☆ドージョーアッパレよりお知らせ(ブログ記事はこの下です)

ドージョーアッパレ主催

「格闘演芸道場WRE」Vol.6

お江戸両極亭譚2017

 

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!



◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

◎出演

春風亭 傳枝(しゅんぷうてい でんし/落語芸術協会)
入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう/落語協会)
春風亭 小柳(しゅんぷうてい こりゅう/落語芸術協会)

ゲスト:アブドーラ・小林(大日本プロレス

多分、絵を描くことになる人:小沢 聖(おざわ せい/イラストレーター)

☆チケット(当日窓口でのお引換)のご予約は、代表者のご氏名、人数をご明記の上で下記アドレスまでご連絡お願い致します。

wre.info2012@gmail.com

皆様のご来場を、アゴを長くしてお待ちしております。

 

「格闘演芸道場WRE」Vol.6は11月22日(水)開催です。

大日本プロレスよりアブドーラ・小林プロ参戦! ドージョーアッパレ(BJWの割と狂ったイラストTシャツのデザイン担当)主催の落語会「格闘演芸道場WRE」Vol.6は、11月22日(水)19時15分よりスタート…って、気付いたらもう来週なんですよね。というわけでイベントの大雑把な概要をご案内させて頂きます。

アブドーラ・小林

『格闘演芸道場WRE』 Vol.6
お江戸両極亭譚 2017

アブドーラ・小林のデスマッチ式演芸会!

◎開催期日:2017年11月22日(水) 18時45分開場 19時15分開始

◎会場:お江戸両国亭/墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1F(京葉道路沿い)

◎木戸(入場料):前売/2,000円 当日/2,200円

1、ゲスト紹介&イラストコーナー/アブドーラ・小林プロ+小沢聖
2、落語/入船亭扇蔵
3、落語/春風亭傳枝
仲入り
4、コント/アブドーラ・小林プロ出演
5、落語/春風亭小柳

デスマッチファイターのコントと、3名の真打による落語…プロレスを通じて落語を、落語を通じてプロレスを知って頂く絶好の機会かと思われます。皆様のご来場を、かなり本気でお待ち申し上げます。


[プロレス、格闘技][イベント] [イラスト、デザイン]
スポンサーサイト

今年も「アメ横ウェルカムモール大感謝祭」。

久々の当ブログ更新は、イベント開催のお知らせ。毎年恒例の「アメ横ウェルカムモール大感謝祭」、2017年は11月25日(土)、26日(日)に堂々ブッこかせて頂きます。

アメ横ウェルカムモール大感謝祭
↑ちゃっかり「シャンシャン」の名前を使ってポスターを作らせて頂きましたが、実はしっかり上野動物園から許可を得ております。関係者の皆様、本当にありがとうございます。

昨年好評を頂いたポップコーン無料配布に加えて、今年はスタンプラリーによる綿アメプレゼントを導入、外注バイトがまたひとつ手に職を付ける見込みです。当方デザインの各種グッズは、現物が届き次第発表させて頂きます。アメ横ご当地アイドルbonbon angeの無料ライブ、異常な当選率を誇る抽選会等、太っ腹な企画が目白押しですので、皆さん是非遊びにいらしてください!


[イラスト、デザイン][着ぐるみ][イベント]

ハートリー・ジャクソン選手、ラウェイに参戦。

久々の観戦となるラウェイ(素手パンチと頭突きが認められるミャンマー産のド危険な立ち技格闘技)、今回も最初から最後まで激闘の連続で、これ以上はないというくらい楽しませて頂いた。まあ、実際に会場で観たら、その魅力に納得します!


170928-01.jpg

170928-02.jpg

170928-03.jpg
↑注目はラウェイ史上初のヘビー級戦(まあ、東南アジアの人々は小柄ですから)に出場のプロレスラー、ハートリー・ジャクソン選手。ZERO1参戦時と同様に観客を煽りながらリングインしたジャクソン選手は、ゴングと同時に猛然とラッシュ。おそらく打撃格闘技の経験は皆無であろう彼のパンチは素人目にも不格好だったが、どさくさ紛れに打ち込んだ頭突きで顔面(目の下かな?)のカットに成功。ドクターチェック中に「もうこれで終わっていいよ」と思ってしまうのは、やはりプロレスラーの勝利にこだわるが故。実際そこで勝ててしまえばよかったのだが、対戦相手のYABU選手はローキックに勝機を見出し、ジャクソン選手のスタミナゲージは次第に点滅状態に。3Rに4度目のダウンを喫してTKO負けを喫したジャクソン選手だったが、打撃の専門家である空手家の顔面をボコボコにしたパワーと気合いは、まさにプロレスラーの意地というものだった。

170928-04.jpg
↑ラウェイvsムエタイの交流戦もラインナップ。元ラジャダムナン王者プラウィット選手の華麗なテクニックの数々に、会場は沸きに沸いた。スウェーやタイナーで強豪タプイン選手を翻弄、一瞬の隙を突くテンカオ、飛び肘打ちの切れ味も抜群だった。あまりの身のこなしの美しさ、激しさに、同行していた友人(30代女性)は「こんな世界があったなんて」と思わず感涙。気持ちは分かる。

170928-05.jpg

170928-06.jpg
↑4年ぶりの復帰が母国ミャンマーで話題になっているという、伝説の英雄ウィン・トゥン選手。ベテランらしい余裕の感じられる試合運びと、妙に腕が伸びていく射程距離の長いパンチが印象に残った。ニールキック(?)まで繰り出して、かなりハッスルしていた模様。

170928-07.jpg
↑メインエベントで噂の伝説っぷりを発揮したウィン・トゥン選手。まあ、とにかくこのツラ構えを見てくださいよ。「これ(人を素手で殴って蹴る)しかしてこなかった人」の迫力に満ち溢れているでしょう。本当に憧れるよなあ。ちょっとした誤解でもあったら、こっちはすぐ殺されちゃいそうだもの。極めて簡単な英語で話しかけてみたが(極めて簡単な英語しか知らないもので)、伝説の英雄はこの写真のままの表情でこちらを見つめるだけだった。もしかしたら…ミャンマーでは、英語は義務教育化されていないのかな?


次回大会は11月15日「LETHWEI GRAND PRIX IN JAPAN 2017」とのことで、どうやらトーナメントになる模様。それは幾ら何でも過酷すぎるのでは…いやあ、楽しみだ!


[プロレス、格闘技][イベント]

フリーダムズ、観戦。

葛西純プロデュース興行『東京デスマッチカーニバル2017』、何故かチラシ配りに来ていた漫画家の中川カ〜ルさんとバルコニーから観戦。とにかく凄まじい闘いの連続で、満場の後楽園ホールはドッカンドッカン盛り上がっていた。いやあ、楽しかったなあ。

170827-01.jpg
↑大日本プロレスのデスマッチヘビー級王者としてフリーダムズに登場の竹田選手は、ご覧の高所ダイブで佐久田選手から3カウントを奪取。無鉄砲を絵に描いたような技で、華麗さを伴うスワントーンボムとは趣の違う魅力がある。

170827-02.jpg

170827-11.jpg
↑口に大型ルアーを掛けられたシクロペ選手は、吹本選手によって豪快に釣り上げられてしまった。万が一想像はしても、普通の人間はこういったことは実行しない。

170827-07.jpg

170827-03.jpg
↑かなり上達した日本語で、観客を大いに煽っていたビオレント・ジャック選手。実際、日常会話では困らないレベルになっているから偉い。誇らしげに手にするのは、葛西選手の血で見事に彩られたカミソリボード。

170827-08.jpg
↑そんなジャック選手が持ち込んだ凶器は、大量のホチキスがセットされたボード。落下すれば、背中一面針だらけ…頭がいいのか悪いのか、判別の難しいアイデアである。

170827-09.jpg
↑血と暴力でトランス状態に至った葛西選手は、割れた蛍光灯で自らの胸を切り裂くパフォーマンス。満場の後楽園ホールは「キチガイ」コールに包まれた。これほどまで健康的な現場を、俺は他に知らない。

170827-04.jpg
↑ムチャクチャな死闘の末に勝利を収めた葛西選手は「ジャック、これを見ろ」とマイクアピール。何らかの凶器で指が切断寸前になり、皮1枚で何とか繋がっているという衝撃発言。自身の状況を口にすると普通は気持ちが挫けるものだが、葛西選手は「次は腕の1本、脚の1本、覚悟しろ」と終始キチガイそのものの笑顔で挑発していた。団体の発表によれば、右手中指腱断裂との診断、復帰時期は未定とのこと。

170827-05.jpg
↑メインに投入されたガラスボードは、放り投げられたミエド選手によって豪快に破壊された。粉々になったガラスはキャンパス上に残される格好となり、横になるだけで血を見る恐怖のリングを作り上げる。

170827-10.jpg
↑剣山を取り付けた長テーブルに寝かされて、正岡選手のダイブを受けるミエド選手。日本遠征最後の試合を、体を張って見事に闘い抜いてみせた。背中に剣山が刺さったまま、試合後の売店でTシャツを売っていたのは笑ったが。

170827-06.jpg
↑メキシコのキチガイジンを相手に、デスマッチ王座を防衛した正岡選手。勝った方も当然血まみれ。正岡選手の防衛ロードという展開を、個人的にはとても面白く観ている。


プロレスが好きだというスタンスにいながら、プロレスを舐めてるヤツもたまにいるじゃん。ジャンルの敷居を低くすれば、自分との距離が近づくと勘違いしてるんだな。プロレスは、アイドルや素人でもできる普遍性の高いスポーツ…の訳がねえだろ。「プロレスやってます」なんて簡単に抜かしやがって、この野郎。今まで何を見てきたつもりか知らないが、プロレスとプロレスごっこの区別くらいつけろっつーの。

デスマッチは流石に極端というか、その点で分かり易すぎるけれど、こんなの絶対に「無理」でしょう。外注として少々関わってはいても、やはりいつまでも遠い世界。そうでなければリスペクトできない。


[プロレス、格闘技][イベント]

ドン・中矢・ニールセン。

1986年10月9日(木)、中学3年生だった俺は授業を休んで、隣市の中学校で開催された理科の研究発表会に出席していた。出番を待つ間、この日行われる前田日明vsドン・中矢・ニールセンのことで頭の中はいっぱいだった。いざ壇上に上がって、開口一番自分はこう言った。「今日は、こんなところに来ている場合じゃないんです」。

前田日明の相手にしては線が細かったけれど、ニールセンは子供の目にも「未知の刺客」と映った。決戦へ向けて「週プロ」が毎週のように煽るから、俺たちは日々興奮を高めて、まさにロマンの真っ只中にいた。どのくらいヒートしていたかというと、試合の前週に発売された「週プロ」の読者投稿欄に、俺が描いたニールセンの似顔絵が載っているくらいなのだ。待ちきれなかったんだ、本当に。

大人になってから振り返って、ニールセンは存在自体がユニークというか、「未知の刺客」というよりも「エイリアン」に近い人物になっていた。マット界に突如現れた、この日系人キックボクサーは日本で一体何を見て、何をしてきたのか。昨日三軒茶屋で買ったムック本に彼のインタビューが載っていて、そこには割にとんでもない発言が並んでいた。「ニールセンしか知らないことがあるのではないか」程度の個人的な勘ぐりは、現実(としておこう)の前ではあまりにもスケールが小さかった。31年前の俺にこの顛末を説明して且つ納得させるには、やはり31年の時間が必要になる。

170818-01.jpg
↑ニールセンがいう「リアル・ファイト」「リアル・ビジネス・ファイト」の定義について、例えば「シャムロック戦のディティールは?」とより詳しいところを聞きたくなるが、それにしても興味深いインタビューである。

そんな記事に衝撃を受けた翌日に、ニールセンの訃報を聞くとは…これは必然なのか? いや、人の暮らしなんて結局、偶然の連続でしかないと思う。ああ、ドン・中矢・ニールセン…。


[プロレス、格闘技]
プロフィール

小沢聖

Author:小沢聖
SEI OZAWA / Illustrator

Facebookやってます。

Twitterには手を出しておりません。

mixiは開店休業中です。

ご連絡は
appare☆mx3.ttcn.ne.jp
までお願い致します。
(☆→@に入れ替えてください)


『ドージョーアッパレ』
イラスト、デザイン作品集


『Tシャツ販売所!』
オリジナルTシャツ販売


『格闘演芸道場WRE』
ドージョーアッパレ主催イベント
 

絶賛公開中!
↑ペンタトニックス「Rather Be」PVに、当方デザインのウェルモパンダ&足拭きマット登場!(2:25辺り)

↑キャラクター&WEBページデザイン担当


↑ウェルモパンダが表紙に登場!
散歩の達人MOOK
『濃い上野』(交通新聞社)


↑アメどん&ウェルモパンダが表紙に登場!
『monoマガジン』アメ横へ行く!
2013年2/16号(ワールドフォトプレス)


↑イラスト担当
絶賛販売中!
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
俺用