ネクロさんの存在があっては寧ろ程よいムード。頭突きやパンチの乾いたサウンドが、会場中に不気味に響き渡る…ああ、玉乱。

48932594_1678533891.jpg

激闘を終えたネクロさんは、来日直前に痛めた右膝をかばいつつ、巨体を揺らしながら哀愁たっぷりに退場。石川選手の張り手を食らった左耳を押さえて「No sound」を連呼していたから、或いは鼓膜が破れたのかもしれない。毎度何かしらのダメージを負っているのだから、本当にハードコアな人生である。

「新鮮な空気を吸いたい」と体育館の庭にしゃがみこんだネクロさん、スポーツドリンクを片手に「危ない試合だったよ。イシカワと聞いてBJWのヤングボーイだとばかり思っていたら、他団体のデカいのが出てきたんだよなあ…」。いやあ、流石はネクロさん、勘違いにまで味があるというか。

296.jpg

そんなネクロさんがサイン会を開いてくれたこともあり、休憩時間&試合終了後もTシャツ売り場は大盛況。お買い上げ頂いた皆様、フライヤーを受け取ってくださった皆様、本当にありがとうございました。サイン入りのTシャツを嬉しそうに持ち帰ってくださるお客さんを見ると、我々も我がことのように嬉しくなるものなんです。これからもネクロブッチャー選手を、アッパレ企画を何卒よろしくお願い申し上げます。

ところで…メインエベントも凄かったですな! 高所から落下するスタイルとしては、現時点での究極という気がする(一緒に見ていたネクロさんも、所々で声を挙げて喜んでいましたよ)。ひたすらバイオレンスなデスマッチも大好物だが、伊東選手たちの試合にはジャパニーズに特有の品があるという印象。高いところに登った時の、キ○タマがすっぽ抜けるような野郎独特の感覚、アレに弱い俺としてはとても真似出来ないデスマッチではある(真似とか、それ以前の問題だけど)。


※流石に完売には至らなかったネクロブッチャーTシャツは、『Tシャツ販売所!』にて絶賛在庫消化中。お買い求めは下記ページからお願い致します。

http://appare-kikaku.com/


[イラスト、デザイン][Tシャツ][プロレス、格闘技][イベント]

瀧川鯉之助改メ春風亭傳枝・真打昇進披露興行。

友人の瀧川鯉之助さんが春風亭傳枝と名を改めて、めでたく真打に昇進したことを先日書かせてもらったが、この週末は浅草演芸ホールで開催された「瀧川鯉之助改メ春風亭傳枝・真打昇進披露興行」(長い! しかしそれだけロマンがある!)へ足を運んできた。

スカイツリー
↑この日の浅草は、晴れ舞台に相応しい見事な晴天。国際通りから臨むは、青空をバックにそびえ立つ東京スカイツリーの勇姿。まだ建設途中なのに、この威風堂々っぷり。まるで伸び盛りの噺家のようですな…って、俺今いいこと言ったから全員メモしておくように。この建物、ここで造るのを中断しても、ジオングみたいで哀愁が出るような気がする。

03.jpg
↑折しも三社祭の初日とあって、町中何処もかしこも「セイヤ、セイヤ」と大賑わい。お祝い気分も高揚してきて、なかなか気分がいい。つい導かれるままに浅草寺まで行ったら、人混みに惑わされて劇場まで戻る道を忘れてしまった(俺、物凄い方向音痴なんですよ)。仕方なく方々をブラブラしていると、祭り姿のいなせな兄貴が、ふんどしの脇から小イモをブラブラさせているのに出くわして「お、奇遇だね」。気合いの入った江戸っ子たちは、細かいことには一切こだわらない模様。

02.jpg
↑仲間たちとの待ち合わせ時間までに、どうにか演芸ホールへ帰還。番組表を見ると、傳枝さんは本日のトリになっている(二名の新真打が交代で務めるシステム)。これは実にタイミングがいい。まあ、我が事のように誇らしい気持ちにもなりますな。

14時過ぎの時点で場内は満席状態。盛況ぶりに感心しつつ二階の立ち見スペースへ上がり、先乗りしていたプロレスラーのケン・片谷さん(演芸マニア)と合流。聞いたところ、随分と早い時間から座席は埋まっていたようである。

桂歌丸
↑仲入り前には、『笑点』の司会者としてもお馴染みの桂歌丸師匠が登場。高座に向かう姿を見るだけで、何だか得をした気分になる。自身の病気をネタにしても、痩せ細っていい具合に枯れた身体から発せられるパワーは、やはり尋常なものではない。

15時頃になって口上開始。二名の新真打と師匠、協会の幹部、司会が壇上に。おごそかな雰囲気ながらも、終止笑いっぱなし。十数年間に及ぶ新真打の修業期間を、瀧川鯉昇師匠が「殺人の時効とほぼ同じくらい」と例えたのには大笑いした。

04.jpg
↑いよいよメインエベント、瀧川鯉之助改メ春風亭傳枝の登場。演目は『時そば』。鯉之助時代に彼の落語は何度も聴いている。この日は今までにない状況での高座だったわけだが、勝手なことをいえば「うわ、メインエベンターだ」というオーラをビンビン感じた。殺人の罪から逃げ回るくらいの時間と苦労が、ここでモノをいっているんだという印象。最初は「見守る」雰囲気だった客席も、徐々にくだけてみんな大笑い。実にハッピー。これだけ楽しいんだから、毎年真打に昇進して欲しいとつくづく思う(←こればっかり)。

05.jpg
↑終演後は、三社祭で混雑する浅草を避けて上野で宴会。アメ横さんのブログで紹介されていた『鳥番長』というお店にチン入。今年の四月にオープンしたばかりだというが、雰囲気も味も素晴らしく、近所に住んでいるA夫妻は早くも「常連宣言」。スタッフの皆さんもフレンドリーでいいお店ですから、皆さんも是非お立ち寄りしてみてください。塩煮込みだっけ? あのスープは旨かったなあ。


『炭火鳥料理 鳥番長 上野昭和通店』
〒110-0005 東京都台東区上野6‐7‐18 メッツビル1F


[イラスト、デザイン][落語][イベント、行楽][飲食]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用