☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

春風亭傳枝真打昇進披露パーティ。

瀧川鯉之助さんと知り合ったのは、もう7、8年前…落語会の打ち上げ(の二次会)でご一緒して、いきなり論争その後意気投合。初対面だというのに、明け方になって彼の部屋に突入し、そのまま昼過ぎまで焼酎の牛乳割りを延々と飲んでいた思い出がある。

そんな鯉之助さんがいよいよ真打ち昇進、春風亭傳枝(でんし)と改めてのお披露目パーティが開催された。飲み仲間である当方は、口上書きの表紙絵を担当。光栄なお仕事を頂いて嬉しい限りですな。当人の要望を全て盛り込んだら、こんなにやかましい絵になってしまった(何しろマニアックな人ですから)。この手のお祝い事で流血している姿は、ちょっと珍しいだろう。

denden.jpg


会場は実に大きなホテルオークラ。宴の司会は『笑点』でもお馴染み春風亭昇太師匠。落語の世界ならではというか、厳かでありながら雰囲気に堅苦しいものがない。「なるほど、素人の結婚式がつまらない訳だよなあ」と、ストレスのないスムーズな進行に心から感動してしまった。

ちょっと驚いたのが、乾杯直後いきなり中締めになる段取り。芸人さんの集まりなので、仕事のある人はここで退席ということらしい。というわけで、開始10分で三本締めが始まってしまう。『東京かわら版』誌の田谷君曰く「これは協会の伝統ですね」。業界によって様々なルールがあるものだ。

39番テーブルに同席したのは、ライターのどす恋花子さんと、CMAプロレスの皆さん。傳枝さんがいうには「おかしな連中を集めた席」ということらしい。案の定、「今日は飲み放題ですよね?」と完全に居酒屋気分。ホテルマンが逐一ビールを注いでくれるのだが、「2、3本瓶を置いていってください」と手酌開始。まあ、主役が主役だし、それでいいんじゃないかね。

当然余興もあって、四人の新真打ちがそれぞれブッキングしていた模様。トップバッターは、なんと赤い連獅子スタイルのザ・グレート・カブキ氏。どう考えても傳枝プロデュースとしか思えない人選である。名曲「ヤンキーステーション」に乗せて、壇上で見事なヌンチャクさばきを披露したカブキ師匠の勇姿に感動! 引退して久しいだけに、ご本人は相当お疲れのご様子でしたが、いやあ、興奮したわー。

kabuki.jpg

その後もお楽しみが続き、宴はトータルで二時間ほど。傳枝さんは「私には夢がありまして…六畳一間風呂なしアパートに暮らす真打ちになってみたいと。その夢が今日かないました」といった挨拶で大いに笑いを取っていた。最後は日本のフィル・コリンズこと三遊亭小遊三師匠(←そんなこと誰も言ってないでしょ)の音頭で三本締め。実に濃厚なひと時でございました。

傳枝さん、改めておめでとうございます。そしてパーティが凄く面白かったんで、年一回のペースで昇進してください。自分の誕生会なんかも、できれば毎月やりたいもんね。

denzawa.jpg


※春風亭傳枝真打昇進披露興行
◎新宿末広亭 夜の部17:00-21:00・5/6(木)-10(月)
◎浅草演芸ホール 昼の部11:40-16:30・5/11(火)-15(土)
◎池袋演芸場 夜の部16:45-20:30・6/11(金)-15(火)
       昼の部12:30-16:15・6/16(水)-20(日)


[イラスト、デザイン][イベント][落語]
スポンサーサイト

リアルバウト画廊伝説。

ネクロブッチャーさんがビールをジョッキで27杯飲んで、俺がウン万円支払ったことで知られる高円寺『Ann』の麻里伊さんから「友人が画廊を始めるので、オープン記念パーティに来てください」というメールが届いた。麻里伊さんはかつて映画関係の仕事をされていたことがあり、現在は廃人…そうそう、長年の炭坑暮らしが災いしてね…って違う。俳人としても活躍されているので、文化芸術方面に大変顔が広い。「聖さん、個展でもやってみたら?」というお誘いもあり、そのきっかけを期待して大久保の画廊『RIU』まで足を伸ばすことにした。

まあ、しかし大久保に画廊という組み合わせが異色ではある。この街、道を歩いていて日本語が殆ど耳に入らない。「国際性豊か」といえば聞こえはいいが、まだ陽の高いうちからアジア系の商売女性が色目を使ってくるし、地下のカラオケスナックからはハングル訛り(?)の『悲しみにさようなら』(安全地帯)が聞こえてきたりと、ちょっとした異次元空間。目的地である画廊の隣は病院で、「泌尿器科」とか「性病科」とか書かれた巨大な立体看板が掲げられており、それが一番の目印になってしまうのが何ともユニークというか…まあ、この場合、そういったことも全部ひっくるめて「芸術的」と解釈するのが一番正しいのだろう。

「お友達も連れてきてください」という話だったので、デザイナーとして活躍する美大卒の友人(♀)にご同行願った。やはり専門的に勉強してきた人は知識が違うというか、展示物を見て素材や工法を事細かに説明してくれる。で、一方の俺はというと、やはりインチキきわまりないという話で。画廊に入った瞬間「あ、ここだったら落語会やトークショーもできるな!」と真っ先に思っちゃうのだから、どうにも発想が芸術的ではないのであった。

オーナーの前田りう女史にご挨拶。和服姿の麻里伊さんが「聖さんは個性的な作品を描くのよ。それに本人も火を吹いたりして、そういうパフォーマンスも…」と紹介したら、オーナーが「オープンしたばかりなので、燃やされるのだけはご勘弁を…」と真顔で慌てだしたのには笑った。「火災保険で余計立派になるかもしれませんよ」という、ちょっといい話になったところで退散。少なくとも年内は安く使えるというし、何か出来たらいいなあとは思う。ネタやアイデアは沢山あるし(いや、落語会とかじゃなく)。

いやあ、芸術的な一日だったぜ!

※GALLERY SPACE RIU
東京都新宿区百人町1-22-8
JR大久保駅徒歩…2分くらいかな?


[イベント][日常]

着ぐるみ。

こんにちは、ハイパーメディアクリエイターの小沢です。そんな肩書きを誇る俺に、日頃お世話になっているアメ横青年部部長、玉山氏から一本の電話が入った。「あ、ハイパーメディアクリエイターの小沢君?(←言わない、言わない) 例の着ぐるみをいよいよ公開するから、是非君に立ち会って欲しいんだけど」。地元ケーブルテレビの番組でアメ横を紹介することになり、そこに当方デザインのアメ横イメージキャラクターを出演させることになったという。それは是非駆けつけねばならない。

ロケは昼前からだというので、少々早起きして出陣。「わざわざ呼び出すということは、デザイン担当者としてコメントくらい求められるのかもしれないな。『ゆるキャラというブーム自体が、もうゆるいんですわ』くらい言ってやるか」とそんな妄想をしつつ、アメ横連合会の事務所へ向かう自意識過剰な俺であった。

しかし、事態は予想外の方向に。到着するなりケーブルテレビ局J:COMのスタッフさんたちに囲まれた俺は「デザイナーの方ですね? では、よろしくお願い致します!」と、いきなり着ぐるみを突きつけられてしまったのだ。「え、俺が着るんですか…?」「はい、そのようにお伺いしています。とりあえず靴を脱いで、ブーツから身に付けてください!」。

ちょっと古い流行語でいえば、「聞いてないよー」というところである。とはいえ、これは貴重な体験。玉山部長の粋な計らいであろう。自らがデザインしたキャラクターだけに、愛着も半端ではない。「いやあ、光栄です!」と嬉々として着ぐるみに飛び込む俺であった。

ame02.jpg

写真をご覧頂ければ分かると思うが、この着ぐるみは手足の可動範囲がやや狭い。ブーツの内側に余裕があるので少しは膝を曲げられるのだが、慣れないうちは短距離の歩行すらかなりドキドキする(もし前のめりに倒れたら、恐らく地面に手をつけることができないだろう)。もっともこれは着ぐるみを制作した業者さんの責任ではなく、キャラクターをデザインした当方のセンスに問題があったと考えるべき。まさか立体になるとは、夢にも思っていなかったんですよ…。

そういった事情から、ロケ現場の表通りまではマスクを付けず、スタッフさんに手を引かれつつヨチヨチと歩くことに。あまりにも間抜けなスタイルだが、安全を考えたらやむを得ない。「千円でいいよ!」の皆様から「おう、スゲエの作ったなッ!」なんて声を掛けられて恐縮しきり。ええ、皆さんのために、身を粉にして頑張りますよ(デザインから演技まで)。

いざ撮影開始となりマスクを装着すると、物凄い熱気でTシャツ姿でもあっという間に汗だく状態(次回からは全裸で臨むことを心に決めた)。外部の音はよく聞こえず、恐らくこちらの声も殆ど届いていない。まるで宇宙船で銀河系に放り出されたような気分である。

約20分間、思うがままにポーズを取ったりおどけたり、自分なりに頑張って演技をしてきた。果たしてオンエアにどれほど反映されるだろうか? 放送は5/7(金)午後6時から…番組名は不明(※以前ここに書いていた番組名は、全く無関係だった模様。今に至るまでご指摘はありませんが…関係者の皆様、誠に申し訳ございませんでした)。

台東区民の方、是非録画をして俺にも見せてください。そこんとこ臾艢塒齲(よろしく)。

※上野アメ横商店街連合会青年部の公式ブログ『アメ横ちゅ~どく(アメチュウ)』
http://blog.livedoor.jp/ameyokotaberu/


[イラスト、デザイン][着ぐるみ][イベント]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用